やってみたら!

LifeSwitch系の記事です。最後まで読んだほうがお得です(笑)

■エクスポネンシャルな時代

エクスポネンシャル、私のマイブームです(笑)この図のカーブ、これがエクスポネンシャル、指数関数ですね。

問題です。

電話xラジコンxデジタルカメラxネットワークxヘリコプター、これは何でしょう?簡単すぎですね。答えは、そう、ドローンです。

数年前には「ラジコンのオモチャヘリでしょ?(笑)」って位でした。でも平昌オリンピックの開会式でドローンによる演出があったのはまだ記憶に新しいと思います。わたしなんかテレビの前で「おお!」なんてなってました。

ちなみに下がgoogleトレンドの結果です。ガツンと上がってから下がっているのはドローンが世に知られたから、要は、普通になっていった。だから、検索の人気度が落ち着いたってことです。

何が云いたいのか。

ひとつ、ひとつは、ありふれた、ごくそこら辺にある「当たり前で自然過ぎて、どうってことないもの」でも、組み合わさると大きな変化、指数関数的に変化するってことです。

そして、もうひとつ、この図で気づいて欲しいのは、こうした変化は「潜伏」してるってことです。この潜伏中は、エゴシステムには、将来の大きな変化を、まずキャッチ出来ません。これは、あなたの変化にも当てはまります。何も時代の話しじゃありません。グラフでいうと、直線の下に、あるカーブですね。

 

■変化の坂は大きく面白い

この図の通り、エクスポネンシャルな変化は、ギュン!と上がります。小さな、ニュースにもならない、あなたの中でも起きてる小さな変化は、あるポイントからぐいっと上がります。それは、並べて書いてるある直線的変化とは違います。「思いよらない」変わり方をします。思いもよらないとは「エゴシステムの思考によらない」ってこと。「思考に拠らない」「考えつかない」ってことです。

変化が面白く大きすぎて、エゴシステムの直線の上から遥か上を見るイメージです。(この直線に乗って上を見上げると遥か彼方に緑の線が見えるイメージですね)

大きく、面白く変化する。

この思いがけないっていうのは楽しかったします。映画でも小説でも落ちやストーリーが見えないものは、ドキドキ・ワクワクします。TDRやUSJが面白いのは飽きないのは「なんか起きそうだ、分からんけど」ってなっているから。それは、人生でも同じです。

こう書くと「嫌なことだって予想外で起きそうだ」って方も大抵います、そのために、何度も書いています。

ベースを<快>にしよう!と。

 

■坂を登るエンジンは【快・当たり前】

坂を登るのがキツイのはそれが「やらせれ感、仕方無さ感が満載だから」

誰もが、好きなこと、楽しいことは夢中になって時間を忘れてやります。当たり前で、自然ですね。そう、楽しい、心地良い、気持ち良い、当たり前、自然なことは、「やってしまう」

エクスポネンシャルな坂も、ジェットコースターの上り坂みたいにワクワクします。しかも、自分で登りたくて楽しくてやってるから全然大変じゃない。好きに登れます、上がれます。

 

■叶った時は「考えて迷ってない」

何かが形になった時をちょっと想像してください。いいですか、今、あなたの想いは形になりました。想像しましたか?では質問です。

★あなたは今考えて迷っていますか?

どうですか?夢は、想いは叶った、形になった。その瞬間に今、あなたはいます。その今!あなたは「考えて迷ってますか」何もせず、苦しく、なっていますか?どっちですか?

