【MIKATA】同じ次元で問題は解けない

アインシュタイン『同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という。』

つまり、今まで持っているものを何回使おうが、答えにはたどり着けない、って意味です。

全くそうだと、思います。

あなたが、見方を変えず、考え方を変えず、認識を変えず、動かず、それでいて、何かを望むなら、それ!おっかしいでしょ!って、アインシュタインは言ってます。

本を読むのもサイトで情報収集するもいいのですが、【その後、変えない】なら結果は同じです。

じゃあ、どうしたら、収集した情報を活かせるのか、って言えば。

まずは、疑うこと!

何を疑うと言えば、もちろん、あなた自身の【見方、考え方、認識】です。何も難しいこと言ってるわけでなく、「私のこの考え方は今まで通りじゃないのか」「この判断は前と変わっているのか」って、いう立場を取る、だけです。

認識を変えることも、想いを形化するのも、同じで、【自分は繰り返し、同じことやってるだけでは?】って、スタンスなら、自身と距離を取る、ことが出来ます。

疑うことから、変える、変わるきっかけが生まれます。

そして、次にするのは。

する!こと。活動、ってことです。

出来るだけ、新しいこと、新しく体験知を得られることの方が面白いです!

ただし、する事、してる事が【今まで通り】ならこれまたおっかしいでしょ!です。アインシュタインの言葉を思い出してください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。