アタマでは分かっています

以前、わたしも、たーくさんのサイトやスピに関わらず、情報を入れてました。入れ過ぎてあふれ出ましたw

秘密の○○式 これであなたも変われる! なんて本を何冊も読みました。(余談ですが、あなた、つまり、自分が変わったりしたらヤバイような気もしますが、、明日から誰か全く別人になってしまったら、逆にビビりませんか?)

「うんうん!なるほど〜、そうか!そうだったんだ!!これで上手くいく!」

もう、何千回、何万回、このフレーズを口にしたか分かりません。

で、ご想像の通り、上手くは行きませんでした。

やることは、実は、ほとんど無いです。安心も幸せも、自身が本当の自分だなあ〜って実感するのにも、何かしないとなれないなんてことは無いです。(大体、何かしないと安心や幸せになれないなんて、誰か言ったのか、、)

■アタマでは分かっています、でも、○○なんです■

このフレーズには、重大なとこ!があります。

言葉は、事の本質を指し示しません。どんなに言葉を継いでも、絶対に全てを現しません。わたしは焼き鳥が大好きです。

「炭に落ちる肉の油が焦げて出る香りが付いた、そして、弾力があって、ジューシー、口の中に溢れる肉汁と旨みか最高!な、モモ串焼」

かなり美味しそうにw書いてみましたが、どうですか?美味しかったですか?そんなわけはありません。(焼き鳥屋に行こう!って思った方はいるかもしれませんが)

当たり前ですが、言葉をどんなに繋いでも、焼き鳥の美味しさ、という本質、焼き鳥そののもの、現せません、絶対に!

さっきのフレーズは、、、

■アタマでは分かっています、でも、○○なんです■
でした。これは、

「焼き鳥の美味しさは、理解してるんです。でも、焼き鳥屋が近くにないんで、、」

ひとつめの重大!

美味しさって、理解するもの?

ふたつめの重大!

近くにないって、更に、言葉をつなげて、事の本質から遠ざかるの?

要するに、いっくら言葉を繋いで(=本を読む、サイトを見る、考える、などなど)も、つなげば繋ぐほと、事の本質から遠ざかります。

アタマでは分かっています、でも、○○なんです
分かってんなら、もう言葉は要らないですよね、ってことです。

じゃあどうすんだ〜

ってまた、おんなじです。

どうもしない、むしろ、積極的?、何もしない。何にもしないと、果たしてどうなるのか?

どうするか、でなく、どうなるか?見守る。アタマで追わない。思考で追わない。言葉で追わない。見守る、又は、放っておく。

これです。

で。この見守る、放っておく、っていうのは、【その場にいる、今にいる】って事です。

考えるっていうのは、思考タイムマシンに乗るって事です。心、ここに非ずってことです。

そして、放っておくなら、そのまま【今】にいるしかないじゃないですか。今にいようとする必要はなく、湧くものは放っておく、言葉は放っておく、【湧くものに対して何もしない】

そして、普段通り過ごす、いや、やりたいようにする、です。

アタマで分かる、とは、アタマで、言葉を使って、更に物事を分けるって意味です。真実から遠のくだけです。分けるほど遠くなります。

アツアツの焼き鳥が出たら、御託はあとにして、ガブッてほうばるってことです。ただし、猫舌の方は冷ましてからですね(笑)

結べばツナガル、つまり・・

むかしながらの友人にあった時に、『おお、今、何してる?』なんて話しかけられるのは良くあることです。

元気にしてたよ〜、とか

今はこんな仕事してるよ!とか、話したりできます。

ああ、奴とはつながってんな〜なんて、しみじみ感じたりもします。

ところで。

こんな時に。

相手からもらった言葉を、『受け取らなかった』時に、どうなるんでしょうか?

今、何してる〜?

『知るかい!』

元気だった〜?

『関係ないやろ!』

まあ、これでは、コミュニケーションもありません。
さて。この、声掛けが【思考】だった場合も同じ、になる!かというとそうはなりません。

『お前、駄目じゃん』

そう!その通り!

『本当にそれで良いの?』

ああ、なやむ、、、
大体は、【思考】のいう通り!

