カテゴリー別アーカイブ: 夢と願いを形にする

【その2】今のやりかた → ? なら・・・

前回の記事を読まれていない方は、こちら
続きです。

もう一度式を書いときます。

変数A+B=満足いくx

変数A+B=なんか違うx
左辺が同じなのに、右辺の結果が違う。特に変数Aが同じなのに、右辺の結果が異なるなら、
Bは、結果に影響及ぼさない。ひょっとしたら、むしろ邪魔になるかもしれない、って考える方が筋が通る。

このBを、私たちは「やり方、条件の変更、条件付けの変更」なんて呼んできました。

要は「条件付けの変更は、結果に影響を及ぼさない、どころか、むしろ邪魔になるかも」って
仮説がシンプルです。

今回はこの「条件付けの変更」について堀ります。

———————————————–
とここまで読んでくださった方の中には「まどろっこしい!!イライラする!早く、結論、そう
どうしたら、結果がうまく行けるのか教えろ!!!(怒)」って方、または、ちょっぴり、
そう思っている方もいるかもしれません。

そう!それこそ、ブログでも書いてるエゴシステムの働きです。
※エゴシステムの働きについて知りたいかたは、ぜひ読者登録後、送られる資料をお楽しみください。

さて。

条件付けがむしろ邪魔、ってなりかけているのに【不思議と】また、【新たな条件付け】を
要求してる・・・・そう気づかずしてる・・・・

何で、でしょうか? そう、「分からない」 それが答えです。「なんでか理由は分からない。
でも、条件変えたらうまくいくって気がする」

つまり、習慣、無意識です。意識出来ない、そりゃあ分かりませんよね。
なので<意識して>堀ります。じゃあ、条件付けって何でしょう?

~だから、~なので、前も~だったから、・・・といったものです。
理由とか原因とかって云うこともあります。

この~は、大抵、「意味の分かる言葉」にすることが出来ます。
「食べるから太る」「寝る前にスマホ見るから、目が冴えて眠れない」などなど。
意味が通じます。

この「言葉」ってやつが曲者です(ここらから核心ですよ。意識して)

【言葉って使うとハッキリしますよね】

どうです?言葉で表すとスッキリと分かりやすい気になる。「うん、うん!
そう、そう!」ってうなづきやすくなります。
これ、逆に言えば・・・・・

使わないなら、ハッキリ示せないじゃん!!ってことです。
大事だからもう一度言い換えます。

言葉を使う前は「ハッキリしない」ものを、言葉を使ってハッキリさせた「気」になるだけ、ってことです。

つまり。言葉は、「本質を示し切れず、元々ハッキリしないものを、ハッキリしたような気にさせる道具」ってことです。
一旦まとめます。
変数A+B=満足いくx

変数A+B=なんか違うx

Bは、条件付けの変更。そして、条件とは、言葉で出来ている。
だが、言葉とは、「本質を示し切れず、元々ハッキリしないものを、ハッキリしたような気にさせる道具」
これは大変だ!!!!と私は思います。なぜって、

満足いくxが出ない時に、条件Bを変えたら「うまく行く」って思ってたのに・・・・
なんと!? 条件、そのものが「曖昧な言葉」で出来てるってことですから。

さっきの式をこれに合わせます。

変数A+曖昧B=満足いくx

変数A+曖昧B=なんか違うx
これはどう見ても、うまくいくはずが無いのでは・・・・
仮に変数Aを人間関係の改善にしておきます。すると

人間関係の改善+曖昧B=満足いくx

人間関係の改善+曖昧B=なんか違うx

うまく行ったり行かなかったりのループ、連続ですね。だって、曖昧な
ものを元にするわけですから・・・

————————————————————-
整理します。
変数A+B=満足いくx

変数A+B=なんか違うx

Bは、条件付けの変更。そして、条件とは、言葉で出来ている。
だが、言葉とは、「本質を示し切れず、元々ハッキリしないものを、ハッキリしたような気にさせる曖昧な道具」

つまり。

変数A+曖昧B=満足いくx

変数A+曖昧B=なんか違うx

です。

これは、ようく肝に留めなきゃって思うのは私だけでしょうか。
続きます。

【その1】今のやりかた → ? なら・・・

【あることを】考えて、理由や条件つなげて、やってみて、アレ!? 違う? じゃあ・・・

【別のことを】考えて、理由や条件つなげて、やってみて、アレ!? 違う? じゃあ・・・

【別の別のことを】考えて、理由や条件つなげて、やってみて、アレ!? 違う? じゃあ・・・

 

こんな感じに、普段なっていたりしませんか?あんまり考えたことはないですか?わたしはたまに考えたりします。

では。

これをシンプルにします。

【 】内はつまり、テーマ、ですね。これをAとします。

で。

考える+条件理由付け+行動は、仮にBとします。出てきたものを x にします。

すると。

A+B=x  または A → B=x みたいな感じですね。

今日は、この内、A+B=xについて書いてみます。(何のこっちゃ)

 

 

書きたいのは、最初に書いた「アレ!? 違う?」にどうしてなるのか、ってことです。

Aは、人によって、時によっても、変わりますね。恋愛、お金、結婚、人間関係・・・etc 当然、素になるものが違います。つまり変数です。だから、答え、つまりxは違いますが、今日、気にしたいのは「満足いくか、いかないか」ってとこです。

さて。A+B=xが、

変数A+B=満足いくx

変数A+B=なんか違うx

ってなる時、変数Aが同じなら、満足いくxか、なんか違うxになるのは、

単純に、ほんとうにシンプルにみれば、「Bが違ってないか」ってことですよね。この時に

「ああ、Bのやり方を変えればいいのでは」って今までは、やって来ませんでしたか?

