カテゴリー別アーカイブ: 夢と願いを形にする

どこまで自分?どこから世界?

今日はとても暑かった〜ですね。なるほどです。サクッとお風呂に浸かってビールを!がっ!っと飲みたいとこです!

そう、こんなやつ、飲みた〜い・・・・・

ところで。ビールってどれですか?

あなた「そんなの決まってんだろ!目の前の、コレ!」

わたし「え!なんか白いやつですか・・・」

あなた「違う!白いのと、その下のも!」

わたし「え!なんか粒粒したやつのことですか?」

あなた「それもそう!そうじゃなくて、透明で黄色っぽくて、透き通ってて、粒粒で・・・」

わたし「ああ、中身の事ですか」

あなた「まあ、そうだけど・・中身だけじゃ口に運べないでしょ・・・」

わたし「はあ、確かに」

あなた「だ・か・ら!透明で黄色っぽくて、透き通ってて、粒粒で、上の方に白い泡がある、あれ!グラスに入った!」

わたし「な〜んだ、あれがビールですね!」

 

あなた「そう!(怒)」

わたし「じゃあ・・・」

あなた「じゃあ???」

わたし「あなたってどれですか。ビール飲みたい、あなたってどれ?いや。どこまでがあなたですか?」

あなた「???」

★わたし「ビール飲みたい、そう!飲みたいあなたが居る!確かに。じゃあ、ビール飲みたいあなたって、どれ? いえ、どこまでがあなたで、どこからがビール、ですか?ビールを飲みたい【あなた】が居る。居るんだから、ハッキリしてますよね〜。そう、どこから、どこまでが、あなたで、どこからがビールですか?」

あなた「ビール、飲ませてくれ・・・」

 

と、ちょっと掛け合い風に仕立てました(笑)でも、この話の最後の★のとこ。真剣に気楽にさぐると、この動画がもっと腑に落ちるかもしれません。

 

 

 

裏に潜むホンネは気持ち良い

時間のある時にでもためしてみてください。

嫌なことがある(またはあった)とします。

その嫌なことに「ちょっと」目を向けます。深く感じ切ろうとする必要はありません。

その嫌なことは、ひとつまたはいくつかの嫌なことから出来上がっていると思います。

★嫌!っていうのは、「いいね〜そいつ!」っていうコトの逆です★

つまり、嫌!ってことの裏には、「本当はこうがいい!それ、いいね〜」っていうのが隠れてます。隠れたホンネってやつですね!

どうしてか、って言えば・・

「いいね〜そいつ!それ、いいね〜」って気分の時に、嫌!勘弁しろ!って気持ちは湧きません、絶対に!(笑)もしいたら・・・へ◯たい、かもです(笑)

参考記事【恐れと安心は同席は出来ない】

だから、むやみやたらと、嫌!って嫌って遠ざけず、「この裏にある、ホンネ・・・そう、これ、いいな〜、それ!それ!良いね〜って、何だろう?」とちょっと探ってみてください。(良いね〜って書いてるだけで良い気分です、ちょっとヤバイ?か(笑))

参考記事【探ると考えるのチガイ】

そして、「それ!いいね〜」が見つかったら、次のステップ!

★そうなりたい!でなく、そう、それ!その通り!良いね〜ってのにそのまま浸ってください。もし、【ソレ】がハッキリした言葉やメッセージとしてハッキリとしてるなら、そのまま、宣言しちゃうことも良いです。

無理に、そういう気持ちになろうとするんじゃなくて、良いね〜にそのまま入り込むような感じです。

※参考記事【なろう、たいは、不足から出発しちゃうことも←エゴシステム活発時(記事起こし中)】

 

まとめます。

1、嫌なことに「ちょっと」目を向ける

2、「この嫌!の裏にあるホンネは何だろう?」って探る(または問いかける)。

3、「ソレ!良いね〜」って気持ちに浸る&「ソレ」がハッキリしてるなら宣言する。

宣言するともっと気持ちよくなるはずです。

※参考記事【気持ちいいはメインストリームからのシグナル】

ちょっと道を違ったか!?でも違ったままだと・・・

■はじめは何気なくだが・・・

はじめは何気なく選んでただけかも知れません。なんか違和感もあったかも・・・

最近じゃナビがあるのでまあ、車の運転していても道に迷って目的地に辿り着かないなんてことはそうそうはないでしょう。目的地をセットすれば、ナビしてくれますから。ですが、ナビなんて無い頃は、「あれ〜!?なんかこの道ちがくない?」なんて、胸騒ぎ(笑)がして「さっきの四つ角、間違ったか・・・」なんてよくありました。

続きを読む

ちょっとだけ内を向いてみませんか。

目を開いてれば、様々なものが飛び込んできます。耳からも実に多くの音がこれまた飛び込んできます。

皮膚、触覚は全身です。温度や痛み、肌触り、手触りなど様々な情報をあなたに伝えてきます。鼻にもいい香り、嫌な匂い、これまた勝手に感じられます。舌、年中ものを食べてることは無いにせよ、舌も実に多くの情報を伝えてきます。

五感・・・・あなたに、実に多くの【外】を伝えてくれる大切な働きです。

続きを読む

認識の変更 0章

なるほどです。私のサイトにはいろんなことで来られる方がいるかと思いますが、認識の変更、ってワードで来られる方も結構います。これから何回かに分けて認識の変更とは、なにか、どうしたら認識変更できるのか、について書いて行きます。

■認識の変更とは3つの勘違いに気付き、5つのブレーキを外すこと

最初からなんのこっちゃですが・・・・まず、このサイトに認識の変更でたどり着いた方は、いろんな理由で「認識の変更」って言葉を知ったと思います。ある方は、願いを叶えるために変更が必要だ、とか、認識が変わると何でもうまくいくとか、もっと楽になるには認識を変えなきゃ、とかまあ、色々だと思います。

