抵抗とはシグナルだ!

■抵抗って何か改めて考える

■なぜ抵抗が生まれるのか

■抵抗しながら進むの、もったいない

■ココロが響く方向に抵抗は無い

■抵抗って何か改めて考える

抵抗がなけりゃホイホイ!と物事が進むのに、抵抗があるばっかりに、中々進まん!なんて結構あります。

では。なんで、抵抗って生まれるんでしょう?

「そんなの簡単!やりたくない事、やらなきゃいけない!って時に生まれるに決まってるじゃん!」

って声が聞こえそうですが、果たしてそうですか?

■なぜ抵抗が生まれるのか

抵抗がどんな時に生まれるのかを確認するとあなたは驚きます!

「願いを叶えよう!とする時にも、抵抗がある!」

そうです。抵抗ってのは、叶えたい!形にしたいって時に、行う事でも出ます。

ここで、さっきの理由に戻ります。

「やりたくない事、やらなきゃいけない!って時に抵抗が生まれる」

そう、あなたが叶えたい、やりたいってのは、実は、エゴシステムが作った嘘っぱちの願いかも知れない、ってことです。

ほんとは、その事では別のやりたいことがある、本心では、本当に奥深いとこでは、ズンズン進みたいことがある。

ですが、エゴシステム、つまり思考は嘘つきなので、あなた自身にも、もっともらしい嘘を付きます。

「それをするのが社会の常識だ」「みんなそうなのにお前、そのままでいいのか」なんていいます。

ちなみに、セドナメソッドで自身の願望を手放して、スッキリしたら、その願望は、間違いなく嘘っぱちです。

私自身何度も本当の願いを確かめる時に、以前使ったことがあるので。

つまり、願いを叶えるための活動、ホンネの願いを形にする活動で、抵抗が生まれることは、まあ、ありません。

逆に抵抗が生まれるなら、それは、「方向違ってるよ〜」ってシグナルです。

方向がホンネ、本質と違うから、抵抗というシグナルを出すんです。(実際、自分の好きなことやるのに、抵抗感なんて生まれません。確かめるといいと思います。)

■抵抗しながら進むの、もったいない

抵抗しながら進むのは、せっかくの楽しい世界を体験するという、人間本来の生き方からするともったいないです。

抵抗の無い方向へ舵を切って生きていくのは、本当にスムーズで楽しいですよ。(ま、抵抗無いんで楽しいのは当たり前ですが(笑))

■ココロが響く方向に抵抗は無い

静かな夜に星を眺める時、紅く染まったグラデーションの夕焼けに出会う時、可愛い赤ん坊の笑顔を見る時。

自然に当たり前のように、感動したり、愛おしくなります。

これは、それらがヒトにとって自然で当たり前で本来だから。

ココロが素直に動く、身体がやってしまう方向に抵抗はありません。そして、自然の動きには【流れや勢い】があるように、あなたのホンネ、本来に、本当の意味であなたが向き合い、その方向へ動くなら、無料ダウンロード資料の私のように、実にスムーズに、【事が形になります】

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。