作成者別アーカイブ: wpmaster

なぜだか辛すぎて食べられないカレーをいつも作るあなたへ

■肉じゃがにするかカレーにするか

肉、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎで作る料理は?なんですか?と聞かれたらあなたは、なにを想像しますか?

目の前に、肉、ジャガイモ、ニンジン、そして玉ねぎがあります。時は、夕方。あなたは、家族の晩御飯作りを任されました。
腹を空かせた家族の顔を思い浮かべながら、あなたは・・・・

「肉じゃがにするか、カレーにするか」と頭を悩ませています。

「甘しょっぱい肉じゃがも、香り高いカレーもどちらもすてがたい・・」なんて悩んでいたのもつかの間、あなたは手を動かし始めました・・・・

 

■あなたはどっち派

醤油にお砂糖、酒で作る肉じゃがは、ほっこり和みます。なんかわけもなくほっとして
時には幸せ気分になれたりもします。

一方で、カレー。香りと辛みの合わせ技は最高の組み合わせです。でも、刺激的過ぎて、
そう、辛すぎて、涙さえ流すこともあるかもしれません。

材料を見れば、どっちを作ってもいいわけです。なのに、なぜだか、あなたは【辛すぎて
刺激の強いカレー】を【作っちゃい】ます。気づくと、様々なスパイスに手が伸びます。

毎回、毎回、辛すぎて食べられないのに、【なぜだか分かりませんが】キッチンの棚にも、
いつでも取り出しやすいようにスパイスがぎっしり並んでます。本当は、ほっこり肉じゃがが
作りたいのに・・・・・

今日もまた、【辛すぎて刺激の強い、時に、作った自分さえ食べるのを悩むカレー】を
目の前に出現させました。

カレーを作ることも、肉じゃがを作ることも、出来るのに、【辛すぎて刺激の強い、時に、
作った自分さえ食べるのを悩むカレー】を作るあなた・・・

 

■決まっていないものを決めたのは

本来決まっていない【料理】を、材料を見ただけで【勝手に】に決めて料理しだしたのがエゴシステムの技です。匠の技です。

【なぜだか分かりませんが】、作った本人さえ食べることを【悩む】料理を作るエゴシステム。

このエゴシステムを強化しているのが「そういうもんだろ!」って【認識】です。
認識って書くとなんだか難しい感じがしますが、別にそんなことはありません。

例えば、街中の川の流れを見て、公害問題を気にする人も
いれば、好きな絵の題材にする人もいます。【川ってものがその人の中で<どういうもの>か?】
ってことが、認識です。

あなたが決めたんじゃありません。辛すぎて食べられない、悩み多き【カレー=現実】を作ることを。
決めたのは【認識】と【エゴシステム】の複合技です。

でも、いつも、辛すぎて食べられない悩み多きカレーを作っていることには気づくといいです。
いつもカレーじゃなくて、肉じゃがも作れるってことに気づく。【認識=そういうもんだろ!】を
無意識に使わない。

エゴシステムの主力機能である思考に身を任せない。エゴシステムの【オススメ料理】を受け入れる
必要はもうない、ってことです。

あったかくて、ほっこりしていて、甘くてしょっぱい、ご飯によく合う、肉じゃがを創る!
って、宣言してください。

 

この記事には続きがあります。読者特典記事として公開してます。

特典■優柔不断メソッド、です。ぜひどうぞよろしくお願いします。

無条件選択

■幸せも安心も探さなくて大丈夫・・・・

と書くと、おおむね、2つのパターンに反応が分かれるかと思います。

パターン1:そんなことあるかい!今のどこが幸せだよ!!=外側追求型

パターン2:頭ではそれは分かってる・・・でも・・・  =外側主導型

 

パターン1ですが。

 

何かを手にしないと幸せじゃない!だから、手に入れるまでは【私は幸せではない】
ってハッキリと、しっかりと、自分に、ちゃんと言い聞かせてる、そんなパターンです。

このパターンは、幸せ=得る ことって根っこがパターンのメインです。だから、【手に入れるために
どうするか】が重要です。

外側をどうにかしない間は【私は幸せではない】って言ってるので、幸せも安心も探さなくて大丈夫って
記事に、そんなことあるかい!今のどこが幸せだよ!!ってなります。

さて、「わたしはいっつも不幸せなんだよね~」って言ってるあなたの友達がいたとします。
その友達をみて【あいつ、あの子は幸せ満載だよね~】って思うでしょうか?

