カテゴリー別アーカイブ: 自分を変えたい

メリーゴーランドから一度降りてみませんか


■なぜか変われないあなた。メリーゴーランドに乗ってるからです

あなたはメリーゴーランド好きですか?大人の方はもう「随分前にのったきりだな~」なんて人も多いと思います。私も最後に乗ったのTDSのアラジンのやつだったかな。

さて。メリーゴーランドのふたつの特徴ってなんだと思いますか?考えてください。3、2、1ハイ時間です。それは、

1、おんなじところをグルグル回る

2、でも、結構愉しい

です。当たりましたか?この2つがメリーゴーランドの特徴です。そして、あなたもメリーゴーランドに乗ってるんです。そんな昔の話しじゃありませんよ。今、この瞬間もです。驚きましたか?それ以上に「何のことだか分からん!」って方が強いですか?大丈夫、ゆっくり解説しますから。

■一見変化があると感じるのはメリーゴーランドが回ってるから

まず、一番目の特徴。おんなじところをグルグル回る、です。日常の生活って変化に満ちてるようで意外に同じようなことの繰り返し多くないですか。振り返ってみてくださいね。朝起きて、ご飯食べて、電車乗って会社言って、上司とバチバチやって、仲間とおしゃべりして、仕事帰りに映画みたり、彼氏彼女とデートして、帰りにツ◯ヤでDVD借りて観て、ベッドに入る。そしてまた明日・・変化はありますが、結構似通ってませんか。

もちろん、自分磨きや夢や願いのために色々されてる方もいるでしょう。自分を変えたい、だから様々な情報を取っている方もいると思います。そうした中で様々な変化もある。大きなものも小さなものも。「やった~」って飛び上がるような出来事もありますね。様々な出来事や自分の頑張りで色んな景色が見えるように感じるます。結構、わくわくするし愉しい。これが二番目の特徴です。

でも、実際にはメリーゴーランドに乗って回っている、その中で、きらびやかな音楽やライト、そして動く木馬のせいで、そう見えてるのかもしれません。

■人生のメリーゴーランドはビッグサイズで2重構造

実際に、あなたが人生ってメリーゴーランドに乗っている、としますね。

◯自分を変えたくて何かに取り組む。

◯変わった感じがする

でも実は乗っているメリーゴーランドの木馬の場所が移動しただけかも知れません。そしてこの変化が日常の中、繰り返す日常の中で起きる。変わった感じは、メリーゴーランドの木馬の場所が違っただけかもしれません。

このメリーゴーランド二重構造なんです。日々メリーゴーランドと人生メリーゴーランド。下の図のように小さい方が日々繰り返すメリーゴーランド、大きな◯が人生メリーゴーランド。子供から大人へ、出会いや別れ、結婚や老い、など起きるのはこの大きな◯のメリーゴーランドでみる景色です。大きな輪っかの方は、2回目の回転はないかもしれません(今はそうしておきます)

■違うアトラクションに行くには降りること

でも、あなたはガイドブックで違うアトラクションもあるのを知ってます。違う生き方、楽しみ方ってことですね。ちょっと遠くの方ではパレードなんかもやってて面白そうです。これがUSJやTDRなら、じきにこの回転は止まります。ですが、人生では違うアトラクションやパレードをみるなら、まずメリーゴーランドに乗ってることを気づく自分でメリーゴーランドのスイッチを切る、この2つです。

■回転する木馬から降りてスイッチ切るのはちょっとの勇気です

まず、メリーゴーランドに乗ってることを気づくこと。それから、自分でメリーゴーランドのスイッチを切る、こと。でも、回転する木馬から降りて操作室に行ってスイッチ切るの怖いですよね!私も怖かった。でも切らないと、次のアトラクションには乗れません。

更に回転する木馬には安全ベルトが付いてます。おいそれと降りられません。その安全ベルトとは「今までの自分」ってことです。一旦、「今までの自分=エゴ=「私」」という安全ベルトを外すのは勇気がいります。「何が起きるのか、一体、次のアトラクションに本当にいけるのか。。。」でもちょっとした勇気があれば大丈夫!大人のあなたは回転するメリーゴーランドも、つかまり立ちしながら操作室まで行けます。この安全ベルトを自分で外すのが名無しメソッド2です。

■ファストパスを有効に使おう!

さあ!メリーゴーランドに乗ってることも気づいた。自分でメリーゴーランドのスイッチも切りました。後は、次のアトラクションに行くだけ、おっとその前にファストパス手に入れましょう。並ぶの少しで済みますから。さてこのファストパスって、ぶっちゃけなんだと思います?

