これなら出来る! 一言発信のススメ

この記事は「自分を発信するところからやってみよう」という記事です。

◾️読み取り専用メモリになって何年立ちますか

◾️一言発してみる

◾️発信はじきにACTへ

◾️読み取り専用メモリになって何年立ちますか

本は結構読む、人の話もよく聞く、自分よりまず周囲を気にする。受け入れて聞いて中に取り込むことに時間を使う、のは得意。

コンピュータには読み書きが出来るメモリと読み込むだけのものがあります。

読み込む、読み込んでるときは、「なんか新しい刺激的な感じ!なんてなったりもしますが、3日もたつと、前と変わらないような。。。なんか肩透かしを食らった感じで。自分でも変な気がします。

あなたは 読み取り専用メモリになってどれくらいになりますか?職場では結構発信することもあるけど、パーソナル、自分の時間では、ほとんどが「読み取り専用」になってませんか?

◾️一言発してみる

発する場面は何でもいいです。ふと目にした雑誌のコラムでも、テレビのコマーシャルでも何でもいいので、一言、発する。

レジの店員さんでもいいです。一言だけ、発する。「ありがとう」でも「頂いてきます」でも。

やってみたらわかりますが、案外出来ません。

まあ、やってみてください。心の中で発する言葉は物凄く多いです。でもそれらは結構流れます。自分の深いところに。だから、意識できない。なので、ほとんど 読み取り専用と変わりません。

そして、いざ発信しようとする、意外に言葉が浮かばないはずです。

あまりに「たった一言発するのが難しい」事に気付いて愕然とするかもです。

「え?! 出てこない!!!」

◾️発信はじきにACTへ

何で「たった一言でいいから発信しよう!」って勧めているかといえば、発信したら、あなたはもっと変われるから。

そして変わる先には、輝くとか、自分のことを気にいるとかがあって、そういうことは案外気持ちいいもんだ、としって欲しいから。

自分のことを発信する、はじめはレジの店員さんや、テレビ画面へかも知れませんが、その内に、生身の人にも発信したくなります。そう、「関わりを、自分って発信を通した関わり」を持ちたくなります。

Switch では、活動(行動とはちょっと違います)を進めてますが、本当は動いちゃう、直に世界と関わっちゃう方がグイグイと物事が進んで面白いんですが、中々一歩めを踏み出せない人もいる。

なので、まず発信して自分の事を外に出す。

読み取り専用メモリであることをやめてみる。

そうすると、色んな事へ「自分って発信」を「関わらせたくなってきます」

そうなると、あなたの世界は変化→輝く、面白くなる方向へ転がっていくこと請け合いです。

で、もっと転がしたい、楽しくやっていきたい、でも、自分でどうしたらいいか分からないなら、Lifeswitchセッションをどうぞ。11月半ばくらいからなら、1枠ほどいけるかもしれません。予約は、こちらから

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。