◯◯法、△△式、・・・・で。xが満足いくなら、「ああ、やっぱりやり方だったんだ」ってなるわけです。でも・・・そうでしたか?あなたはどうでした?やり方変えても、xはいつも満足行かない、って感じだった?今も、そう?ですか。

となると。Bを変えるとは「やり方」じゃあない!ってことになりませんか?どうでしょうか?何か、うまくいかないと、私たちは【なぜだか】やり方が悪い、となってしまいます。(この何故かは今日は書きません)

でも、やり方変えても、変わらないなら・・・・Bの根っこ、そもそもBの本質が違ってネ?ってとこを疑るのもいいと思うんです。

さて、B、つまり、今までよろしく無いのは<やり方>だと思っていたが、やり方って、本質は何でしょう?それは・・・・

条件付けです。

~したら☓☓になる、っていう、<~したら>がやり方です。アレコレと巷にある本も根っこはこれが多いです。<~したら>って条件付けを変えたら、結果は変わりますよ~って、声高に言われてるやつです。

で。

あなたは、今まで、テーマAを変えずに、ひたすら、B、つまり<~したら:条件付け>を変えてきた。でも、結果xは、満足に中々届かないどころか、「なんかチ・ガ・ウ」っていつもなってきた。

だとすると、ひょっとしたら、満足のいくxが出るのは、Bは関係ないのかも知れない!、ってことになるんじゃあありませんか。これは、私の意見というより、私の体験と、皆さんの今までの体験からそう言えるのでは?って話です。

だって、B、つまりやり方を変えて、誰もが、満足いく結果xを出してるなら、あんなに次々と「やり方本=ノウハウ本」は巷に出ません。

結果x、テーマAが変わっても、結果xが満足いくようになる(する?)には、Bは<あんまり関係ないのでは?>って、考える方が、道理に合うように感じるのは、私だけでしょうか?

今日の記事は続きます。

 

 

 

 

matome 123

久しぶりの更新です。 とても短いので記事とは言えないかな。

あと、更新が少ないのに大勢アクセスしていただきありがとうございます。

■1 本当は言葉や名前のつくものなんてない
■2 あらゆる関連性は、思考=言葉のつながりが作る、嘘・幻みたいなもの。
■3 言葉なしで、「在る」って認識を本当はあなたもしてる。
■1について。

よく悶々思考に惑わされるって声をセッションでも言われるのですが、言葉は不十分です。
真実そのものじゃありません。だって、パンって言葉は食べられないし。

にも関わらず。この思考にみんな結構引きづられてしまう。本当は言葉や名前のつく
ハッキリしたものなんかないのに。

不思議と、自身の思考は「そうだ!そうだ!」と賛成しちゃう。ここは■3にも
関係します。

 
■2について。

1でも書いたように。言葉や名前は本質を、全体を、全部を示しません(パンって言葉は食べられない)
つまり、言葉は、限界そのものです。

思考に引きづられてしまうとはアタマの中で「限界だ!ここまでだ!これだけだ~」って言い続けるのと
一緒ですよ~

また、言葉は制限=分離です。分離なので、なんとかつなげてつなげて、全体を示し、本当であるかの
ように動きますが、でも、元が不十分なので、いくらつなごうが、嘘や幻とさほど変わりません。

本当じゃありません。それと、関連付けの理由探ししていたら、あなたが特に叶っていない
理由探ししていたら。それも既に自分のなかで「叶っていない」って宣言してることでもあります。

 

■3について

「あなた」って名前がついたものは実際にはいませんが、あなた自身は「在る」って確実に認識してますよね。
目の前にも、自身の内にも、形ある、目に見えるような「あなた」はいないのに、あなたは、それでも
自身が居る、在るってハッキリ感じます。

でも「目の前に無いのにどうして、在る(叶ったなんて)なんて言えるんだ~」なんていうのも
言われたりしますが。

でも、あなた自身の存「在」こそ、まさに、言葉なしで「在る」のでは?ってちょっと見直すと、
結果選択はすんなり出来るはずです。

で。目の前の世界ですが、当たり前=イチイチ言葉で説明し関連付けしない、でも、(あなたの目の前
に)ありますよね。

あなたが、「当たり前=イチイチ言葉で説明し関連付けしない」「そうだ」って、したからですよ~

良いところ、よろしく!

■気付こうと力む

この手のサイトでは(笑)、よく気づきが大事とか、気づきこそ素晴らしいみたいな事が書いてあったりします。そうすると、エゴシステムは「それは良さげだ。ぜひ気付いてみよう!」なんてすぐになります。

まあ、とにかくしたがり、飛びつきたがりです、エゴシステムは。

すると始まるのは・・・

「どうやったら気付けるのだろう・・・」とか「目を半眼にして佇むのだろうか」とか「風呂に入るのが良いかも」など、まあ色々思いつくわけです。

 

■やってくる

友達を家に招く時に、友達の家に行って、友達担いで来る人は、まあいません。車で迎えにいくことはあるかもですが・・大抵は、自宅にいて、部屋の掃除や料理の準備なんかして、来るのを楽しみしてるのでは。

気づきも似たようなもんです。迎えに行かなくてもやって来ます。やってくるのだから、あなたは、別の愉しいことでもしてれば良いわけです。気張って迎えにいく必要はありません。探しにいっても大体、どの辺にあるのかも分かりませんw

 

■「気付いてるっけ?」

と言っても、待ってるだけもな~って方に、オススメその1!

「気付いてるっけ?」って時々、ふっ、と小声で言ってみてください。心の中でもオーケー、というか適当が一番です。「気付いてるっけ?」気づきはハッキリしてます。気づいた時は「!」ですから、すぐわかるのですが、エゴシステムは心配性だから、ちょっと助けてあげます。

「気付いてるっけ?」

 

■良いところ、よろしく!

