カテゴリー別アーカイブ: 視点・気付き

名無しメソッドは手広く使えて決めてになる万能調味料です 

今日はchoiceの中核、名無しメソッドについてです。

■名無しメソッドは名前を外すメソッドです

物にも、人にも、出来事にも、感情にも思考にも、あらゆること、あなたが認識可能なものは全部名前が付いてます。もちろん、あなたが付けました。この名前ってものは物事をハッキリしたような感じにする効果があるので日常生活では欠かせません。

ですが、時に偏った名前が付いてます。苦しい、大変、シンドい、辛いなどなど。こんな名前も名無しメソッドは外せます。名前が外れると物事はニュートラルです。ニュートラルとは、可能性が限定されないってことを指します。(ニュートラルも名前です)

限定されない可能性、つまり、無限の可能性ってことです。

■名無しメソッドは目の前のものから、出来事、周囲の人まで何でも外します。

ですから、名無しメソッドは名前があれば何でも外します。あなたの過去も今も、周囲の人もモノも、問題と考えることも、何もかもです。(慣れると、時間や空間感覚まで外せます)

人は名前を付けて、思考し、物語を創って(書いて)、自分で読んでいるようなものです。自分で書いて、面白いとかつまらんとか、イケてるとか思ってます。だから、書き方、つまり名前の付け方が偏ったりすると、「あれ!?」ってなります・

「私、凹んでるけど、こんなはずない」

その通りです。その感覚、こんなはずない!が正しいんです。名前付け間違っただけです。そうして今の自分があります。

■今までの自分まで外せる!驚きのメソッド

思考、感情、五感の働き、信念、記憶なんかが自分を形づくってるものでしょうか。名無しメソッドにはバージョン2があります。この2は、自分って名前さえ外します。自由で伸びやかな本来のあなたに気づきます。

しかも簡単です。

■なんにでも使ってみましょう。ゲーム感覚で。

テキストやセッションではこの名無しメソッドについてくわしくお伝えします。そしてゲーム感覚で名無しメソッドを使うのが一番!何といっても気楽さが大事です。一生懸命さは、新たな名前を付けかねません。

気楽に外す、細かく外す、それがキーです。

■名無しメソッドはまだまだ磨けます。

名無しメソッドは道具です。使うほど磨かれます。あなたもあなたの周囲も変わって行きます。やり過ぎは禁物です。【名前を付けた世界も自分も自分で創ったんだ~】って認識があれば、名無しメソッドの効果は増します。

■あなたもどうですか。

もう、何人もの方がセッションでこれを体験してます。(こちら)せび、あなたもやってみてください。セッション申込はこちら。

ツイッターもオススメです!

なるほどです。

ツイッターアカウント @hanaruhodo でも、凝縮エッセンスを伝えてます。

私のオススメは、ツイートを更に短めにしていただき、そのまま、自身への問いかけに使う、って事です。

良いことあるかも知れませんよ!

では。

分かってる?分かってない?本当のあなたとは

■分かってるは、分かってないの裏返し

「俺って自分のことバッチリつかんでるぜ」とか「私は私のことちゃんと知ってるよ」なんてよくあるかと思いますが、実際のとこはどうでしょうか。自分のことは自分が一番良く知ってる、もちろん全部じゃないけど、他人には分からない特に内面のこと、気持ちなんて、自分しか分からないよ、ですね。

その通りです。やっぱり、自分のことをよく分かってるのは自分です。ところが、分かってる、て<分かってるとこは分かってる>です。何のことか、分からん笑。ですね。分かるように行きますよ。

下の図を見てください。

ここに全部があります。全部だから全部、一杯、たくさんってことですね。下の◯の範囲を仮に全部とします。分かるとは、分けるです。つまり分かるとは下の□の中を「全体から分けたよ~」ってことです。

今まで人生でた~くさんの経験をあなたはしてきました。多くの感情を持ちました。実に様々な思考が湧きました。そう、数え切れないほど・・・・それらぜ~んぶで、今のあなたです。だから、□で切れたとこ、そこは部分です。

つまり、<分かってるは分かってない>の裏返しなんですね。

■エゴは限定くん

この分かってる□、これがエゴです。

エゴ、サイトでは「私」と書いてますが、だから一番の特徴は、限定感です。区切り、分離です。ここまで、ここしか、自分の周り、今までの経験、こういったものの中からしか判断出来ない、それがエゴです。だから、先々とか、結局とか、ぜ~んぶからとか、限定くん、エゴには似合いません。