そう!ファストパスとは意図、選択、そうする!っていう明確な意思のことです。混んでる人気アトラクションに時間が来たら優先的に入れるファストパス。持っていたら安心して、時間までパレード観たり、アイス食べたり、出来事を愉しめます。だって、ファストパスはもうあなたの手にあるんだから。

「いつか、いつになったらアトラクションに乗れる(=変わった自分になる)んだ!!」なんて焦りは無用!安心のファストパス、ありますから。だからこそ、意図、選択、そうする!っていう明確な意思が必要です。

もちろん、その前にメリーゴーランドを自分で止めるんですが。

■名無しメソッドとは、メリーゴーランドのスイッチを切る方法をお伝えしあなたの勇気を後押し、結果の選択とはファストパスを手に入れる具体的方法をお教えすることです。

長々と例え話しをしてきましたが、choiceセッション、そしてテキストではこの2つ。

名無しメソッド=メリーゴーランドのスイッチの切り方

結果の選択=ファストパスを手に入れる具体的方法

について、お伝えしてます。新しい自分に変わりたい、潜在意識の枠を超えたい、そんなあなたに、ぜひ、choiceセッション申込テキスト購入をオぜひススメします!

choiceって何って方はこちら

※ファストパスってなんだって方は参考までにこちら

 


決定版! choiceとは


「セッション受けるか受けないか、迷ってる・・・」

「一体、choiceって何?」

「名無しメソッドってふざけたメソッドなんか効くの?」って方にオススメの進化型コンテンツが新規アップされました。ぜひ読んでくださいね。こちらから

また、choiceセッションで「奇跡的!(ご本人談)」という体験談もどうぞ。こちらから


何とかしなきゃは何とかしない


■はじめに整理します

この前の記事の続きみたいな記事です。
少し整理しておきますね。
まず。
目の前に反応して、何とか「しよう」とする。
そこには「あれが足りない」、「なんだか不安」、「どうしても不満」があるわけです。ここが始まりです。
目の前や自分の思いを「見る」
思考や感情が湧く:嫌だ、勘弁して、足りね・・・
「じゃあ、目の前を何とかしよう」:【目の前の問題はこれで解決!!◯◯式」へ。
目の前や自分の思いを「見る」 :ちょっとうまく行ったかも・・・でも
思考や感情が湧く:嫌だ、勘弁して、足りね・・・
「じゃあ、目の前を何とかしよう」:【目の前の問題はこれで解決!!△△法」へ。
が続くというアレです。
ちなみに、各種メソッドを【何とかする=物事の解決、改善のための主眼に】してやると、
ず~っと 物事の解決、改善のためにやり続けることになります。
(それはそれで良いかもしれませんが、ちょっとしんどいかも)

■まず、疑ってみてください

・目の前の確認→不足の思考→反応→行動→ 目の前の確認→不足の思考・・・
前の記事で書いたように、ここをひっくり返してみましょう。ひっくり返すのが難しいなら、まず疑ってみて下さい。
◯目の前の確認→不足、不安だと【思う】 → 思わなかったらどうなるんだろう。
◯不足、不満、不安だと【思って】、自身でそうだと【無意識に反応】してだけ?!
◯じゃあ、不足、不満だと思わなかったら・・・・足りないは始めっから嘘だった!? 最初から満ちていた。
◯じゃあ、「不足、不満を埋める◯◯式」は、却って遠回りしていたのでは・・・・
とこれくらい、疑ってみると、中にはぐらっぐらに今までの認識が揺らぐ方がいるかも知れません。
「じゃあ、どうしたら、揺らいだ認識を・・・」と【考えない】ように!!
上でわかったように、ありあもしない不満、不安を「思った、考えた」ことが始まりだったことを忘れないことです。
でも、何かしたい・・・・ですよね。 では、ひとつだけ。
私のオススメは、「ぼ~とする、まずはじっとしてる」です。
これ、本当にオススメです。
※「私=エゴ」は、とにかく反応と思考と判断、行動で出来てます。だから、間違いなく 「ぼ~とする、まずはじっとしてる」のはかなりシンドいはずです。で、「こんなのでは駄目じゃん。何とかしなきゃ」って出てきます。そうしたらこの記事に戻りましょう。

分かりたいを止めて意図するへ 3つのポイント


この記事の前に、書いた記事(アメブロへの質問に対する記事です)に再度コメントをいただきました。

「どうしたら?」「どうして?」「これでいいのか?」って、ごくごく普段からあります。別にいいとか悪いとかでは
ないですが、どうしてそうなるか についての私なりに書きます。今回は、前回あった質問に対して書き起こした記事に再度コメントをもらったので、それに関する記事です。