そしてもうひとつ。

やって来るものはどうぞ、ですが、エゴシステムもいて良いだ、悪いだ言いたがります。だから、慣れない内は、ちょっとそれに乗って上げてもいいです。

「良いところ、よろしく!」

あくまで、受け身ですよ!自分で引張りこもうなんてしなくても大丈夫です。

お任せでいけます。

「良いところ、よろしく!」

 

1週間くらいで出来る!今を楽しむためのエゴシステムの手なづけ方

■1週間くらいで出来る!今をもっと楽しむためのエゴシステムの手なづけ方

もうすぐ、GW!皆さんはどう過ごす予定ですか?先の旅行や計画を考えるのって結構愉しいですよね。
ガイドブックみたり、サイト見たりして、行くとこの情報を知らべる時間、その瞬間、わくわくします。

旅行にかぎらず、日常でもちょっと先のことを想像したりなんてよくあると思います。
「なんか良いことありそ!」なんてなればgoodですが、結構あるのは「でも」「そう言っても」
「やっぱり」なんて聞こえてくるアタマの中の声。

大体が、否定的な事やあなたを思いとどまらせるような内容だったりします。これは、エゴシステムが出す声です。今日は、このエゴシステムの声を手なづけ、今をもっと楽しむために1週間くらい、手なづけ方をやってみませんか、って記事です。

まあ、1週間するとほぼGWも終わってしまうので、次の連休や普段用に使ってみてください。

■エゴシステムの声はよく響く

今をもっと楽しむ、さっき例に出した旅行の計画、行ってからより行く前の計画が愉しい。
計画しようって今、この時が愉しいわけですが、計画が始まってもアタマの中の声は止みません。
このアタマの中の声、エゴシステムから出ています。

「あっちの方がいいぞ」
「このプランじゃどうなんだ」
「せっかくいくんだから無駄には出来ないぞ」

このエゴシステム、一体、あなたを助けてくれるのか、くれないのかよく分かりません。
口は結構出しますが、「こいつが一番!」「これでOK」とかきっぱりとした事は言いません。
出るのは大体、心配、愚痴、損得の話しばかり・・・・

ですが、この声に結構あなたも引っ掻き回されます。
「やっぱりこっちのがいいかも」
「どっちのオプションが得だ?」
「確かに無駄に出来ん!!!」
なんか変ですね。

愉しい「今」を過ごすはずが、いつの間にか、アタマのの声とのおしゃべりにすり替わってます。
エゴシステムのおしゃべりに付き合わされて、いつしか「今」はどこかにいってます。

■エゴシステムの声は聞くが、おしゃべりには応えない。

たちが悪いのは、この声は続きやすいってことです、というより勝手に出てきます。
「ああだ」「こうだ」「それじゃダメだ」「でも」「やっぱり」・・・
切れない、切れない。続く、続く。
人の良いあなたは、この声にだんだん引きづられて、付き合わされて行きます。

EG「あっちの方がいいぞ」

あなた「やっぱりこっちのがいいかも」

EG「このプランじゃどうなんだ」

あなた「どっちのオプションが得だろう?」

EG「せっかくいくんだから無駄には出来ないぞ」

あなた「確かに無駄に出来ん!!!」

EGは、エゴシステムの声。あなた、そうあなたですね。
まあ、続きます。延々と。こんな風に、エゴシステムの声に応えちゃうと、エゴシステムの
おしゃべりは終わりません。終わらないどころか、楽しかった「今」はどこかに雲散霧消です。

ではどうするか。

声が聞こえたら、話させる。「おう!どんどんと話せ!」と。話すのを認めて好きに話させてあげましょう。

「そんなことしたら、もっとうるさくなるんじゃ・・・」

心配無用です。確かに一時、声が続くでしょう。でも、あなたの友達のおしゃべり魔
と一緒です。一方的に話すのは結構しんどい。これはエゴシステムにとっても同じです。
【応えてくれない】とやりがいないんです。

★はじめの3日間は、あなたの「今」を邪魔するエゴシステムの声は聞いてあげる。でも応えない。返事はしない。話はつなげない。

■究極の問いかけをエゴシステムにしてやる。

エゴシステムのをてなづける初めの3日間は、話は聞くが応えない、でした。
そうしてると、だんだんとエゴシステムの声は静かになってきます。もちろんゼロにはならないし、
以前、騒がしくする時もあるでしょう、

でも、毅然とあなたは振る舞う。「話は聞く。だが応えん」これでいいです。さて次の手なづけですが。
よく聞いてるとエゴシステムの話には傾向があります。それは、オススメのオススメです。
オススメじゃありません。オススメのオススメ。

つまり、「こうしたら、良い」でなく、「こうしたら、良いと思うけど、どう?」ってやつ。
一体どっちなんだ!すすめてんのか、すすめてないのか。相談なのか、意見なのかハッキリせい!
って感じですが、実際、そのパターンは非常に多いです。

つまり、迷わせてるだけです。

ガイドブック見て、あなたはピンときた!「このオプションいいじゃん!」って。
途端にエゴシステムの声が来ます。「でも、こっちのオプションのが良いと思うけどどう?」って
あなたは、「ん!?」ってなります。「そういえば」ってなります。で、「どっちにしようかな」ってなります。

この後、

「いや、はじめのオプションにしよう!」ってあなたが選択すればそこでおしまいです。ですが、ここで、
エゴシステムの声に反応して応えると、最初の3日間が無駄になります。

「でも、こっちの方のが良いと思うけど、どう?」

さあきたぞ~そこで、こう言います。

「ようし分かった!絶対に愉しい面白いのはどっちだ?」

これが究極の問いかけです。

エゴシステムは、あっちとこっち、良い悪い、多い少ないの世界で生きてます。だから「絶対」とか「全部」とか、極み、の質問には応えられません。というか、そもそも。。全体の事は分かりません。だからこそ、いつも同じパターンで話しかけてきます。

