世界一簡単!あなたの認識を知る方法

この記事は認識変更するために、必ず必要な「あなたがどんな認識を持っているのか」を世界一簡単に知る方法を書いています。■あなたは何が嫌いですか。■あなたは何がしたいですか。

■あなたは何が嫌いですか

簡単です。以下のリストに従って書くだけです。最低10個は書きましょう。

・あなたは何が嫌いですか? それはなぜですか?

とにかく10個書いてください。ちゃんと手書きで時間を取って。

 

 

嫌い!ってことは「嫌いの対象」があるってことです。つまり「嫌い」を認識してます。ちょっと考えてほしいんですが、「あなたが嫌いなことは、万人が嫌いってわけでは決してない」ってことです。

そして、嫌いになるには、理由があるはずです。それは下記のようになってます。

◯◯が嫌いなのは、▲▲が、xxだからだ。  いいでしょうか?認識変更の根っこは「全、一、既にそうである」ってことを腑に落とすことです。だから、「◯◯」「▲▲」「xx」だの言ってる間は、認識変更出来ません。◯◯だとか▲▲なんていうためには【分離】が必要なんです。

全てしかないのに、ぜんぶが1つなのに、「◯◯」「▲▲」「xx」なんて出てくる時点で、認識変更、つまり「全、一、既にそうである」なんてつかんでいない、ってことです。

「そんな、自分が認識変更してないなんて分かってるよ!!認識変更の方法を教えろ!」っていうかも知れません。でも、大事なんです。

あなたは「分離してるのなんて分かってるよ。それに、アタマでは認識変更の理屈だって分かってるさ」っていうでしょう?そして、「何もしない=エゴシステムに何もさせてもらえない=従来の認識をそのまま使う」

だから、認識変更出来ません。

そりゃそうです。

実は、あなたは認識変更してないどころか、本当は分離してる、つまり、「◯◯」「▲▲」「xx」だの言ってることすら気づいてません。そして、その分離=エゴシステムの言うなり、のまま生きてます。エゴシステムのままに。エゴシステムは分離です。

自分が分離そのものだ、ってことに気づいていない=アタマで「分かってるよって言ってる状態」のことです。

「分離を自ら選んでるのに、私は全、一、既にあるになりたい、って言ってるのか・・・・・」

最初の一歩目は、このことを知ることです。だから「10個嫌いなことを書いて、その理由も」って言ってます。

 

■あなたは何がしたいですか。

同じように、10個書いてください。でも出来ない理由も書いてください。書くと分かります。多分、下のように書いてます。

・私は好きな服を思いっきり買いたい でも、お金が不足してそれが出来ない。

つまり。〜〜たい。でも、□□がないので、出来ない。大事なのは、文章の後半です。「□□がないので」のとこです。

なぜ、そこが大事か。上の項と同じ理由です。

あなたは認識変更したい。そして認識変更とは「全、一、既にそうである」ことを腑に落とすことです。でも、ちょっと考えてみてください。あなたが全てであるなら、「〜が無い」ってことは成り立ちません。だって全部なんだから。無いなんて、あり得ないのは、スグ理解できますよね。無いは「分離」の仲間ですから。全・一に「無い」は合いません。

にも、かかわらず。

あなたは、「したい」ことを想う時に、【必ず】【無意識に】【分離の産物である】【無い】ってことに【はっきり意識を向けてます。】

無いから、したい。

無いから、ほしい。

無いから、ナイから、無い、ない、・・・・・・

ほら!上と同じ構造です。あなたは認識変更=全で一で、在る、はずなのに「無い、無い」ってずっと無意識に言い続けて、そこに重点を当てています。

だから!

何がしたいのか、10個書いて、それが出来ない理由をあえて書いて、「自分が分離のど真ん中=全・一の真逆=認識変更の反対」に今はいるってことを、はっきり掴んでほしいんです。

 

カーナビですら、現在地がわからなければ行き先までの最適ルートは表示しようがありません。

 

まず、うえの2つの■のアクションを手を動かしてやってください、と書いても、恐らくは(笑)、あなたは「何もしない」か「何もしないでまたサイトめぐりするか」が9割りくらい(笑)ですか。

そして、3日後にまたこのサイトに来て新しい情報がないか探している・・・もうそろそろいい加減止めましょう。

手を動かして、今までと同じことを続けるのは止めましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。