あなたにも出来る?ダメ出しストップの簡単な方法

■同意したって減るもんじゃなし

こんな人結構いませんか。

あなたが何か話すと「でも、そうでないかもよ」あなたが何か提案すると「それはこんな欠点があるかもね」あなたが何か楽しいことを言うと「楽しいことは長続きしないよ」・・・

まあ、否定、後ろ向き、凹ませるのが大好きな人です。そして、こういう人に限って自分のことは意見を求めたり、話しをかけたりする。まあ、話してしてもこういう人は願い下げです。

同意「うん、そうだよね〜」って相槌くらい打っても減りゃしないのに・・・

欠点やマイナスポイントを見るなとは云いませんが、少なくとも、相手にそういうことを言ってる時にこういう対応する人は、あまり心地良くはないと思うのですが、あなたはどうおもいますか。

■同意や先への期待が次を生む

これは、実は自分自身にも言えます。

「こうしようかな、、でもどうせダメ出し・・」

「やあ!今回は良いな〜、でもどうせ次はうまくいかんだろう・・・」

上の例と同じように、いい感じ、心地良い、快に対して、「ダメ出し」する。条件反射のように。だから、前に続きません。動きがストップします。流れにのれません。

そのくせ、「本当はこうしたい・・・」なんて思っていて、いざそういう良い場面に出くわすと「ラッキー!」なんて思ったりします。

自分の前に進む力や流れに対して、同意やその先の期待があって、初めてエクスポネンシャルカーブへ入れます。ブレーキなんて踏んでたら、進みやしません。

■ぶっちゃけ、どっちにしたいの?

うまく生きたいの、それとも、うまくいきたくないの?どっちにするって話しです。それは自分で決めれます。冒頭の人よろしく、ダメ出し、不快で行くのか、快で同意して前に進むのか、自分で決めれば良いわけです。

まずは、自分で自分にダメ出ししてないか気づくことです。この記事にも関係しますが、せめて、人にダメ出しはやめましょう。友達減りますから。

そしてダメ出し中は、100%不快ですからすぐ分かります。

LifeSwitchは前に進もうよ!楽しいしそれは自然だから、を伝えるセッションです。新しくガイドラインも追加して、ある便利ツールも昨日から合わせて提供しているバージョンアップ版のセッション案内と予約はこちら。

Follow me!