でも、待って下さい。思考は勝手に湧きます。

つまり、あなたのものじゃあ、ありません。

なのに。

その通り!!!って受取っちゃう!

べつに受け取ることも、拒否することもありません。

好き勝手に言わせておきましょっ!

あなたは【あなた】でいいんです!!

つなげる、しょげることもありません!

【その4】今のやりかた → ? なら・・・

記事その1 記事その2 記事その3 もどうぞ

 

変数A+不動B=満足のx でした。そして、不動Bに近いものには、
【大きな木、静かな湖や山、流れる大河、風のそよぎ】がありました。

 

そして、それらに触れると、【訳なく】 【落ち着く】  です。そして、前回は、
【訳なく】についてでした。

 

今回は【落ち着く】です。

 

落ち着く、を探る前に、反対に目を向けてみます。そう、落ち着かない、です。

 

落ち着かない、から連想・感じるのはどんなものでしょうか。

 

動き回る、ガサガサする、刺激や情報が多い、気に病むことが多い、アレコレ考える・・・
あたりでしょうか?

そう、どれも、エネルギーを使って何か活動している状態が連想されます。
そう、どれも、何か多いっていう状態が連想されます。

 

エネルギーを使う、活動している、多い、この3つがキーワードです。

 

■落ち着かないその1:エネルギーを使う

「ああ、疲れた~ ようし!何かバリバリと気合いれて乗り切るか!」

って逆じゃありません?

動き回って疲れてるのに、気分転換と言って、別の事にエネルギーを注ぐ。気晴らしにはなるかもしれません。
でも、本当にそうなのか、ってことです。

 

■落ち着かないその2:活動している

とにかく、何かしている。アレしてコレして、その次は、・・・もったいない、時間を効率的に・・・
傍から見てるとアクティブというより、ただ忙しいだけ、なんてことも・・

 

■落ち着かないその3:多い

読書、映画鑑賞、食べ歩き、音楽聞く・・・
こうだろうか?ああだろうか?でも、やっぱり、・・・・
不安、嬉しい、怒った~、悲しい、愉しい・・・・・

活動でも心の動きでも、とにかく多い!ってやつです。

と、まあいくつか見てきました。

 

エネルギーを使う、活動している、多い と・・・・落ち着かない、ようです。

では、改めて【落ち着く】です。

つまり、この反対です。

 

エネルギーを使わない、活動を低くする、少ない あたりが【落ち着く】に行きそうです。

となると、どんなものがあるかな~~と、始まっちゃうと、今までとおんなじです。

 

エネルギーを使わない、活動を低くする、少ない  そう・・・・・

 

なんにもしない、です。

 

だってそう、エネルギーを使わない、活動を低くする、少ないですよ。

何にもしない、しかありませんw

 

何にもしなけりゃ、エネルギーは使わない

何にもしなけりゃ、活動は低くなる

何にもしなけりゃ、色々と少なくなる

 

それは落ち着きます。

 

 

ここで思い出してください。

 

変数A+不動B=満足のx です。

そして、不動B、大きな木や、静かな湖も良いのですが、なんと、えらい簡単なのは、

不動B= 何もしないです。

 

「そんなことあるかい!」って怒ったあなたへ。

 

不動Bが何にもしない、つまり、無いってことだとすると「0」ゼロってことですね。

 

式に当てはめますよ。

——————————–
変数A+不動B =満足のx

変数A+ 0 =満足のx

0(ゼロ)だから、取ってしまいましょうか。すると。

 

変数A =満足の結果x

 

あれ!?

そう変数Aは、お金から自由になる!、とか、人間関係が良くなる!、とかだった訳です。

で。

満足の結果xとは、お金から自由になった、人間関係がよくなった、と言った結果です。

 

つまり。

変数Aが決まったら、【何にもしない】=0 で、そのまま、結果xになる。

式の上ではそうなります・・・・・・

 

——————————————————-

このシリーズ記事はここでおしまいです。だってもう、結論というか私たちも気づいたわけですから。

何もしない、それがキーです。

ここから、「どうしたら何もしないようになれるんだ・・・」と始まっちゃいそうなあなた。

ぜひ、最初の記事に戻ってくださいね。

記事をそこから読んだら、そう、何もしない、ことです。

【その3】今のやりかた → ? なら・・・

前回の記事はこちら、前々回の記事はこちら

さて。驚くような仮説が出ました。良かれ!と思ってやってきた「やり方変更=条件変更」。
それが、なんと「やり方変更=曖昧さの利用」だったのです。
変数A+曖昧B=満足いくx