まあ、思いませんよね。だって自分で幸せじゃないって【宣言してる】んだから。

なので。手に入れるまでは幸せに<決して>なれません。自分でそう【選んでますから】

 

パターン2です。

【頭では分かってる・・・でもそう言っても、目の前のこれが】

【頭では分かってる・・・でもそう言っても、例のあれが】

って、どうしても、目の前、外の世界、にひきづられ、【やっぱり、ダメだ】ってなってしまう
パターン、ですね。

うん、うん、そう!!そう!ってセミナーや、書籍で上がっても、3日くらい経つと、元に戻ってしまう。

「あれ!?確か、分かってたはずなに・・・やっぱり、悩んじゃう、思考に負ける~」ってなるパターン
です。

 

■実は自身で選んでる

このパターン1とパターン2、ちょっと見には違うように感じますが、実は同じです。

どちらも、自身で選んでるって点で。

片や、手に入れるまでは【私は幸せではない】

片や、外にひきづられて【やっぱり、ダメだ】

 

どっちも原因は、自分以外のとこにあり、それに影響されるから、<どうせ>ってなっているって
ことについて【そうだ!その通り】って認識でいる点で同じです。

ここに気づくかどうかは、意外に難しいかもしれません。なぜなら、エゴシステムが気づくのを
阻むからです。

馬鹿になって受け入れられば上手くいく、なんて言いますが、<幸せも安心も探さなくて大丈夫・・・
へ~そうなんだ~ >って、すんなりいくと、いい感じに本当になります。

実はこれも同じなんです。

<幸せも安心も探さなくて大丈夫・・・そう!その通り!>って、自身で選んでます。

たったそれだけです。

 

■エゴシステムの必死 vs あなたの立ち位置

エゴシステムは生き残り、それだけが目的です。だから、必死です。あなたに気づいてもらっちゃあ、
困ります。

そのままで、幸せなんだ、とか、安心なんか探さなくていいんだ!なんて、あなたが気づこうもんなら、
ましてや、それを【選ぼう】もんなら、猛烈に邪魔します。

あなたが、白旗を挙げて【今まで通りのパターン】を継続するまでは、必死な活動が続きます。

でも、あなたは【選べます】

ようくようく、ようく、以下のことをしみじみとかみしめてみてください。ただし気楽にです。
気楽さがなくなると、エゴシステムが優位になります。

 

  ☆幸せも安心も探さなくて大丈夫、ってことを【選ぶだけ】なら、何か条件が必要ですか?☆

ってことです。

ようくようく、ようく、しみじみとかみしめてみてください。

【選ぶ】ってこと自体、その立ち位置に立つのを【選ぶ】こと自体には、何の不都合もないはずです。

立った上で、何か手に入れたければ、手にいれることすればいいし、

その立ち位置に立ってから、やっぱり【だめか】ってしてもいい。

 

何かの条件を付けなくても、立ち位置は変えられます。あなたが【そうするかしないか】
選ぶだけ。

 

気楽に、でも、ようくようく、ようく、しみじみとかみしめてみてください。

立ち位置に立つのを【選ぶ】ことには【条件は要らない】はずです。

 

エゴシステムが働くか働かないか、その邪魔は関係ないはずです。今まで得たものもいきなり失いはしません。

 

 

repeat リピート

しばらくぶりの記事更新です。すっかり秋めいてきましたが。みなさんは、どう過ごしてますか。なるほどです。

さて、サイトで一番読まれている記事の超大事な補足です。ちょっと耳の痛いとこもあるかもしれませんが、そう読めるのはあなたのせいではありません。エゴシステムのせいです。(エゴシステムとは

記事の中で「こうしたらいいですよ!」的記事もそれなりの数があります。
それに応じた、ありがちな、ほぼ「このパターンしかない!」って流れを以下に
書きます。

続きを読む

あ~面白!アレ?!

ツイッター、面白!

アタマのお喋り!、面白!

アレとこれも面白い!次は、え~と、次は何だっけ?

その時は、まあ気付かない!

めくるめく、言葉と名前のマジックストーリー!

そうそう、それでね!という無意識の反応ストーリー!

だから、【その時】の事はてんで知らない。脳内を滑る物語!

そして。いっときの愉しさ?と引き換えに大切な本当が逃げてく!

自身の中、止まってるだけで、簡単にみえる場は、相当に、単純に、シンプルで気持ち良い!

ここはツッコミどころじゃないやろ!

