【決定版】choiceとは


「choiceって何だ~」

「名無しメソッドってふざけたメソッド、効くの?」

「なんでそんな効果あるの?」って疑問に答える、進化型説明コンテンツです!

増えて行きますのでお楽しみに~

cropped-choice3.jpg

■まとめ
○世の中は名前でできている。
○物や出来事も名前をつけると通じる。
○名前を付けると分けることが出来る。
○言葉では本当は現せない。
○言葉をつけると、実際のこととは異なってしまうことがある。
○名無しメソッドは、名前を外して、本来の世界を見るメソッド
○あたしも俺も、名前である。
○名前は、本質を現さないので、実はあたしも俺も、「私=エゴ」はいない
○本当は「私」はいないが、絶え間なく無意識に使っているから居るような感じがするだけ。
○「私」は見えない、触れない、ニオイも形もない。
○熟睡中に「私」は認識できない。
○実は「私」って確固たるものはいないんじゃないか。
○感情も言葉、名前で現せる。つまり、外せる。NEW!
○メソッドやら無くても実現するが、抵抗を減らすために名無しメソッドはかなり効く(作成中)

■世の中は名前でできている。

まず、私のブログやセッションでもよく説明しますが、この世の中は、名前でできていると、いってもいいです。
周囲を見渡せば、机、パソコン、茶碗、いす、屋根、歩く人、街路樹・・・名前がついてないものはまず無いですね。
また、出来事も同様です。
子供が走って転んだ。
本屋で立ち読みする。
仕事でへまをした。
晩御飯を食べた。
名前や言葉で表すことが出来ます。

さて、自分のことを、俺とか、あたしとか、私なんて呼びますね。これも名前です。ここでひとつ。名前がつくと、物ごとは分けることが出来ます。りんごとみかん

コーヒーと紅茶
男と女
私と彼氏
走る、と、止まる、などなど。
ここまでまとめます。
○世の中は名前でできている。
 ○物や出来事も名前をつけると通じる。
 ○名前を付けると分けることが出来る。

■言葉では本当は現せない

例え話です。
<あなたが財布を落としたとします。銀行でおろしたての金が入ったまま。悔しいですね~。頭にもきます。買おうとしてた洋服も買えない。>
こんな例え話しです。
これ、全部、名前、言葉で説明しました。意味通じますよね。
でも、あなたの悔しさ、怒りの本質は、とてもこんな文書じゃ伝わりません。
「わたしは本当にくやしい~んだ~~~」これでも伝わらないでしょう、まず。
そう、言葉では、本当のとこは伝わらないんです。
状況や起こった事を大まかに伝えることは、名前や言葉を使った文章で書けます。が、その本質、本当のとこは伝わりません。また、誰かに伝えることも出来ません。
 ○言葉では本当は現せない。

■言葉をつけると、実際とは異なってしまう

同じ出来事に出会っても、人それぞれ、見るものも感じたことも違うって割りにあります。友達と一緒に同じ映画みたりしたら良く起きます。主人公に共感する人もいれば、ヒロインの境遇に目がいく人もいます。
同様に普段の出来事、頭にくることとか、嫌なことにしましょうか。さっきの財布の話でもいいです。
言葉や名前が、ひとつの出来事を、どんどんと変えてしまう、簡単な例を書きます。
財布
落とした
銀行
おろしたて
悔しい
頭にきた
買おう
洋服
ここら辺りが、財布落とした事件のワード、つまり、言葉、名前です。
ちょっと足しますよ。言葉(=名前)を。ふざけんな。
そういえば
昼には
上司に
しかられた。
今日は
ふんだりけったりだ、
ちっきしょう。
やけ酒だ!
あ、金がない大分リアル感のある話になりましたね。
そう、つまり、言葉を足すと、実際以上にもなるってことです。
更に厄介なのは、ここで足した言葉や名前がきっかけで、新たな言葉が足されることもある、って事です。
財布落とした事件が、人生最大のピンチみたいにもなるかも知れません。
ですが。
たとえば、財布落とした直後に、後ろの人が拾ってくれたらどうでしょうか?
「財布!落とした〜!」
「これ、あなたのじゃないですか?」
財布落とした事件は、一転、ラッキーに早替わりではないですか。
これも、あなたが「ツイテタ~」って言葉を内心で、つけたからです。
ある出来事が良くも悪くもなる、ってことです。
○言葉をつけると、実際のこととは異なってしまうことがある。
※この例え話を読んで。
「ああ、そうだな」って思っても。
「そんなのあるかい!」って思っても。
もう、その瞬間に、新たな物語、新たなあなただけの話しが生まれてます。これは、良いとか悪いとかの話しでなく、そうなる、って事です。
ここまでをまとめます。○世の中は名前でできている。
 ○物や出来事も名前をつけると通じる。
 ○名前を付けると分けることが出来る。
 ○言葉では本当は現せない。
 ○言葉をつけると、実際のこととは異なってしまうことがある。