「私」がいてあなたがいる、そして先週会ってケンカして今週仲直りした・・・常に出発点は自分=エゴです。まず、自分っていう存在を<限定>しないことには始まりません。

このことには意外と気付きにくいんですね。なぜって、随分昔からそうして生きてきたから。もう自分がまず居る、なんて染み付いちゃってます。気づきません。

■この世界は全部 あなたも全部

あなたという全部の中から「分かってるよ自分のこと」って言った時、何か苦しい感じしませんか?自分のことちゃんと認めて分かってあげてるはずなのに、息苦しい。これは上のほうに出た図で言えば、「□だよ!ちゃんと分けたよ!全部から!」って宣言とほぼ同じ。

あなたは自分が全部だってこと、ちゃんと心の深いとこでしってます。だから、「□だよ!」って言われると「違う!」ってなり、それが息苦しさとなって感じるんですね。

そして、同じように世界も全部です。ですが切り取って「分ける・分かろう」とします。もちろん、エゴがそれをします。あなたも世界も全部です。分かろうとすると限定され息苦しくなります。そのまま、まるごとが一番。ジュースもまるごと絞りが一番美味しいですね笑

分かろうとしないこと。それが、実は、まるごと分かる近道です。

■分からなくていいってとっても楽

となると、結構楽ですね。「ここんとこ、こうしないと、よくならない」とか「あれが駄目だから、ここをなんとかしない」とか一生懸命にやる必要無くなります。分かろうとする努力が逆に辛くなるってことです。それが無いからとても楽です。

いつのあなたもあなたです。全部であなた。分けることも、否定することもない。いえ否定しようがありません。22%分かった自分なんて可愛そう。100%まるごと全部のあなたでいてください。

■ぼーっとメソッドは全部を体感する

100%の自分を分かりません。分かる必要もありません。でも、自分が100%、自分は全部であることを体感することは出来ます。それがセッションやテキストでお伝えしてる「ぼーっとメソッド」です。メソッドというより、ぼーっとしてるだけですが。でもそれだけで、とても簡単に自分の中の際限なさを体感できます。

いずれにしても、分かっているようで分からない。これをぜひ覚えておいて損はありません。セッションとテキストでは、今日の記事のような内容も丁寧にいやしつこくお伝えします。あなたの気付きを踏まえてです。オススメです。

セッション申込はこちら テキスト購入はこちら

 

テキストメモ購入者への耳寄り情報!

こんにちは。なるほどです。テキストメモ購入された方へ。

セッション受講者だけにお渡ししている、追加資料を無料でお送りします。「読んでみたい!」って方は、

以下までメールを下さい。

購入を確認するために資料の1番、その項目名を書いてください。

hanaruhodo@gmail.com

追加の資料は、セッション受講者とのやり取りで、つまづきやすいところ、choiceの勘所など満載です!期間限定配布です!

お待ちしてます。

 

 

不足+不足+不足は?

■「無いから欲しい」?

金がない、彼女がいない、仕事が大変、人間付き合いが嫌、太ってる、痩せてる・・・あげるとキリがないですね。それは、そうです。実際に、「そうじゃないか」。だから埋めなきゃならない。何かしないと!!不安で不満なんだから、満たさなきゃ、安心しなけりゃならない。

無いからこそまさに欲しい、です。

■不足がスタートの流れだと・・・

こうして、頑張って、○○式や☓☓法で、埋めて行きます。あそこは埋まった。ここは埋まった。「ふ~一安心。あれ!?なんか、ここまだだめじゃん。あ、こっちもダメだ。埋めなきゃ、埋めなきゃっ」ってなったりしませんか。

私はそうでした。どんだけ埋めても満足しない安心しない。決して止まない。これって「本当に満たされたんでしょうか」

埋まった~って言えるのかってことです。そして不思議なのは、埋めたはずなのに、新たな穴:不足、不安がすぐ出来るってことです。まるで底のない桶にザルはめてるみたいに、するすると新たな「無い」が見つかる。