思考ってものは、ある意味面白いです。

ちょっと考えてみてください。

全員とは言えませんが、多くの方が悩みや問題で
アタマを抱えていたりします。そんな時に、アタマの中では「ああ~あの時こうすれば
よかった・・・次は・・・あれやってもマズイんじゃないか、でもこっちなら・・・
でも、色々やらなきゃ、え~とえっと・・・キ~・・・・・!!!!」ってなったり
することもあるのでは。

さて。

なんとか今を変えたくてアレコレと考えてアレコレと動いているわけです。
もちろん自分のために。もちろん、思考は自分の役に立つ!と思っているからこそ、
悩むんですが。

それなのに、思考って奴は、自分で自分にダメ出ししちゃう。

「ああ~あの時こうすればよかった・・・次は・・・あれやってもマズイんじゃないか、
でもこっちなら・・・でも、色々やらなきゃ、え~とえっと・・・」

「キ~・・・・・!!!!」って具合に。

ここはツッコミどころじゃないやろ!って言えればいいのですが、多くの場合は
凹んじゃいます。

でも、私たちは、それでも、この思考におんぶ抱っこになりがちです。

まずはここに意識的になるといいです。

【ここはツッコミどころじゃないやろ!】って時々言ってみてください。

結構、思考は止みますかから。

 

言葉で作る世界

あなたの目の前の世界には、様々な事が起きます。中には『そんな事、普通しないでしょ?!』なんてことも沢山あります。

でも、わたし達自身も、『そんな事、普通しないでしょ?!』なんて事を案外やってたりします。

思考ってやつは、勝手に湧いてきます。時も場所も選びません。これってどういうことでしょう?

普通、思考は、『あたかも自分自身の役に立つために湧く』なんて、思い込んでます。そして、勝手に湧いてくる。

すると、どうなるか?後々振り返ると、『普通そんな事しないでしょ!?』ってことも、勝手に湧いて、自分自身の役に立つなんて、無意識に受け入れちゃってるので、思考に引きづられちゃう。そして、その思考をベースに動いちゃう!

アタマの中にしかない、感覚すらさほど伴わない、言葉をベースにした思考に一体化して行動する。

このブログでも何度も書いてますが、思考の元は言葉です。言葉は本質、本当を示し切れません。つまり、不十分ってことです。

嘘っぱちって言ってもいいくらいです。更に、時も場所も構わず、勝手に出て来る。なのに、不思議に、信じちゃう。

その上に、分からない事を、知ってる言葉で現そうとする思考。つまり、分からない事を『嘘っぱち』で表現しようとするのとさほど変わりません。

嘘っぱちをベースに行動するんですが、勝手に次の思考が湧くので流される。

思考にはブレーキがありません。だから、思考が動き出してるのに気付いたら、

■時も場所も構わず、勝手に出てるのに、信頼出来んの?

■本当、本質を現しても無いのに、従って良いの?

ブレーキをちょっと踏む癖はあってもイイです。

『そんな事したら、行動出来ないじゃん!』って思った方。行動は『思い』を『切』らないと出来ないです。逆です。

気合を抜け!~根性じゃないぞ~

一昔、ふた昔前なら、いわゆる、(いわゆるですからね、)体育会系では、

気合入れろ~

根性だぞ~

なんてやっていたとこも結構あったでしょう。会社なんかでも、あったかも知れません(今もあるかw)

 

さて。このブログを読んでる方は、かなり真面目で頑張り屋さん、でもあります。

何とかして、自分を、自分の環境をもっと変えたい、良くしたい。上の例なら、コーチや監督の「気合入れろ~根性だぞ~」って声に、「はい!!行きます!!」みたいに答えちゃうタイプ、かも知れません。

でも。逆です。

気合?要りません。根性?どこの話ですか?どっちかと言えば、ぼさっとしてる、気楽にしてる、そっちです。(頑張るな、って意味じゃないです。好きにはしていいんです)

頑張る、根性、一生懸命、何とかする、考える、歯を食いしばる・・・これは、川の上流に向かってオール漕ぐ感じです。(もう一度書きますが、上流にオール漕ぐなって話じゃありません。漕ぎゃ疲れるよって話です)

頑張る、何とかする、アレコレ考えるの前には、隠れた◯◯があります。これは、あなたが望む◯◯です。この◯◯を手にするには、頑張らないと、何とか行動しないと、考えないと、って目には見えないが、確実な前提があります。

ですが、ここ!! 不思議なことに、「どうして、頑張り、行動し、考える」ことで、◯◯に到達出来るって、私たちは思うのでしょうか。ひょっとしたら、それは、川の上流に◯◯があるって信じてるからかもしれません。

でも、川の下流に◯◯が実はあったとしたら・・・・気合入れろ~ 頑張れ~ 何とかしろ~ 根性だぞ~ アレコレ考えろ~って上流に向けてオールで漕ぐのは、疲れるだけですね。

いっぺんくらい、

気合入れ「無い」で

頑張ら「無い」で

何とかし「無い」で

根性「無し」で

アレコレ考え「無い」で

いても面白いように思います。

どうですか?