心地良さが実現の鍵!

この記事は【心地よさと自然さが想いを形にする最大ポイント!】ってことを簡潔に書いた記事です。

■なんで気持ち良いのか考えろ!

■「そうなるべくしてそうなった」

■ノリの良さを後押しするのが心地よさ

■なんで気持ち良いのか考えろ!

こんな当たり前のことに私は長い間気づかずにいました。あ〜〜勿体無い!って感じです。いいでしょうか。何かをしたりする時、いろんな気持ちになっていると思います。いい感じ、あんまり乗り気でない・・・この時に、気持ちよくいい感じで動ける、始められる時があるはずです。

ところで。

なんで気持ちよくいけるのか?どうして心地良いのか?考えたことはありますか?

私は前述の通り、ず〜っと考えたことありませんでした。あなたはどうですか? あれこれとこの「理由」について探っていったら、分かった!ってなりました。

それは。

行う、考えを採用する、動く・・なんでもいいんですが「あなたが採用した何かが【本来にあっている】なら、心地良い」ってことです。

本来ってのは「そうなるべくしてそうなる、デフォルト、既定、当たり前」なんてやつです。あなただけの【本来】ってのはもちろんあるんですが、多くの人に共通する【本来】は・・・

変化 拡大 幸せ 進化 あたりです。

逆に言えば、今にとどまらない、今まで同じことを繰り返さない とも言えます。

■「そうなるべくしてそうなった」

眼の前の世界みてください。実に目まぐるしく動いています。止まっているものはない。そして、刺激的だし様々なものが溢れています。そういう世界であなたが「私は過去の延長でいいや。今まで通りでいい。このままでいい。同じ考え方でいい」って試しに1年くらいいてみてください。

それはストレスにさらされますから。まちがいないです。変化 拡大 幸せ 進化は、既定値。この世界のあなたの既定値。過去に縛られず前をみていく。そうしたらうまく生きます。

単純に、ずっと止まっていようとしていてください。仕事・感情・友人関係・収入など一切変えないそのままでいようとしてください。さっき書いたように、めちゃくちゃエネルギー使ってストレス溜まりますから。

■ノリの良さを後押しするのが心地よさ

私はノリが良いほうです。会社員だったころも宴会で盛り上がらないと、自分でボケて突っ込むという関西のような(関西のかた、そうでなければすみません)ノリでした。とりあえず、やる。すぐやる。

これは最強です。何度も書いてますが、あなたが想いを形にした瞬間は【絶対に停止しておらず動きがあり】ます。状況が動いたからこそ、想いが形になったわけです。当たり前、超当たり前です。

考えずに動けばいいんです。考えたってどうともなりません。むしろブレーキです。ノリで動く。その時に。心地よさを、さらに大事にする。いい気持ちのほうへ動く。

大丈夫。心地よさがあるなら、ノリで動いた方は「本来からズレてませんから」

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。