まさに、不足→行動→一時埋まる→不足→思考→一時埋まる→不足です。

■穴が埋まらない理由はたった2つ

じゃあどうするのか。なぜ、不足が埋まらないのか、理由はたった2つ。

1、出発点が不足だから。

2、現象に対応し続けるから。

■充足を出発点にしよう

目の前の世界を見て「~だ」ってなる、んですね。そう、見るから、そう思う。そう思うと、また見て証拠探しし始める。「ほら、無いじゃないか」

なら、そこ見ない。または見ても判断しない、それだけです。別に、今、の目の前を基準にする、判断の材料にしろ~なんて誰もあなたにけしかけていません。大丈夫です。

単純に自身の望むとこを、これまた単純に選べばいい。

そう、誰も、えらんじゃいかん~なんて言ってないですから。選んじゃいましょう!「お!あるじゃん!」

※こう書くと「私=エゴ」がいうのは100% こうです。「だって目の前に無いじゃないか!!!」

だから書いてますよ~。

【今の目の前を基準にする、判断の材料にしろ~なんて誰もあなたにけしかけていません。】

■くしゃみと同じ

足りないから思考する、いえ思考が出る、っていうのは<反応>です。くしゃみと一緒です。

くしゃみに、普通はあ~んまり反応はしないですよね。せいぜいハンカチやマスクするくらい。いつまでもくしゃみに関わって、ああ、あのくしゃみはどうだこうだ~なんてしませんよね。でも【思考】だと・・・しちゃうんです。

■認識の変更

出発点を充足にする。現象に反応しなくてもいい。こういう認識に変える。おしまいです。

「じゃあどうやって変えるんだ~」変えればおしまい!って言いたいですが、「私=エゴ」の【癖】は

強いのです。でも、ここが一番大事ですよ~

「変え方教えろお~」って方、ぜひこちら

 

嘘をつくからくたびれる

■思考や感情が生む苦しさ

思考に翻弄されて、アレコレと考えると、とってもくたびれませんか?
「一体どうなるんだろう」

「これでいいんだろうか」

「どこまで続くんだ」

「どうしてこう何だ!」

ストーリーは頭の中を、一瞬にして駆け巡り、止まる事を知りません。

そして、そういった思考がある時には、心も沈んだり、凹むことが多いものです。苦しくもあるかも知れません。

どうして苦しくなるのか?

考えたことありますか。

どうやったら止められるか、は考えても、何故、苦しくなるかは探ったことは無いかも知れません。

今日は、思考や思考にまつわる感情で、どうして苦しくなるか、その原因をズバリ書きます。

 

■思考の元は言葉

そもそも、思考って何でしょうか?思考とは、ズバリ、繋がりです。

何の繋がりか?

言葉です。名前です。名前や言葉の繋がりです。それが思考の正体です。

ところで。以下の文を読んでみて下さい。

菜箸は、ジーンズに友達になって、山の向こうに、お祭りワッショイ!

何だか、サッパリ?!?ですね。

では、次はどうですか?

彼女に、キツイ事言った直後から、デートの雰囲気が台無しだ、、言わなきゃ良かった、、。

今度はどうですか?ほう、ふんふんって感じであなたに伝わって来ますか?

どっちも同じ、言葉を使った文章です。

片方は、サッパリ分からなくて、もう片方は、ウンウン、!

どうしてか?

それは【あなたが繋げたからです。言葉を】

自分で【自分にとって意味の通るように】繋げたから【分かった】のです。

 

■名前は嘘

名前は本質を現しません。カフェラテって言葉はカフェラテ自体じゃありません。たとえ、苦くて、円やかで、ミルキーで美味しい飲みもの、といったとこで、カフェラテにはなりません。

そう、名前は幻みたいなもんです。何となくそうかな、って奴です。

■思考とは嘘の連続技

ということは、名前の繋がりである思考は、嘘、幻の連続技って事になりますね。

掴めそうでつかめない、分かりそうで分からない。それが思考です。つまり、言葉、名前を、あなたが納得できる形で繋げた嘘の連続技の事を思考と呼びます。

■嘘つくとしんどいのは、本当じゃないから

誰もが一度や二度は嘘をついたことがあると思います。本当の事を隠すために、ひとつ嘘をつくと、もう、次次に嘘をつき続けなけりゃならなくなっちゃう。もう、ヘトヘトです。