実は、はじめ、アレコレ書いたのですが、ある理由で下のようにテキスト風に書き直しました。

■3つのポイント

1、名前とは分離であり嘘であり、思考の元である。

2、知りたい、分かりたいと考えるのは、分離促進エネルギーにしかならない

3、あなたを決めるのはあなたしかいない。

inten

1、名前とは分離であり嘘であり、思考の元である。

例:名前を付けないと、物事は分けられない。試しに一切の言葉を使わなければ
昨日の出来事すら考えることはできない。起きたしたことも、寝る前の思いも、
説明できない。
例:「コーヒー」って名前は、コーヒーそのものではない。
飲めもしない、香ばしい香りもない。

 

2、分かりたいと考えるのは、分離促進エネルギーにしかならない

分かりたいとは字のまま。分けたい=名前をつけたい=嘘を作りたい(無意識の内に)、ことである。
だが嘘は本質へはたどり着けない。コーヒーという字を何度読んでもコーヒーは分からないが、
コーヒーを飲めばコーヒー自体にたどり着く。

分かりたいためには、思考するしかなく、思考とはまさに名前=嘘の積重ねにしかならない

 

3、あなたを決めるのはあなたしかいない。

理解の先に解決があるとあなたが決めれば、その通りに展開する。ただし、上で書いたように、
分かりたい、理解したいの先には、本質的解決はない。分離を増やすだけ。

たどり着きたいのが、あなたの望むゴールなら、【はじめからゴール】を【自分で決めればいい】
誰もその決定を覆すことはできない。あなた以外には。だから、自分に対して意識的であれ。
お昼ごはんに「近所のラーメン屋さんでお気に入りのラーメンを食べよう」と意図もしないのに、
気づいたら、そのラーメン屋さんの椅子に座っていた、なんてことはまずない。

 

というとこです。

 


たった3つであなたの世界が変わる方法


こんばんは。なるほどでです。

題名の通り、たった3つです。

1、今までの「癖」を止める

2、新しい「癖」を始める

3、続ける

「なんだ、自己啓発セミナーじゃん」って思った方、半分は」あってるかも知れません。

でも、これが出来れば、たった1回で『心底』出来れば、今までのあなたじゃ無くなります。

一番目。今までの「癖」を止める。

「私はこう思う。だから無理」

「友達がそう言ったから駄目だろう」

「最初は良いんだけど・・・」

1番めは、今までの「癖」を止める、です。

このフレーズを最近1週間で、3回使った(心の中も含めて)なら、まあ、今までの「癖」で生きてます。癖って無意識に染み付いたものです。だから、3回って意識出来るなら、まあその百倍くらいは似たような「癖」があなたの根っこで頑張ってます。

だからこそ、止める。簡単です、止めるだけですから。やってたことをしないだけ。長年の思考癖、感情癖が出てきたら「おっとっと。あっぶない」って踏みとどまればいいだけです。何回でても踏みとどまる。

雨が降ろうが、槍が降ろうが、ま、槍はまず振りませんが(笑)

2番目は、新しい「癖」を始める、です。もちろん、choiceです(笑)要するに、主体的に生きようってことです。

1番目の「癖」は結構根深いです。染み付いてます。だ・か・ら。あえて書きますが、日常の全部がいままでの「癖」の賜物です、って、仮に私が書いても、きちんと読み飛ばします(笑) つまり、気づきません。気づかないから、新しい「癖」を始めることすら難しい。

だからこそ、だからこそ。意識的に生きる、選択する、意図する、こう在りたいってハッキリする。でないと、今書いたように「癖」に流されます。

3番め。あなたが、相当な意図をもって始めても、すぐに「癖」、そう今まで癖は顔を出します。だから、続けて下さい。そう、新しい癖が身につくまで。選んだら、その結果を選んだからこその「今のあなたの世界」です。結果を選ぶ、主体的に生きる「癖」を付ける。癖を変える。

そうでなけりゃ、千変万化するこの世界でず~っと制御という剣を奮って生きるのもしんどいです。だから、自ら選んでください。あなたが望む結果を、結果を、選び続けてください。

継続すること。新しい「癖」になるまで。途中で止めない。中途半端はもう止め!です。

 