「でも、こっちのが、あっちのより良いと思うけどどう?」つねに、1対1です、せいぜい多くて
1対3、4の比較です、常に比較です。「これ!これ一番のオススメ!」なんて、それこそ「絶対に」
言いません。

★次の3日間はエゴシステムの話が長引きそうなら究極の質問をする。
「絶対に愉しい面白いのはどっちだ?」「絶対に最高なのはどっちだ?」

■最後の1日。これでエゴシステムはぐうの音も出ません。

はじめの3日は、エゴシステムのうるさい話は聞く、でも応えない。
次の3日は、エゴシステムがうるさくなったら「絶対選択」を迫る。

そして、最後の1日です。

することは・・・・・・・・・・・・・

ありません。何もしません。

エゴシステムのうるさい話が出た。何もしません。聞きしない。絶対選択も迫らない。
ただ、エゴシステムが出てきた事に気づく。あえて言うなら。

エゴシステムのうるさい声に気づく「あなた自身」に気付いてください。

エゴシステム自身じやない、あなた自身に。
エゴシステムの声に気づけるようになったあなたは、エゴシステム自身じゃないってこと。
今までエゴシステムが、まるで自分のように感じて来ましたが違います。ハッキリ言って違います。

気付いてるのがあなた。

今まで、エゴシステムにがあがあ言われて、一生懸命応対をあなたはしてきましたが、
そもそも、エゴシステムはあなた自身じゃありません。だから、応えることで、
あなた自身がエゴシステムシステムを支えてきました。

1週間でやってきたのは、実はエゴシステムと距離を置くこと。いえ、置けるんです。
だって、エゴシステムはあなた自身じゃないから。

★最後の1日は何もしない。ただエゴシステムに気付いてる自身がいることに気づくだけ。
■エゴシステムが静かな時、「今」は愉しい

1週間、エゴシステムを観察してきたあなたは、まだ初心者ですが、
エゴシステムの扱いに慣れるスタート地点には着きました。

エゴシステムが静かになると今、「今」は結構愉しいです。
何しろ静かだし。次のおやすみの間の旅行の計画も
楽しくなります。「今」が静かだと、普段も楽しくなりますよ。
このエゴシステムをガツン!と、いえ、スーッと静かにしかも
かなり根っこまで静かにさせるのがchoiceでお伝えする
名無しメソッドこと、リムーブメソッドです。

エゴシステムのもっとも強力なのは思考。この思考を
静める、というより、あなたが無力化していきます。
簡単なメソッドです。

連休中、時間があるからやってみようかなという方は、

テキストの購入で、こちら。
セッションの申込みでこちらです。
それでは、よいGWを!

本来の世界ってこんな感じです!

こんばんは。まず、おかげさまで4月のセッションは全て埋まりました。ありがとうございます。お申込み頂いた方、予約のメールも行っているかと思います。メールが来てないよ!って方は、hanaruhodo@gmail.comか、サイトのお問い合わせフォームからご連絡ください。

さて、今日の記事は、本来の世界、私の日常ってどんなかを少し書きます。

■時間の伸び縮みがかなりある

日常生活で時間の伸び縮みがかなりあります。1時間はたっただろう、それくらいの事はしてたよね。。って時にわずか5分10分しかたっていない、という事はあります。これは皆さんもあると思うのですが、私のは【時間が少しでも欲しい】って時によく起きます。

セッションの方へ返信メールなんか書いてると、結構これは起きます。あとは「ゆっくりと楽しみたいな~」なんて時にもこの時間の極端な伸びはあります。(私は結構、お酒が好きで、資格とったくらいですが、外で飲む時には結構、ゆ~っくりと時間が伸びます)

逆に、ああ、これつまんないな~はやく終わんないかな。。。なんて時はギュッと縮みます。

時間は意識が作った、物差しです。作ったものなので、伸び縮みは当たり前です。

■欲しいモノや事が、向こうからやって来ます。

これは実は気づきにくいんです。なぜかと言うとイチイチ意識してなきゃいけないので。最近は面倒くさいので意識してませんが。欲しい情報、それは仕事のことだったり、趣味や遊びのことだったり、お金や人間関係、あらゆるモノや事がいい感じで回ってきます。

特段、自分で調整とかしてないのに、勝手に仕事を変わってくれたり、手に入れようとしていたものがより良い形で入ったりします。なので、ひとつひとつ叶えるとかって感じでもないです。いい感じに本当にいい感じに、そして、ちょっと「あれ!?そう来るの?!」みたいな愉しい予想外の形で事が流れ手に入ります。

■とにかく静かで、それでいてオープンで、結構アグレッシブです。

日常で思考はほとんど湧かないので、まあ静かそのものです。外歩いていて、音はあるのに自身は、山の中の湖面みたいにシーンと穏やかで安心してます。この思考の無い状態は別の効果もあって、考えようとする場面では、ほぼ一瞬で答えとか頭に出ます。それを形にするのに身体を使うのがもどかしいくらいの時が結構あります。

一方で、周囲の方からは、オープンに感じられるのか、結構、気さくに話されたり、関わられたりします。年齢もバラバラで、小さな子供から大人、国籍も問いません。(英語なんてろくすっぽ出来ないのに笑)もちろん私も気さくに意識することなく関われます。

そして、アグレッシブというか、物事への取り組みや対処にブレーキがありません。なので、結構動けます。結果としてですが、物事の変化の速度は早いですね。

■これらが、自然で力みなく流れていきます。

ここが一番かもしれませんが、こんな感じがスルスルって流れます。大きな滑り台とか、川下り(激流ではなく)とか、アトラクション楽しんでる感じです。リラックスしているし、のんびりしるし、結構動くし、愉しいし、安心していたり、無性に幸せを感じたりとか・・・そんなのがとても自然にスムーズに動いていきます。