そう、嘘付くとしんどいのは、それが、本当じゃないから。

思考するとどうしてしんどいのか、って最初に投げかけましたが、ボチボチ答えが近づいて来ました。

思考とは言葉、名前の連続

名前は本質、本当を指し示さない

だから名前は幻、本当では無い嘘みたいなもの

そして、嘘付くとそれはくたびれる。

そう、思考は自分で自分に付く、嘘です。

嘘の連続技です。それも四六時中、嘘ついてるみたいなもの。

疲れで当たり前なんです。

■名前の無い世界の安心

思考が止むと、それはそれは静かです。穏やかです。安心そのものです。それは嘘がないから。

嘘の無い本当の世界、それが本当、本質です。

この立ち位置に立つと、思考は大騒ぎです。自分の居場所が無いから。ほんの数秒ほど思考が止んだ世界を体験した方もいらっしゃると思います。

安心、穏やか、制限なし、、、一瞬で落ち着いたのではないですか?

すると、こんな笑い話しみたいなことが、事もあろうに、思考から提案されます。

「あの素晴らしい状態を際限しよう!俺も手伝うから。どうやったらいいか、【一緒に考えよう、】」と。

いえいえ、一緒に【考えないのが】あの世界ですから(笑)

考えられちゃ、困るんです(笑)

でも、まんまと私ことなるほども、思考の提案にハマりましたよ〜

 

■名前の無い世界を見せるchoice

choiceでは、名無しメソッドと云う、とてもふざけた名前(笑)のメソッドで簡単にしかも、早く(メソッドやって早ければ一回や一日、二日で)で、この名前の無い世界に触れることが出来ます。

モノに輪郭そのものが滲んだ。

出来事に対するイメージがガラッと変わった

など受講の方から声を頂いてます。

とても気持ちが穏やかになった。こんな簡単な方法でそうなるなんて、ビックリ!なんて声もあります。

 

■本質、本当は楽チン

名前が無いのが本当です。本当の世界を楽チンモードで愉しんでは?

ところで。この名無しメソッドにはバージョン2があります。このバージョン2の先に、【今まで自分だと思ってきたものすら、実は幻だった】と気付く世界があります。

自分が無くなると、、、世界しかありません。でも、【世界しか無くなる、と認識してる何かは居ます】

その何かが、本来のあなたです。

さらに、その世界に、今のあなたから見て、無いものは、ありますか?不足してる何か、ってありますか?

ありません。

【「私」がいない世界は全部がある】

ここら辺りまで名無しメソッドバージョン2で行けます。

そうなると、どうなるか?

それはまた、別記事で。

幸せは創らなくていい 既にある

happiness

■幸せは創るもの?

「ああ!あれが手に入ったら、幸せなのに、、」
「駄目だ。今のこの状況。不幸せそのもの、、、だ。」
こういうスタンスってなりがちですが、どんなものでしょうか?
仮に、手に入れるものをxとします。
はじめの例で言えば、
1、今は不幸せ
何らかの行動
2、xを手に入れる
幸せだ!
ですね。

■不幸の時間が長過ぎる

そうなると手に入れるまではずっと不幸せ、ですね。
手に入れて失うかもって思うと、手に入れても幸せ、じゃないかも知れません。
手に入れた「から」幸せ、って違っていて、余計なのはこの、「から」です。
「から」は条件です。条件は制限です。

■無条件の幸せ

幸せに制限の属性はありません。手に入れても幸せが長続きしないのはそういう理由です。
(過去、手に入れる嬉しさ優先で、私も叶えたことがありましたが、その大変(笑)でした)
じゃあ、どうすんだ~って言われそうですが、別に、今、幸せでいいじゃないですか。
無条件の幸せ、簡単です。
今すぐ幸せ、なれます。
「そんなの無理」ってなりますか。もしなるなら、あれこれ叶えるのも
多分大変になっていませんか。中々【思うように】ならない。
なぜって【条件】つけてるからです。
【思う】ことで、更に幸せを遠ざけちゃいます。
※思考は嘘つきますから。幸せは真実です。
せめて(といってもここ、突破すれば後ははやいと思いますが)幸せは無条件で。