■名無しメソッドは、名前を外して本来の世界を見るメソッド

上の財布落としのような出来事でなくても、様々なことが日常生活では起きています。
そして、間違いなく、あなたは、その都度、瞬間的に、出来事の本当、出来事の本質、出来事の本当以上、以下で、言葉、名前を付けています。
そうして、ひどく落ち込んだり、傷付いたり、逆に飛び跳ねるほど喜んだり、嬉しがったりしています。
つまり。
名前を自ら付けて、自らが本来の出来事以外にしているってことが日常茶飯事ってことです。
ここは、是非、日常生活で「そんな事してるかな?」と、振り返ってみて下さい。
実際の出来事+名前=架空の出来事 ってことです。
名前を付け足すだけで、特に嫌な出来事は実際以上の感情が紐つきます。
つまり、ひど~い架空の出来事です。
ありもしない物語、ストーリーです。
それは、
お金が足りない物語だったり
人間関係がうまく行かない物語だったり
不安が何故か湧く物語だったり、です。
そういうものがたくさん私たちの中にはあります。また、今この瞬間も無意識にそうした物語をつくっています。
名無しメソッド1は、そういった【名前】、本来付かなかったはずの名前をドンドンと外したら、一体、ものごとはどう自分にとって映るんだろうか。どう感じるんだろうか、ってことを体感するメソッドです。
あなたにとって【関係の遠いもの】には付いてる名前は少なくなり、あなたにとって【関係の近いもの】になるほど、沢山の名前が付いてます。
choiceのセッションでは名無しメソッドをお伝えしてますが、嫌な出来事で、名無しメソッドバージョン1をやると、「さら~っと」した感じ、記憶そのものがあるのに関わらず、まるで無いかのような感じになると思います。
それは、まさに、余分な名前が付いていたってことです。
では、ここまでのまとめです。
○世の中は名前でできている。
 ○物や出来事も名前をつけると通じる。
 ○名前を付けると分けることが出来る。
 ○言葉では本当は現せない。
 ○言葉をつけると、実際のこととは異なってしまうことがある。
 ○名無しメソッドは、名前を外して、本来の世界を見るメソッド