■choiceの先へ、ではありません

choiceでは、主に、あなたの認識、今までの世界観、人生観を緩めて外す名無しメソッドことリムーブメソッドと、現状を受け入れあなたを認めるアロー、真のあなたに直接触れる、浸る ぼーっとメソッドがあります。そして、結果の選択による新しいあなたとあなたの世界の創造です。

こんなのの集積が上に書いた私の日常へ近づけます。特段、特別な話しでもなんでもありません。本来の姿なだけ。choiceのず~っと先にあるような事じゃありません。だから、メソッドもシンプルで、自然です。そして、エゴへの対応によく効きます。

もし、今のあなたが、目の前の現実をなんとかしようとして頑張っているのに、うまく行かないなら、進み方、生きる取り組み、なんかが少し違うのかも知れません。本来が自然なので、一生懸命さは逆効果です。また、今までの延長から目の前をなんとかしようとするのはオススメしません。事が形になる、現実のように見えるあなたの世界の出来上がる流れは、あなたの内から始まります。だからこそ、現実への対処をベースした生き方は、一進一退で愉しいこともありますが疲れるし、大変です。

長々と書いてきましたが、私の記事もchoiceのセッションも、「ああ、なるほどはおかしな事書いてるけど、もしも、それが本来、本当なら、今のこの現実は何を意味するのかな・・・」って感じで読んでいただくと良いと思います。

エゴから自由にならない限り。あなたがこの記事から受け取った気づきも感想も、エゴフィルターを通ってます。エゴフィルターとは制限、分離、制約、不安、不足、がベースです。

 

願望を徹底的に研究したらこうなった!choice誕生の秘密

■願望を徹底的に研究したらこうなった!変わるためのchoice誕生の秘密

願いを形にするためにアレコレやったのに、3ヶ月どころ3年経っても何も起きない。変化ない。あなたはそんな感じになってますか?私も以前はそうでした。そしてやったのは、そもそも「願望って何だ?」って徹底的に研究し、どうしたら変わるのか、自分で実験して確認してみました。今日は、それをまとめてみます。

そして結果はご覧の通り、受講生の体験談や声は示してます。たった1~2ヶ月で、受講生のほとんど効果内容です。

■願いを形にするのを妨げるのは【エゴの働きだけ】だった!

1、無意識に巧妙に素早く動くエゴ

今まで変えるために色んなことをしてきましたが変わらなかった。理由はたったひとつです。それはエゴに阻まれたから。エゴには特徴があり、この3つの特徴をエゴが発揮する限り、あなたの願いは形にまずなりません。そのためにはまずエゴの3つの特徴をようく、深く知ることです。

その1 無意識に動くエゴ

エゴは無意識に動きます。簡単に言うと、エゴとは生きるベース、基盤、根っこみたいなものです。あなたを支える土台です。土台ですから、そう簡単には揺るぎません。さて、無意識に動くとはどういうことか。それは「分からない、気づかない」って意味です。

例えば、「何かが欲しい」って気持ちはあなたも結構湧きますね。では、この何かが欲しいって気持ちは、【考えに考え抜いて検討に検討を重ねてから出てきましたか?】そんなことは無いはずです。自然にす~っと湧いたはずです。

大体は、湧いた後に「それが欲しい、手にしたいのは◯◯や△△だからだ」なんて後付けで理由をつけますが、欲しいは意識せず、無意識に出ます。またエゴは生きるベースなので、あなたが生きる、あなたの生活を不安にさせることを絶えず見張ってます、が、あなたは気づきません。

なぜか。その見張り番、主に思考のさらに根っこですが、見張り番がうろちょろと、あなたの生活の全面に前面にでては鬱陶しくてかないません。だから、エゴは、生きるベースとして根っこにいて、あなたに知られないように隠れて支えてます。

あなたを生きにくくするもの、つまり、あなたを不安にさせる人、言動、出来事なんかが現れたりするとあなたを守ろうとします。

ここポイント、とても大切なポイントですが、生きるってなんだと思います? それは「続く」ことです。続けるではありません。「続く」ことです。これが無意識と関係、大アリです。なぜか。いちいち考えてから、生きていたんじゃ、場合によってやばい(!)からです。

あなたを不安にさせる人、言動、出来事で、あなたの生きる=あなたが「続く」ことが危険、ってシグナル出るとすぐエゴは動きます。つまり、今まで生きることが「続いた」あなたを、変わらずこれからも続けようとする。

だから、無意識に働く、気づかれないように、変わらないように、「続けよう」とする。それが1つめの特徴「無意識に動くエゴ」です。
その2 巧妙に動くエゴ

あなたが何かを欲しいと願うことは<あなた自身>には「現状からの変化」を意味します。つまり「変わる」ってことです。上で書きました。エゴが守るのは「生きる=続く=変わらない」です。今まで生きたきたあなたを変えないこと、それがエゴの目的です。

ですが、何かを欲しいと願うことはエゴにとっては「現状からの変化の妨害、否定」を意味します。ここで、エゴは巧妙に実にうまく立ち回ります。それは「理由付け」です。あなたが純粋に欲しいと、す~っと出た気持ちにアレコレと理由を付けます。

「こういう理由があるから要らないだろう(条件付け)」「今までもそうやって欲したが駄目だったじゃないか(過去の経験の持ち出し)」とにかく、あなたを「生かそう=続けよう=変えなくしよう」と動き出します。

この特徴はエゴの最大特徴でもあります。もう、その理由付けたるや、後から振り返ったら、笑っちゃうほどナンセンスで狭い範囲のものがほとんですが、実に、言葉巧みに(思考で)、理由を並べ立てる。根っこには「生きる=続く=変わらない」がありますから。自然に、実にスム~~ズに、エゴの理由付けは成功します。