まず愛しちゃいましょう


まずは愛しちゃいましょう

「なんで私ばっかりに辛くあたんの~」

周りがなんか敵だらけに見えてもう勘弁なんて時もたまにはあるかも知れません。

また、そんな感じがず~っと続いている人もいるかもしれません。

しんどくて、自分にも嫌気がさしたりするかもしれませんが、そんなときこそ、【自分を思いっきり愛しちゃってください】

嫌なこと言われて凹んでも「(そんな自分も)愛してる」

大変なこと起きて「うう!」って時も「(そんな自分も)愛してる」

以前、私は周囲に認めて欲しくてほしくてたまりませんでした。

ある意味、認めてもらって「愛して」ほしかったのかもしれません。

その頃は、まあ、「自分に納得できなくて、そんな自分が嫌い」でした。

嫌いだから、嫌いな自分でも、よけいに「誰か認めてくれ~」って思ってたのかもしれませんね。

そんな時は、なぜだか世界は冷たい(冷たく感じた)って思ってました。

「俺、こんなしんどくて、大変なのに、なんで、またまた冷てえ~んだ!」ってすねたりして(笑)

で、ある時。

「まあ、周りからが無理なら、自分だけでも愛してみるか・・・自分のこと」

それから、しばらくは、もうそれは、愛しまくってましたw 自分のこと。

駄目だしはしない、駄目だししても(習慣で)、そんな自分も愛して愛して・・・

自分に大好きだよ~愛してるよ~って津軽、いえ、告げる。

そしてしばらくして(と言っても1週間かそこらですが)ある時気付きました。

「なんか、最近、私にぶつかってくるもの少ない・・・」
「なんか、優しくされること、助けてもらう事、都合よくいくこと、多いな・・・」

と同時に。

とっても穏やかなのと、「ムフフ」ってなぜだか分からないんですが、心の奥深いとこから嬉しいというか、満ち足りてるっていうか、そんな気持ちが湧いてくるようになりました。

自分を許して愛しまくっていたら、周りにいっぱい不満があると言っていた時と180度逆転!!みたいな感じで。

これにはちょっとびっくりしました。自分は世界ってホントウですよ~

それは自分を愛すれば、自分が愛ある存在であるって自身で許可したんだから、ちゃんと投影されますよ。

でも。

「そんなこと言われても、こんな自分なんか愛せるか~!!!」って方!

騙されたと思って、1日だけでいいから、「自分を愛しちゃって」ください。

ちなみに。

愛するのにお金はいりませんw =お金が不足しない

時間もさほどかかりませんw =時間が足りなくもならない

損するものもない。 =不足もしない

ようは、愛してみても、「何かが足りなくなる」ってことは決しておきません。

100%それは言えます。

じゃあ、なんで、愛しても「何かが足りなくなる」ってことが起きないか?

それは、愛が完全、愛が充足と同じ属性だから。

愛しても不足はない。むしろ、愛することで、完全、完璧、充足の属性に自然に意識を向けることになります。

だから、【とっても穏やかなで「ムフフ」ってなぜだか分からないんですが、心の奥深いとこから嬉しいというか、満ち足りてる】感じになるのは当然なんですよ~ 同じ属性ですから。

気持ちいいですよ~。愛するのって。

今この記事、よんだら、すぐに。

「この記事読んでる、私のこと、だ~い好き。愛してる。」

です。


心地良く!自分良く!


心地良くなる事って好きですか?

好きですよね~!

自分で「良いなあ~」って感じること、気持ち良いですか?

気持ち良いですよね~!



なのに。
一生懸命がんばって、、、、

【心地良く】なろう!としてませんか?

【良いなあー】っなろう!としてませんか?

私は随分と長い間、そうしてましたw

心地良くなる【なる】為に、何かする。
良いなあーに【なる】為に、何かする。

何かは要りませんよ~

心地良く、良いなあ~ってなるのに
【なんか条件っいるんだっけ?!】
って、自身に問いかけて下さい。

で。放って置く。

多分答えは【要らない!】です。

わざわざ、【心地良くなる為に何かする】って、『おかしくね?!』ってちょっと立ち止まってみると、見えるもの。

たくさんありますよ~

心地良く、良いなあ~

【自分良く!】がいの一番!