言い換えるなら、<その人、その人にとって認識の変更>がある、ってことかもしれません。

この記事シリーズでは、「あなたが問題だからなんとかしなきゃ!」っていう根本的な勘違いを解き、思いを形にする※ために認識の変更がどう関わるのかを書きます。

要は、「願いを形にし、スムーズで生き生きした人生を送るには」って視点から書きます。かなり、ポイントに踏み込むので役立ちますよ〜

さて、この段落の冒頭に、<認識の変更とは勘違いに気付き、ブレーキを外すこと>と書きました。まず、ざっとこの事について書きます。

3つの勘違い

1、無いものを手に入れようとする誤解

2、相手や対象、自分を変えて改善しないといけないという誤解

3、何かしないといけないという誤解

 

5つのブレーキ

1、思考のブレーキ

2、リアル感のブレーキ

3、理由づけのブレーキ

4、分離のブレーキ

5、わたしっていうブレーキ

この3つの勘違いに気付き、5つのブレーキを外すことで、あなたも認識変更へ。

■無いのにどうやって手に入れるの?

今回の記事では、認識の変更を邪魔する最大の勘違いと、1つめのブレーキについて書きます。

願いが形にならない、〜が足りない、気重でやることなすことうまくいかん!とかを抱えている方。

ある共通したことがあります。それは「〜が無い、〜ではない」って否定です。自分的には〜って状態が望ましい、〜が手にあることが嬉しい。でも、「そうではない」から、なんとかしたくて。

【うまくいった状態には程遠くて、良い感じと一体っていうのではない、分かれた感じ。】・・・

それが、<願いが形にならない、〜が足りない、気重でやることなすことうまくいかん!>に共通して流れてることでは?

一番大きな勘違いは、この【うまくいった状態には程遠くて、良い感じと一体っていうのではない、分かれた感じ。】が、実は大きな勘違いだ、ってことです。

「え!?どういうこと!?」って思うでしょう。

まずは、【うまくいった状態には程遠くて、良い感じと一体っていうのではない、分かれた感じ。】は、勘違い、大きな大きな勘違いだ!ってことを覚えておいてください。

勘違いは全部で4つの勘違いがあります。認識を変えようにも、この勘違い気づいていないことが、あなたが今まで、認識変更できなかった理由といってもいいかもしれません。

■イチゴが無いのに手に入れる?!

あなたは、イチゴが大好き!とします。スーパーや果物屋さんでも、よくイチゴが目に留まります。ところが、丁度、家にイチゴがない!そんな時、わたしこと、なるほどが、こんな質問をしました。

「イチゴは有りません。イチゴは無いんです。イチゴは無いので手にして下さい」

あなたは、こう思います、多分。(近所のスーパーで手に入れよう。スーパーにはイチゴがある!)

そう、正解です。イチゴはあります。在るからこそ、まず、あなたは、イチゴってものを認識できるし、あるからこそ、手にすることも思いつく。いちごが無い!ってこと自体が、実は、初めからイチゴは在る!ってことを証明しています。

■あなたの望みの結果は在る!?

あなたは、何かを望みました。恋人、お金、地位、楽しい気持ち、安心・・・・あなたはそれらの望みが「無い!」って感じ、確実に「存在していない」と信じ、手にしていないから、望みました。

ですが。

それらは在ります。今、この瞬間にあります。今、この瞬間に在るからこそ、あなたは、今、この瞬間に望むことができます。全くのゼロ、全くの皆無、全く無いものは、はなっから望みようもないんです。在るから望める、しかも今。

何か騙されたような感じですか?嘘臭いですね〜

ならば、ぜひ、望んだものを手に入れようとするあなたの思考の流れをたどってみてください。必ず次のようになってます。

〜は無い。

〜が無いから欲しい。

だから〜を手に入れるために△△をしよう。

 

どうですか?〜を手にしたいと思うあなたは、「ちゃんと〜がある」ことをしっています。在ることを知っているからこそ、手にしようと考えた。〜が無い、全く〜が無いって思っていたら、手にしようなんて思いもしません。

この、最大の勘違いには、まず気づきません。そして、エゴシステムに勘違いさせられます。

そして、この記事を読んだら以下の記事にもぜひ目を通してみてください。色々気づきやすいと思います。

参考記事:認識の変更 第1章

 

認識の変更へ 第1章

こんにちは。わたしのサイトのブログで一番アクセス数が多いのが、認識の変更の動画です。(動画はこちら)
動画をみると、もやっとしたブルーの画面から、段々と動き、男の子になり更に動き、また最後にもやっとしたブルーになる、っていう、「これのどこが認識の変更になるんだ!!」
って怒りにも似た(笑)ものが込み上げると思うので、以前も解説しましたが
改めて、別の視点から説明します。
ポイントは、、

続きを読む

体験談とchoiceについて

新しい体験談を追加してます。今回はかなり短期間で、ちょっと驚くような結果が出た、という体験です。こういう体験談は私もうれしく、了解をとった上でほぼそのままで載せてます。

choiceしてみた

choiceですが。

お伝えしてることはかなりシンプルです。やることも本当に少ないです。ただ、このブログを読んでるあなたが思うより遥かにしつこいエゴシステムを落ち着かせる(というより落ち着く)ことを重視した説明や例えを使って、メールでセッションしながら進んでいきます。

説明には、3〜4日に1回とありますが、それ以上のこともあり、またメールにもかなり情報が多いです。

名無しメソッドと結果の選択という2本柱を実践を通して、体感、体験してもらう。今回の体験談は、このことをシンプルに実に素直に実施してもらった結果です。

簡単なメソッドと実践で、体験にたどり着く。choice、いかがですか。

セッション申込