つまり。

純粋に欲しい、は、エゴに潰されます。
その3 素早く動くエゴ

そして、この無意識と巧妙が、素早く、一瞬で動きます。意識出来ません。ほぼ感知不能です。あなたを「生かし続け、今まで生きてきたのを変えないように」、全精力を一瞬に注ぎます。あなたに知られず、しかも言葉巧みに、それも一瞬で、あなたを「生かそう=変えないようにしよう」とする、それがエゴです。

※アファーメーションやイメージングなど意思の力で刷り込む方法がうまく行きにくいのは、このエゴシステムともいうべき働きが原因です。「こう変わる!こうだ!」っていう変化を言葉やイメージにして発した瞬間に、「変えさせないぞ、今まで通り続けるぞ」って無意識と巧妙が、素早く、一瞬で動きます。打ち消されます。

■エゴの最大の武器は思考、それを支えるのが感情

では、その3つの特徴があるエゴの最大の武器は何でしょう。

思考です。

言葉と名前のつながりで作る脳内ストーリーです。「あれは、駄目だった。その時、私は過去の苦い経験が自然に、10個は思い出せた・・・それらは一瞬でつながり、私の欲しいという気持ちを完全包囲して潰しにかかった・・・・私は・・・諦めるしか無かった」という風に。

ところで、小説、なんの小説でもいいです。小説に一切の感情を入れず、付けず、読んだらどうでしょうか?試しに手短の本でやってみてください。それはもう、つまらないです(笑) つまり、感情移入なしの小説、ストーリーは面白くない、共感できない、ってことです。

エゴはこれを熟知してます。だから、あなたを変えさせず、生きるを続けるために、思考でダメ出しする時に、感情を参加させます。あなたを共感させるために感情を使います。これをここまで読んでいただいた、あなた。とても、ラッキーです。エゴの無意識の働きに気づき始めてますから。

さて、感情が思考に加われば、エゴには鬼に金棒です。あなたはほぼ100%やられます。それは、あなたが一番知ってるはずです。

■願う、に隠された秘密は「・・・」だった!願いが形にならない秘密はソコにある!

少し別の視点です。欲しい、願う、願望、ってなんだか考えたことありますか? ちょっとここで10秒ほど考えてみてください。

3、4、5・・・・・10! どうですか?欲しいってなんでしょう。

欲しいとは、エゴにとって「変化の否定」です。初めて聞くかたもいると思います。説明します。上で書いたのをまとめます。
エゴは、あなた自身の、純粋な欲しい!という変化を、「生かす=続く」という目的のために、無意識に巧妙に素早く妨害し、「変化」を潰す。これがエゴです。

つまり、欲しいとは、エゴにとって「変化の否定」です。

エゴは、実は、あなたは生かすことはありません。あなたを生かすのは別の働きです(また別記事で書きます)。エゴが生かすのはエゴ自身です。あなたは言ってみれば、エゴの入る器みたいなものです。

器が壊れたらエゴの居場所は無くなるから。だから、エゴ自身を守るために、間接的にあなたを守ります。器としてのあなたを。

もう一度。

★欲しいとはエゴにとって「変化の否定」である。
★エゴの目的は自己維持である。
★エゴは無意識に巧妙に素早く、思考と感情で妨害し「変化」を潰すことで、自己維持しようとします。
願いが形にならない、その原因、その秘密はたったこれだけです。簡単じゃん、、と思ったあなた。まんまとエゴの働きにハマってます。

ちょっと探ってみましょう。

極端ですが・・・ほとんどの人は、生きたい!生き続けていたい!はずです。生物にとって、変化は死への兆し、です。変わらなかったからこその今のあなたがいます。続いてきたからの、あなたです。

願いとは、変化です。あなた自身にとっては。

ですが。

願いとは、死への兆し、です。エゴ自身にとっては。

そして、あなたはエゴの器的役割です。上の★で書いたことが、分かったところで、打ち手はめったなことじゃ働きません。なにせ、エゴが突きつけるのは、「生きるか、死ぬか」ですから。
※このエゴが突きつける「生きるか、死ぬか」こそが、セドナメソッドで言う安心欲求です。

あなたの願いが形にならない秘密、それは、「エゴ自身による変化の否定」です。

■常にエゴの逆サイドを行く!

エゴの最大の武器は思考+感情、エゴの働きは無意識に、巧妙に、素早く、です。相手の事がようく分かれば、付き合い方も分かってきます。付き合い方の最大のポイントは【エゴの逆を意識的に行く】です。

思考が容赦なくつぶやくなら・・・「それは本当なの?真実なの?」って疑う。
感情が揺さぶるなら・・・雨や風の自然現象と同じようにやり過ごす。

そして、一番大事なのは、【意識的になること】です。エゴが無意識で攻めるなら、あなたは意識です。意思、意図です。無意識は自然に来ます。だから、後から気づくのでも構いません。

思考が容赦なくつぶやくなら・・・「それは本当なの?真実なの?」って「意識的」に疑う。
感情が揺さぶるなら・・・雨や風の自然現象と同じようにやり過ごす。

■choice誕生の秘密!エゴ最大武器の思考をバラバラにするリムーブメソッド!

エゴの最大の武器は、畳み掛けるような思考の連続です。意識して止めて見直す間を与えません。
連続で来るから、続けて来るから、本当のように思えてしまう・・・私も非常に、本当に大変でした・・・でも、このエゴの働きが、エゴの目的がよく分かった時ふと思いついたんです。

ところで、思考ってそもそもなんだ・・・・思考とは、言葉のつながり、名前の連続、これを
どうにか出来れば・・・そこで生まれたのchoiceの中核メソッド、名無しメソッドことリムーブ
メソッドです。名前を外せば、バラバラにすれば、思考はつながらない。思考が繋がらないなら、エゴは最大の武器を失います。

 

■choice名無しメソッド・リムーブメソッド。それは、エゴの核心を停止するメソッドです!

