必見!記事の読み方で、認識変更へ!

■読んでるいるのは自分の過去

今日の記事はちょっといつもと違うとこから。毎日たくさんの方がこのサイトに来て頂いています。新しい方も、何度も来ていただける方もいます。

「読んでも私変わらない」「俺の場合、当てはまんのか」「つまりどういうこと」など、それぞれの方にとって読んだ結果は違うと思います。

そこで今日は、記事を読むという視点からの記事です。

「読んでも私変わらない」「俺の場合、当てはまんのか」という方も多いと思います。それはぶっちゃけ「あなたは記事は読んでません」というか「そのまま読むことが難しい」です。

何のことか。

あなたにはエゴシステムがしっかりついています。

エゴシステムが働かないのは寝てる時や夢中になってる時位です。ですから、この記事読んでいる時もエゴシステムが働いています。さて、エゴシステムについては嫌になるほど記事にしていますが、簡単に言えば「自動過去照合分析判断システム」です。

簡単じゃないですね(笑)要は、何をするのも、今までと照らしあわせて、過去の線上に未来を置く、ってものです。

あなたは、「私が書いた記事」を「私の言葉」として、受け入れようと思っています。役立てよう、見つけようとしています。でも、それが難しい。なぜなら、「自動過去照合分析判断システム」が、記事を見た瞬間に、あなたの過去と照らし合わせるからです。

<世界とは自分そのものです>と読んでも、この身体と世界なんかどこがつながってんだ!?

これは、「今まで、自分とは肉体があって話し考え感じるものだ」という「過去」があり、記事を読んでも、それと照合して「違うだろ〜!!」ってなります。結果として、記事を「目に映す」だけになります。読んだのは記事ではなく「あなたの過去データ」です。

記事を読んでいない、というのはことのことです。

ここに気づかないと、本を読もうがサイト見ようが同じです。セミナーで話しを聴いても同じです。3日間位は「いいな〜」ってなる。それは、エゴシステムがその間麻痺してるから(笑)3日も経てばエゴシステムが復活、元に戻ります。

どうですか?

 

■まず、あなたの今までの認識をはっきりしよう

その上で、MindSwitchの記事、カテゴリーがMindSwitchのものについて、ポイントを書きます。ポイントはたった1つ。この1つの流れからあらかた説明がつくし、日常も当てはまります。それは・・・

認識変更とは、「名付け→分離→比較→差の確認→判断→決定。日常ではこの流れの過去の蓄積と照らし合わせる、活動をしなくなること」です。

では、この流れをゴールから逆上がりしてみます。

あなたには不安や不満があります。それはなぜ生まれましたか?今回はお金についてやってみます。

お金が足りない。

なぜ。

そう!足りないと決めたから。

なぜ。

通帳にほとんど無いし日常でも使えないから「足りない」と判断した。

なぜ。

お金を多く持っているヒトの通帳より、私のほうが少ないから。

なぜ。

お金を多く持っているヒトと比べたから。

なぜ。

お金を持ってるヒトと、私と、別べつに居るから。分かれてるから。

なぜ。

お金持ち、と、私と、分けたから。

どうやって?

「お金持ち」と「私」と、名前を付けたから。

 

ハイ!おしまい!です。さて最後の1文だけ見てください。いいですか?最後だけ。

 

■「お金持ち」と「私」 ここに不足はありますか?

ありません。お金持ちと私がいるだけです。でも普段はここで止まらない。どうなるか?今上で書いたプロセスを猛スピードで、いつも通りに順につなげるから。

「お金持ち」と「私」比較、あっちは多くてこっちは少ない現にむこうの通帳には多くのカネが在るはずで私のとこにはないこの差はものすごく大きい少ないわたしはモノが買えないつまりお金が不足しているそうだお金が不足している!その通りだ!不満だ〜〜〜〜〜〜

あえて句読点は外しました。そう一瞬です。

大事なのは、このプロセスの最後、決定!そうだ!その通り!です。

お金がない。そうだ!その通りだ!という決定。

 

たとえです。あなたの目の前に下の写真の実物と「決めた」ものがある、とします。

 

「これは桃だ!そうだ!その通りだ!」とあなたは決定します。あなたは近くにいた友人にも話します。「ほら!桃!桃があるよ!」あなた自身が桃だ!と決めたから、これは覆すのは、ひっくり返すのは難しい。だって自分で「そうだ!その通りだ!」って言ってるし!

でも、手にとったら、なんとサンプル、よく出来たレプリカだった・・・・これが認識の変更です。

 

要は。

★あなたが今まで「そうだ!その通り!」と決めつけてきたことをひっくり返す。

★名付け→分離→比較→差の確認→判断→決定、と休み無くやってきたことを断ち切る。

これが認識変更です。お金が不足してる、って決めつけてきたなら、それをひっくり返す。「本当にそうだろうか」

 

■エゴシステムの自作自演

ですが、そうは簡単に行きません。ちなみに、この「ひっくり返す」っていうのはあちこちのサイトなどで言われてるから耳タコでしょう!でも、アタマで分かってるのにひっくり返せない。それが、この流れを作ってるエゴシステムです。冒頭で書いた、「あなたは読んでいない」の主役、エゴシステムです。

 

もう一度見てみましょう。

★A:あなたが今まで「そうだ!その通り!」と決めつけてきたことをひっくり返す。

★B:名付け→分離→比較→差の確認→判断→決定、と休み無くやってきたことを断ち切る。

Aは難しい。これが簡単にできりゃ苦労しません。ですが、Bならどうか。

 

決定は本当か?判断は本当か?差は本当にあるのか?比較していいのか?分けていいのか?そもそも名付けられるように分かれてるのか。

こっちは出来ます。(ちなみ。この?の途中で「そんなの足りないに決まってんだろ!だって◯◯だから!」ってあなたは、大抵やってます。他にもめんどくさい、とか。そして、しばらくすると、「ああ、認識変更しない!」って言う。これを自作自演といいます。更にエゴシステムの素晴らしいのは、自作自演をあなたに気づかせないこと。もう恐るべし、エゴシステムです(笑))

 

■流れの最初を抑える

そうめんどくさい、ですね。私は以前やりましたがめんどくさい(笑)だから、セッションではやりません。その代わり、この流れ・・・

名付け→分離→比較→差の確認→判断→決定の最初!!

名付けをぶっ壊します。名前を外しちゃう! 名前がないから・・・このプロセスは成立しません。するとどうなるのか!

何にも変わりません。いえ、正確に書くと、この名無しで、今までの自分がしてきたこの流れが<ニセ、偽>だったことに気づきます。「あれ!?私の認識、違っていた!?」すると、ガラッと変わります。「な〜んだ!」と。

この「な〜んだ」の中身のひとつ。自分=世界ですが、名付けがニセだった。つまり自分とか、世界とかなんて名付けが嘘だったことに気づきます。つまり、ひとつってことです。

ひとつとは全部、全部が在る。全部在るのに「足りない」なんて言いようがありません。

—————————————————————

どうですか。「あなたは今、記事を読めてますか?」エゴシステムが働こうとしてることに気づきますか?「そんなうまくいくか!」「そんなことはない」って思い始めてませんか。

もしそうなら、ほら!今までの通りの認識です。「自動過去照合分析判断システム」にハマりました。そして、セッションでは、このハマることに気づくこと、ハマりから脱出することを丁寧にお伝えします。セッションいかがですか?案内と予約はこちら。お陰様で9月の枠も、残り2つです。ありがとうございます。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。