変数A+曖昧B=なんか違うx

もう「勘弁しろよ!ふざけんな~今まで時間返せ~」って言いたくもなります。なので、今回は
そこらに触れます。

曖昧B=言葉でハッキリしたような気になる条件、やり方です。

つまり。

曖昧だから、満足いくx なんか違うxになっちゃう。なら!
変数A+不動B=満足いくx になるんじゃないの!?って単純に私は思いました。

だって曖昧だから、結果が満足行ったりいかなかったりって、変わる。なら、
曖昧じゃないもの、不動、安定したものを、持ってきたら・・・・
さて。ここで。
あなたの目の前見てください。毎日の出来事みてください。

【不動、安定】したことってありますか。お金、友達関係、仕事、そしてあなたの心・・・

一瞬一瞬、変化して変わる・・・安定・不動には程遠いものです。

しかも。

ある出来事Aが、別の出来事Bに【関係してる】ようにも感じます。こんな世界、こんなあなたの
心から組み立てられた、そう今までの「やり方、ノウハウ」の類は、どれも【変化、曖昧】の
代表格です。

だから・・・・・これらから生まれた「やり方、ノウハウ」時に「知識」といった
ものは、【不思議とあなたが納得しても、本質は、変化して曖昧】なものです。

だから・・・・・

満足のいく結果をもたらすかもしれない、不動Bを、目の前の世界やあなたの心に求めるのは
方向感が違うんじゃないかな~って思います。
不動B・・・・

不動、安定、・・・もし、そんなものがあったら、あなたは「どんな感じ」がしますか?
山に生えてる大きな木、静かな湖や山、ず~っとゆっくり流れる大河、風のそよぎ・・・
そういったもの。それらは変化しますが、目の前の世界より遥かに安定しています。

そして、そういうものに触れると【訳なく】心が【落ち着】きませんか?

不動、安定、・・・もし、そんなものがあったら、あなたは「どんな感じ」がしますか?

そう。

【訳なく】心が【落ち着】くんです。

この【 】2つ、どっちもポイントです。(さあ、ここからまた、大切ですよ!意識的に!)
【訳なく】

【落ち着く】
まず訳なくです。

訳なくとは、理由なく、条件なく、考えもせずに、なんて意味です。要は・・・
根拠がない、条件付けされていない、ってことです。

この条件付けってどこかで聞きませんでしたか? そう、前回記事で
明らかにした、あの「条件付け」、私たちが、今まで、うまく行かせる鍵と信じて
止まなかった、あの「条件付け」です。

ですが、前回記事で、「条件付けとは、曖昧で変化するもの」だってことがわかりました。

そこで。

【訳なく】です。

つまり。不動Bには、【訳なく・理由なく、条件なく、考えもせず】なんて特徴が
あるのかもしれません。

そう言えば・・・【訳なく・理由なく、条件なく、考えもせず】には、簡単とか
シンプルなんていうのも近いとこにありそうです。

例の式なら・・・

変数A+曖昧B=満足いったり行かなかったりのx

変数A+不動B=満足のx

変数A+不動B【訳なく・理由なく、条件なく、考えもせず】=満足のx

ですね。
さっきの例なら。

変数A+不動B【大きな木、静かな湖や山、流れる大河、風のそよぎ】=満足のx

です。

———————————————–
実は。実際にこの最後の式。

変数A+不動B【大きな木、静かな湖や山、流れる大河、風のそよぎ】=満足のx

満更でもありません。どういうことかはぜひ自分でお試しを。

ですが、【大きな木、静かな湖や山、流れる大河、風のそよぎ】
いつでもあるわけじゃあ、ありませんよね。

混んだ通勤電車の中では、スマホで森の風のそよぎや波の音が聞けるくらいです。
もちろん、それも悪くありませんが。

実は、この、【大きな木、静かな湖や山、流れる大河、風のそよぎ】以上に、
不動、安定の穏やかさ、安らぎの場があるんです。

続きます。

【その2】今のやりかた → ? なら・・・

前回の記事を読まれていない方は、こちら
続きです。

もう一度式を書いときます。

変数A+B=満足いくx

変数A+B=なんか違うx
左辺が同じなのに、右辺の結果が違う。特に変数Aが同じなのに、右辺の結果が異なるなら、
Bは、結果に影響及ぼさない。ひょっとしたら、むしろ邪魔になるかもしれない、って考える方が筋が通る。