★思考が容赦なくつぶやくなら・・・「それは本当なの?真実なの?」って「意識的」に疑う。
★感情が揺さぶるなら・・・雨や風の自然現象と同じようにやり過ごすことで、エゴの働きを弱める。

さらに、choiceの名無しメソッド・リムーブメソッドなら、シンプルで核心に迫るメソッドなら、結果はご覧の通り、受講生の体験談や声が示してます。
セッションは1ヶ月、再受講してもたった2ヶ月で、あなたがず~っと変われなかった人生を受講生のように変化させる。choice。

行動が変わる、結果が変わる、人生を変えるchoice

ぜひ、オススメします。

choiceの案内はこちら
choiceのテキストはこちら
セッション予約はこちら

なるほどの特典記事について

こんにちは。なるほどです。今後、ブログやサイトの中に、読者登録した方のみに公開するものを作ります。※この記事の最後にお知らせがあります。

内容的には、深い突っ込んだ役立つ話とか、choiceに絡む広い多角的な話になります。また、じきに出しますが、choiceの先にある世界、choice2に触れる話も出します。

人それぞれですが、わたしが観てる生きてるこの世界は、読者の方と大分違うはずです。以前、オフ会なるものを主催したことがありました。その時に参加のある方からこう言われました。

「突き出た方と一緒にいるだけで、多くの人が得るものがある」と。わたしの感じや話だけで影響するものがある、と言われました。わたしには分かりません。が、この特典記事はオフ会でないと話せないような記事も書いていきます。楽しみになさってください。

読者登録は、PCの方は画面右上、スマホなどの場合は、画面をず~っと下にスクロールしたとこにあります。

直近記事は、「世界は自分が創ってる」です。私の最近の体験を踏まえて書いてます。ちょっと見には「そんなことあるかい!」って内容です。それこそ自作自演だろ、って感じに思える内容です。ですが、私はもちろんですがセッション受講者なら「うんうん、なるほど!」って思えます。

読者登録してもらえればその世界が読めます。あとはあなた次第です。どうしますか?

■お知らせ

・私のサイトのお気に入りはトップページがオススメです。新着情報もそこに載せてます。

・時々、閲覧データをクリアして、私のサイトをご覧ください。ブラウザの仕様上、過去に読み込んだ情報(つまり最新でない)や画面を出すことがあります。

 

■一体どうしたらいいいんだろう

何か達成したいこと、叶えたいこと、自分を変えたい・・・などなど生きてくなかで、何か形にしたい時は結構あります。でも、今までそれをやったことがない、やれたことがない。当然悩みますよね。

仕事でどうしてもうまく行かない、同僚の言動に引きづられる、考えすぎで疲れる・・・・

なんとかしたい・・・

あれこれと調べたり考えたりします。「一体どうしたら・・・」「こうしたらうまくいくかも」「ああすれば良いかも」「んんんn」もう一生懸命考えます。考えずにはいられません。ゴールへの道筋をいくつもいくつも探るわけです。

うまく行かせたい!失敗は出来ない!失敗したら凹んじゃって・・・ますます考えるのに躍起です。ところが、これがある点を突破するとコロンと変わります。そう、「どうもしない」です。

■どうしたらいいいんだろうは、下手すると、どうもしないに変わっちゃう

考えて考え抜いて、そのうち、心の中、エゴ=「私」の声が、やる気からトーンダウンします。「もういいか・・・」これは、やがてパターンになります。癖ですね。止めグセってやつです。どうでもいいか・・・こうなるとエゴは「ウフフ」です。

どうせ、やっぱり、そうにきまってる まさに決まり文句を投げかけて来ます。いやってほど言ってきます。これは結構キツい。ある意味、もうどうでもいいや、ってベースでも時には「ようし!やってみるか!」ってなります。でも、ベース=癖は強い!

すぐさま速射です。どうせだめ、やっぱりしくじった、そうにきまってる、うまく行かん、、、。バシっバシって来ます。

考えて考え抜いて・・・やがてへたっちゃう。

■思考は推進力になりません。

思考は推進力になりません。これだけはハッキリ言えます。情報を得て蓄えて考えたらやってみる。やらずともまず「こうする!」って選ぶ、ここからしか始まりません。「どうしたら」の行先は、へたる、です。「こうする!」の先は未来があります。つかめるものが必ずあります。こうする、は推進力です。

ですが、「どうしよう?」はブレーキです。考えてる間は動けません。

※これをchoice的にちょっと説明します。思考は言葉の集まりです。言葉は本質を示しません。つまり本当じゃない。嘘です。幻みたいなもんです。幻ってつかみどころありません。あなたが動く足場になんかなりません。足場があるからこそ前を進めます。

ですから思考で「どうしよう、どうしたら」ってやって居る内は、踏ん張れないし進めません。足場なしだから。じゃあ、この足場とは何か。それは次の章で。

■「こうする!」これをあなたが選ぶのが一番です。

この足場こそ、選択です。こうするっていう意図です。こうする!だから必ず進みます。単純なんです。思考じゃ進まない。思考じゃないのは選択、意図。思考じゃないなら、「進む」に決まってる。単なる二択です。選ぶのはあなた。

■choiceでは、結果の選択を出来るようにします。

あなたの足場作り、推進力つくり、これをchoiceは後押しします。結果の選択がそれです。選択のその先、結果の先取りです。そしてこうなるわけです(受講者の声)でも、難しくはありません。

選択するチカラの大きさに気付かされた、って声もいくつも頂きました。セッションではこのチカラの大きさ、しっかり選ぶためのアドバイスもとことんやります。オススメです。