音楽そのものを味わおう


私自身はあまり音楽を好んで聴くほうじゃないんですが、ジャズは時々聴きます、って音楽の好みの話じゃあ、ありませんw

音楽も、料理も、様々なモノもそうですが、色んな性質やら属性、側面や特徴を持っています。

音楽なら、リズム、メロディ、曲調。
料理なら、見た目や味、食感なんかもありまね。「パリッとした食感がいいね~」なんて。

 

 

意識を向けて、これらひとつ一つの属性を味わうのも良いですね~
でも、もうひとつ、楽しみ方があるんですよ。

 

 

それは「そのものを味わう」です。

音楽なら、リズム、メロディ、曲調を同時に全部味わう。
料理なら、見た目や味、食感、さらに食器まで、全部同時に注意を向ける。

 

さらに行くなら、

【音楽】っていう、そのものをみる


【料理】っていう、そのものをみる、といった感じです。

私たちは、普段の生活で、案外と「そのもの」に意識を向けてません。

好きな彼女の「言動」だったり、嫌いな仕事の「量」だったり、テレビの「ストーリー」だったりと
それぞれの持つ、無数にある属性のひとつに、意識を向けて、【全体をそしてそれが、そのものだ】と認識してたりします。

それはそれで別に悪いことでもありません。
でも、「そのこと、対象、それ自体っていったい何?」って注意を向けると、きっと新しい発見が
あると思いますよ~

 

 

今まで見たり感じたり聞いたり、「そうだ」と信じ込んできたものが、ごろっとひっくり返ることすらあるかもしれません

嫌なことは本当に嫌なことなのか・・・
幸せって本当に頑張らないと手に入らないのか・・・・
望むものって本当は何なのか・・・

 

 

「それ自体っていったい何?」

 

そんなスタンスで、少し、あなたの内面を見てみると面白いと思いますよ~

あ!くれぐれも、「そのものをみる」時に、頑張らないように。気楽に気持ちよくがポイントですよ~

 


力を抜いてみては


まずは、力を抜いてみませんか。

頑張ることが悪いってことじゃないけど、いつも力を入れてるのも辛いもんです。

頑張らなきゃって、必ずしも必要じゃないです。むしろ邪魔になることもたくさんあります。

頑張ってリリースしなけりゃ!

頑張って気持ちを変えなきゃ!

頑張って関係を変えなきゃ!

でも、頑張って、頑張って、頑張って、疲れちゃってませんか?

頑張らなくても、案外うまくいきます。

「あれ!?こんなにうまく行っちゃって良いんだっけ?」

良いんです(笑)

うまく行っちゃって!うまくいくのが本当だから。

だから力を抜いてみてください。

力抜くと、

日頃は「たまらんな~」って感情も、「ふ~ん」って眺められるようになります。

日頃は、「もうなんとかせい!どうしたら良いんだ~」って思考も「ふ~ん」って
眺められるよう、目を向けられるようになりますよ~

私の場合・・・

【一生懸命】にメソッドやっていた頃は、
【一生懸命】に理解しようとしていたころは、

まあ。ホントに疲れましたw

ラクにやろうと思ってやっているのに何じゃこりゃって、今はわかりますけど、
【一生懸命】やってる時って、案外分からないもんですね~

そして、出てくるものに目を向けられるようになると、

それと同じように。

幸せにも目を向けられるようになりますよ~

簡単です。力をちょっと間抜いて、目を向けるだけですからw

どこでも、いつでもできます!

ぜひやってみてはどうですか?


出されたものは食べてみる!


私はあまり好き嫌いが無い方(と自分では思っています)です。なので、「だから野菜は嫌い」
とか「こんにゃくは舌ざわりがどうも・・・」とか、ほぼないです。

で、みなさんにもオススメなのは、日常にもこれを応用してみて下さい、ってメソッド?です。

「あの上司!帰り間際に仕事を言いやがって」とか
「彼氏が振り向いてくれない・・・はあ~・・・」とか
「友達、欲しい!」」とか
「こんな生活、嫌だ~~~~」とか、生きてると、まあ、色んなモノ、コトが「出される」わけです。

目の前に、自分の中に。

その時、拒否しない。「アレは好き」「こっちは嫌い」ってしない。まあ、何か云うならば、
「そうだね」
「出たな」
「ま、いっか」

拒否しない、出たのを認めるとこから始めてみる。

記事の題名のように、出たものはまず食べてみる。

そして、出来れば残さず食べる=出た思考や感情と向き合う=出た思考や感情を認める、です。

あなたには専属のシェフがいて、あなたの状態をあなた以上にみていて、その時、その時でふさわしいな、と思うもの(思考や感情)を用意して出します。もうそれはプロフェッショナルな仕事です。

目の前、自身の中に湧いてくるものは、そのプロフェッショナル・シェフの仕事です。
無駄がありません。だから、残さず食べてみてはどうですか?今までは、「ダメだ。食えん!」と皿を押しやっていたかもしれませんが、まずは箸を付ける。フォークで一口食べてみる。

そこからでもいいです。
出たものは認める。はじめの一歩は案外簡単で、そして一歩歩きだせれば、二歩目はもっと簡単です。

出たものは食べる。お試しを。