答えはスグ分かります。そう、「考えてもいないし、迷ってもいないし、その少し前に、あなたは何か動いていた」はずです。これは、100%言える。

このことをようく、ようく、何度も思い返してほしいんです。

肉体があって時間の経過を感じるこの世界で「何もせず一瞬して願いや想いが、ポンと目の前に出てきてる!」なんてことはありません。※1

形になる前に、あなたは「考えてもいないし、迷ってもいないし、その少し前に、あなたは何か動いていた」んです。

なら。ホンネ、本当、あなたの根っこをはっきりして、「動いちゃいませんか」っていうのが私の提案です。

 

■ブレークポイントを過ぎるとエネルギーがかかり過ぎる。

ここでもう一度あの図です。

★のとこみてください。★までは、エクスポネンシャルカーブは「潜伏」しています。エゴシステムであるあなたも気づきにくい。今までの直線的思考が上にあるから「前もこうだったから次もこうだ」ってなっていますから。

ですが、これは、★、ブレークポイントまで。

ここを越えると、エクスポネンシャルカーブは急激に上昇します。快x気持ちよさx自然xホンネの指数関数的掛け算の勢いで急変化します。それは面白い位です。私がそうでした。※2そして今はもっと加速してる。

さて、このブレークポイントを過ぎると、直線的思考、つまりエゴシステムから見ると、エクスポネンシャルカーブに追いつくには、ものすごいエネルギーが要ります。なぜなら、過去を引き釣りながら、ロケットを上昇させるのはモノすごいパワーがいるからです。グラフみれば想像はつきますね。

 

■なら、指数関数の掛け算エンジンでやってしまおう。

それでも、ここまで書いてもエゴシステムは抵抗します。

「そんなこと言ったって」「どうせ」「やっぱり・・・」まあ、どれも、直線的思考、関連付け、思考ですね。

それがエゴシステムの役割ですから。

そのエゴシステムも巻き込んでカーブに乗るには、ひとつのエンジンでは足りない。たくさんあると、冒頭に書いたように、ひとつひとつ「何気なく感じるもの」ものも、沢山掛ける、xすれば、指数関数ですから、倍々で大きくなります。1つより2つ、2つより3つです。

快も大事、心地よさも良い、自然でニュートラルも大切、当たり前なこともよし!そして、ホンネにはこれらが皆含まれます。だから、ホンネ、ホンネうるさく書いてます(笑)

掛け算エンジンで、エクスポネンシャルに、あなたも変わってください。人生は楽しいです。行けます。

 

※1

>肉体があって時間の経過を感じるこの世界で「何もせず一瞬して願いや想いが、ポンと目の前に出てきてる!」なんてことはありません。

ですが、わたしのあくまでも認識ですが。エゴシステム外、つまり思考の外では、想いはその瞬間に形になっている感じです。そう設定しないとおかしい体験が過去何度もありました。思考では納得できないけど、体験がそうだから仕方ないですね。

※2 

>快x気持ちよさx自然xホンネの指数関数的掛け算の勢いで急変化します。それは面白い位です。私がそうでした。※2

今の仕事というか、活動、経営コンサルとITコンサルやる直前、今から2ヶ月ちょい前、つまり会社を辞める直前。このLifeSwitchをもっと効果性を高め標準化したい想いで一杯でした。そして、自分でも検証した。鍵は「実は、わたし達は、何気なく毎日、実に多くのことを形にしてる」ってことです。

もうこの形の数は多すぎて、自然過ぎて。まったく意識に登りません。それほど多い。

形にならない想いと、形になる想いの差は何だろう。ゼロベースで探りました。

でた答えは「自然、当たり前、心地よさ、快、穏やか、好き、楽しいなどのものは、形になる」でした。

じゃあ、やってみよう!と、自分のホンネを探った結果、今があります。急激な変化です。

数値化したいとこですが(例えば、自然さ65%x当たり前70%なら、どれくらい形になるのか、ってことです)、「内」を数値化するのは難儀で、未だ出来てません。

でも、例え、エゴシステムには理解出来なくても、自然X当たり前X心地よさX快X穏やか・・・と重ねるほど、普段もそうで「自然にいる」ことで、形になります。ぜひあなたも検証してみてください。

「いや、めんどくさいな〜」って方は、セッションをどうぞ!ちゃんと伝えます。9月は2枠まだあります。案内と予約はこちら。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。