セッション予約はこちら テキスト購入はこちら

メリーゴーランドから一度降りてみませんか

■なぜか変われないあなた。メリーゴーランドに乗ってるからです

あなたはメリーゴーランド好きですか?大人の方はもう「随分前にのったきりだな~」なんて人も多いと思います。私も最後に乗ったのTDSのアラジンのやつだったかな。

さて。メリーゴーランドのふたつの特徴ってなんだと思いますか?考えてください。3、2、1ハイ時間です。それは、

1、おんなじところをグルグル回る

2、でも、結構愉しい

です。当たりましたか?この2つがメリーゴーランドの特徴です。そして、あなたもメリーゴーランドに乗ってるんです。そんな昔の話しじゃありませんよ。今、この瞬間もです。驚きましたか?それ以上に「何のことだか分からん!」って方が強いですか?大丈夫、ゆっくり解説しますから。

■一見変化があると感じるのはメリーゴーランドが回ってるから

まず、一番目の特徴。おんなじところをグルグル回る、です。日常の生活って変化に満ちてるようで意外に同じようなことの繰り返し多くないですか。振り返ってみてくださいね。朝起きて、ご飯食べて、電車乗って会社言って、上司とバチバチやって、仲間とおしゃべりして、仕事帰りに映画みたり、彼氏彼女とデートして、帰りにツ◯ヤでDVD借りて観て、ベッドに入る。そしてまた明日・・変化はありますが、結構似通ってませんか。

もちろん、自分磨きや夢や願いのために色々されてる方もいるでしょう。自分を変えたい、だから様々な情報を取っている方もいると思います。そうした中で様々な変化もある。大きなものも小さなものも。「やった~」って飛び上がるような出来事もありますね。様々な出来事や自分の頑張りで色んな景色が見えるように感じるます。結構、わくわくするし愉しい。これが二番目の特徴です。

でも、実際にはメリーゴーランドに乗って回っている、その中で、きらびやかな音楽やライト、そして動く木馬のせいで、そう見えてるのかもしれません。

■人生のメリーゴーランドはビッグサイズで2重構造

実際に、あなたが人生ってメリーゴーランドに乗っている、としますね。

◯自分を変えたくて何かに取り組む。

◯変わった感じがする

でも実は乗っているメリーゴーランドの木馬の場所が移動しただけかも知れません。そしてこの変化が日常の中、繰り返す日常の中で起きる。変わった感じは、メリーゴーランドの木馬の場所が違っただけかもしれません。

このメリーゴーランド二重構造なんです。日々メリーゴーランドと人生メリーゴーランド。下の図のように小さい方が日々繰り返すメリーゴーランド、大きな◯が人生メリーゴーランド。子供から大人へ、出会いや別れ、結婚や老い、など起きるのはこの大きな◯のメリーゴーランドでみる景色です。大きな輪っかの方は、2回目の回転はないかもしれません(今はそうしておきます)

■違うアトラクションに行くには降りること

でも、あなたはガイドブックで違うアトラクションもあるのを知ってます。違う生き方、楽しみ方ってことですね。ちょっと遠くの方ではパレードなんかもやってて面白そうです。これがUSJやTDRなら、じきにこの回転は止まります。ですが、人生では違うアトラクションやパレードをみるなら、まずメリーゴーランドに乗ってることを気づく自分でメリーゴーランドのスイッチを切る、この2つです。

■回転する木馬から降りてスイッチ切るのはちょっとの勇気です

まず、メリーゴーランドに乗ってることを気づくこと。それから、自分でメリーゴーランドのスイッチを切る、こと。でも、回転する木馬から降りて操作室に行ってスイッチ切るの怖いですよね!私も怖かった。でも切らないと、次のアトラクションには乗れません。

更に回転する木馬には安全ベルトが付いてます。おいそれと降りられません。その安全ベルトとは「今までの自分」ってことです。一旦、「今までの自分=エゴ=「私」」という安全ベルトを外すのは勇気がいります。「何が起きるのか、一体、次のアトラクションに本当にいけるのか。。。」でもちょっとした勇気があれば大丈夫!大人のあなたは回転するメリーゴーランドも、つかまり立ちしながら操作室まで行けます。この安全ベルトを自分で外すのが名無しメソッド2です。

■ファストパスを有効に使おう!

さあ!メリーゴーランドに乗ってることも気づいた。自分でメリーゴーランドのスイッチも切りました。後は、次のアトラクションに行くだけ、おっとその前にファストパス手に入れましょう。並ぶの少しで済みますから。さてこのファストパスって、ぶっちゃけなんだと思います?

そう!ファストパスとは意図、選択、そうする!っていう明確な意思のことです。混んでる人気アトラクションに時間が来たら優先的に入れるファストパス。持っていたら安心して、時間までパレード観たり、アイス食べたり、出来事を愉しめます。だって、ファストパスはもうあなたの手にあるんだから。

「いつか、いつになったらアトラクションに乗れる(=変わった自分になる)んだ!!」なんて焦りは無用!安心のファストパス、ありますから。だからこそ、意図、選択、そうする!っていう明確な意思が必要です。

もちろん、その前にメリーゴーランドを自分で止めるんですが。

■名無しメソッドとは、メリーゴーランドのスイッチを切る方法をお伝えしあなたの勇気を後押し、結果の選択とはファストパスを手に入れる具体的方法をお教えすることです。

長々と例え話しをしてきましたが、choiceセッション、そしてテキストではこの2つ。

名無しメソッド=メリーゴーランドのスイッチの切り方

結果の選択=ファストパスを手に入れる具体的方法

について、お伝えしてます。新しい自分に変わりたい、潜在意識の枠を超えたい、そんなあなたに、ぜひ、choiceセッション申込テキスト購入をオぜひススメします!

choiceって何って方はこちら

※ファストパスってなんだって方は参考までにこちら