■あたしも俺も、名前である。

自分のことを、あたし、俺なんて言葉で呼びますよね。この、あたしも俺も、やはり名前(=名詞)です。
少し前のまとめをもう一度読み返しで下さい。
○言葉では本当は現せない。
○言葉をつけると、実際のこととは異なってしまうことがある、のです
つまり。今まで自分の事を、あたしとか、俺なんて、名前で読んできたわけですが、その名前で呼ばれるものは、本質や本当を現していません。
要するに、本来の自分じゃない。
今まで自分だとばっかり思ってきたものは、本質、本当じゃない!って事です。
エゴ=「私」は、居るように感じますが、居ないとはこういう意味です。
でも・・・・「いるだろうが~~~こんなにはっきりした感覚があるぞ~」ですよね。
でも、一体、あたしとか、
1日に何回使っているでしょうか?
今まで、無意識も含めて、何万回、何千万回、何億、何兆 使ってきましたか?
数えきれないほど使っています。
実際には「私=エゴ」はいまぜんが、絶え間なく使って、使い続けているので、切れ目無く使っているので、<居る感じ>がするのです。
そして。更に説明すると。
○名前を付けると分けることが出来る、ので、ますます、分離、独立した「私=エゴ」がいるような感じがします!
つまり、他のもの、他の世界と切り離された、分離した「私=エゴ」です。
ちなみに、「私=エゴ」の最大特徴は何だと思いますか?
答えは、不足感、不安感、不満感です。そして、それは、分離した「私」がいるって認識から生まれてます。
なぜ、不足でなく、不足感か?それは、不足なんて本当は無いから。そういう「感」じがするだけです。
まとめます。
○あたしも俺も、名前である。
○名前は、本質を現さないので、実は「私=エゴ」はいない
○本当は「私」はいないが、絶え間なく無意識に使っているから居るような感じがするだけ。

■「私」は見えない、触れない、ニオイも形もない。「私」っていない。

と、こう書いても、まだ「私」がいるような感じがしている方。
以下の質問に答えてみて下さいね。

質問:「私」を見たことがありますか?

質問:「私」に触ったことがありますか?

質問:「私」に、匂いや形はありますか?

さあ、どうでしょうか。ちなみに。最初の質問に、「見たことあるさ。この身体こそ私でしょう!!」って思った方、違いますよ〜
もし、身体が私なら、事故などで手足を失われた方を「ああ、あの人はわたしが減ってるんだ」って言うことになります。
ですが、そんなおかしなことは言えませんよね。私が減るなんて。逆に体重が増えたら、「私」自体が増えたなんて事にもなってしまいます。
身体は「私」じゃありません。
同様に「私」に触ることも出来ないし、「私」の匂いを嗅ぐことも出来ないし、「私」の形は星型です!なんてこともありません。
そう!今まで、あなたが「私」だ〜って思ってきたものは、実は「私」じゃないかも知れない、ってことになりそうです。
それでも、日中、確かに、そして今、この瞬間も、、「俺、居るよ!」「あたし、いる!」って感じしますよね。
確固とした「私」がいる。考えもするし、感じもする、記憶もある。このどこに「私」が居ないんだ!
  また、あなたは多分、毎日寝ます。夢を見たり、熟睡中に「私」は認識できない。
  ○実は「私」って確固たるものはいないんじゃないか。

■感情も言葉、名前で現せる。つまり、外せる。

ちょっとこんな実験をしてみてください。つい最近何か怒ったことありますか?その時の感情を思い出してください。思い出しましたか?「あの野郎!◯◯で☓☓で、ほんっとにあったま来る!!!」みたいな感じですね。

では、今度はその感情を<言葉を使わずに説明してください>

どうですか?出来ましたか?     そう、出来ません。言葉なしでは、何と!感情すら説明出来ません。これを、ひっくり返すと。。。。あなたの感情の多くは言葉で出来てるって驚きの事実です。   今までは、「感情って気持ちや心の関係だ。中々うまくいかん・・・」って思って来ましたが、実はそうじゃありません。

感情すら言葉が縛ってる、ってことです。少し上の方で、言葉では本当は現せないと書きました。上に戻ってもう一度読んで下さいね。

つまり、あなたがリアルでたまらんって思っている感情は、本当のとこを表していないってことです。今までどんだけ嫌な感情に苦しめられてきましたか?これからは、もう大丈夫です。そのリアル感は、感であって、そのもの、本質じゃない、本物じゃない。つまり幻ってことです。

感情についた様々な言葉は幻。それは名無しメソッドで外せます。

choiceって何?ってこちら

 続きます

【決定版】choiceとは」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: ひとりアンケートは止めよう!相手もあなたも活きるたった2つのポイント公開!

  2. ピンバック: choice!の後押し

  3. ピンバック: 決定版! choiceとは | は~なるほど choice!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。