何とかしなきゃは何とかしない

■はじめに整理します

この前の記事の続きみたいな記事です。
少し整理しておきますね。
まず。
目の前に反応して、何とか「しよう」とする。
そこには「あれが足りない」、「なんだか不安」、「どうしても不満」があるわけです。ここが始まりです。
目の前や自分の思いを「見る」
思考や感情が湧く:嫌だ、勘弁して、足りね・・・
「じゃあ、目の前を何とかしよう」:【目の前の問題はこれで解決!!◯◯式」へ。
目の前や自分の思いを「見る」 :ちょっとうまく行ったかも・・・でも
思考や感情が湧く:嫌だ、勘弁して、足りね・・・
「じゃあ、目の前を何とかしよう」:【目の前の問題はこれで解決!!△△法」へ。
が続くというアレです。
ちなみに、各種メソッドを【何とかする=物事の解決、改善のための主眼に】してやると、
ず~っと 物事の解決、改善のためにやり続けることになります。
(それはそれで良いかもしれませんが、ちょっとしんどいかも)

■まず、疑ってみてください

・目の前の確認→不足の思考→反応→行動→ 目の前の確認→不足の思考・・・
前の記事で書いたように、ここをひっくり返してみましょう。ひっくり返すのが難しいなら、まず疑ってみて下さい。
◯目の前の確認→不足、不安だと【思う】 → 思わなかったらどうなるんだろう。
◯不足、不満、不安だと【思って】、自身でそうだと【無意識に反応】してだけ?!
◯じゃあ、不足、不満だと思わなかったら・・・・足りないは始めっから嘘だった!? 最初から満ちていた。
◯じゃあ、「不足、不満を埋める◯◯式」は、却って遠回りしていたのでは・・・・
とこれくらい、疑ってみると、中にはぐらっぐらに今までの認識が揺らぐ方がいるかも知れません。
「じゃあ、どうしたら、揺らいだ認識を・・・」と【考えない】ように!!
上でわかったように、ありあもしない不満、不安を「思った、考えた」ことが始まりだったことを忘れないことです。
でも、何かしたい・・・・ですよね。 では、ひとつだけ。
私のオススメは、「ぼ~とする、まずはじっとしてる」です。
これ、本当にオススメです。
※「私=エゴ」は、とにかく反応と思考と判断、行動で出来てます。だから、間違いなく 「ぼ~とする、まずはじっとしてる」のはかなりシンドいはずです。で、「こんなのでは駄目じゃん。何とかしなきゃ」って出てきます。そうしたらこの記事に戻りましょう。

「私=エゴ」がハマる落とし穴

ana

■なっかなか止められませんでした

だい~ぶ以前、今みたいに気づいて無い頃。
目の前の世界、自分の周り、自分の気持ちや感情などなどに「影響」されて、
ああでもないこうでもない、とやっていました。
◯◯式がいい、と思えば◯◯式をやり、☓☓開発法が凄いと聞けばそれをやり、
「お!なんか変わってきたぞ~」と思って更に・・・
で、しばらくすると・・・「なんか、◯◯式ってうまく行かないし、効果薄い・・・」
「今度は【一瞬で変わる△△術】だ~」と怪しげなものにも手を出して。

■本当に「そうなるのか」?

巷には、ああ【するから】、これが変わる
こう【するので】、効果がある って実に溢れてます。
そして、それを聞いたり読んだり試したりしてるのも【自分】です。
そしてこう【思っている】はずです。(私はそうでした)
「ああ【するから】、これが変わるんだな~」
「こう【するので】、効果があるんだな~」
ここには3つの事が隠れてるのに気づきますか?
・何かしたら、何かするので、がずっとついて回る。つまり、何かしないと更に次に行けない。
・自分自身が「何かしたら変わる」と【思ってる】
・上の2つについて「その通りだ!!」と過去からの癖で(無意識に)受け入れてる
わたし自身は、ず~っとず~っとずっと、この繰り返しでした。
このループのよく出来たとこは、「ちょっとはうまく行った【気がする】」とこです。
だから、私も、取り組みの中身は変わらずも、ずーっと止められませんでした。

■【不足の先にある充足!?】

そして、なぜかは解りませんがこの先に【変わらぬ永遠の安心や幸せ】がある、と頑なに信じていました。
【ちょっとうまく行くと、すぐおかしくなっちゃう】事の先に、【どうして変わらぬものがある!】と信じていたのか
今は、全く解りません。
何かに効く、こうすると良い、みたいのは、【不足を埋める】もの。出発点は【不足】
だから、ず~っと続く【充足、安心、幸福】は、ここにはありません。
だったらひっくり返してみましょう!
自らの認識を!