このBを、私たちは「やり方、条件の変更、条件付けの変更」なんて呼んできました。

要は「条件付けの変更は、結果に影響を及ぼさない、どころか、むしろ邪魔になるかも」って
仮説がシンプルです。

今回はこの「条件付けの変更」について堀ります。

———————————————–
とここまで読んでくださった方の中には「まどろっこしい!!イライラする!早く、結論、そう
どうしたら、結果がうまく行けるのか教えろ!!!(怒)」って方、または、ちょっぴり、
そう思っている方もいるかもしれません。

そう!それこそ、ブログでも書いてるエゴシステムの働きです。
※エゴシステムの働きについて知りたいかたは、ぜひ読者登録後、送られる資料をお楽しみください。

さて。

条件付けがむしろ邪魔、ってなりかけているのに【不思議と】また、【新たな条件付け】を
要求してる・・・・そう気づかずしてる・・・・

何で、でしょうか? そう、「分からない」 それが答えです。「なんでか理由は分からない。
でも、条件変えたらうまくいくって気がする」

つまり、習慣、無意識です。意識出来ない、そりゃあ分かりませんよね。
なので<意識して>堀ります。じゃあ、条件付けって何でしょう?

~だから、~なので、前も~だったから、・・・といったものです。
理由とか原因とかって云うこともあります。

この~は、大抵、「意味の分かる言葉」にすることが出来ます。
「食べるから太る」「寝る前にスマホ見るから、目が冴えて眠れない」などなど。
意味が通じます。

この「言葉」ってやつが曲者です(ここらから核心ですよ。意識して)

【言葉って使うとハッキリしますよね】

どうです?言葉で表すとスッキリと分かりやすい気になる。「うん、うん!
そう、そう!」ってうなづきやすくなります。
これ、逆に言えば・・・・・

使わないなら、ハッキリ示せないじゃん!!ってことです。
大事だからもう一度言い換えます。

言葉を使う前は「ハッキリしない」ものを、言葉を使ってハッキリさせた「気」になるだけ、ってことです。

つまり。言葉は、「本質を示し切れず、元々ハッキリしないものを、ハッキリしたような気にさせる道具」ってことです。
一旦まとめます。
変数A+B=満足いくx

変数A+B=なんか違うx

Bは、条件付けの変更。そして、条件とは、言葉で出来ている。
だが、言葉とは、「本質を示し切れず、元々ハッキリしないものを、ハッキリしたような気にさせる道具」
これは大変だ!!!!と私は思います。なぜって、

満足いくxが出ない時に、条件Bを変えたら「うまく行く」って思ってたのに・・・・
なんと!? 条件、そのものが「曖昧な言葉」で出来てるってことですから。

さっきの式をこれに合わせます。

変数A+曖昧B=満足いくx

変数A+曖昧B=なんか違うx
これはどう見ても、うまくいくはずが無いのでは・・・・
仮に変数Aを人間関係の改善にしておきます。すると

人間関係の改善+曖昧B=満足いくx

人間関係の改善+曖昧B=なんか違うx

うまく行ったり行かなかったりのループ、連続ですね。だって、曖昧な
ものを元にするわけですから・・・

————————————————————-
整理します。
変数A+B=満足いくx

変数A+B=なんか違うx

Bは、条件付けの変更。そして、条件とは、言葉で出来ている。
だが、言葉とは、「本質を示し切れず、元々ハッキリしないものを、ハッキリしたような気にさせる曖昧な道具」

つまり。

変数A+曖昧B=満足いくx

変数A+曖昧B=なんか違うx

です。

これは、ようく肝に留めなきゃって思うのは私だけでしょうか。
続きます。