不快は<離れ>から始まる

■離れることが、色んな不の始まり

例えば、あなたが充足していて、満足で、安心だったとします。そんな時は朗らかで明るく足取りなんかもきっと軽いでしょう。人との会話も弾み、落ち着いて過ごせると思います。

ところが、何か【嫌な】ことが起きたり、見たり、聞いたりすると、すぐに心は、離れます。充足や満足や安心から。

途端に、あなたは何か足りない気がします。(なんとなくここまで読んできた方!普段に起きてること思い出してくださいね〜単なる読み物じゃないですよ〜)不満が爆発してきます。

出てくる言葉も「なんだよ〜こんなんばっかりで」「もうどうしようもないな・・・」なんてうんざりするような、自分で言ってるのに自分でうんざりするような言葉が口をついて出ます。

そう、充足や満足や安心から、【嫌な事】を見たり聞いたりすることで、【離れる】ことで、あなたに様々の【不】が始まります。

分離、離れることが、不満、不足、不安の始まりです。

■分かっているか、いないのか。

分離、離れることが、不満、不足、不安の始まりだって今の話でおわかりだと思います。そう落ち着いてこうやって文章読んでるとすぐ中身はあなたの中に入っていきます。

ですが、毎日の生活のなかで、あなたはこの、離れて不満、離れて不足、離れて不安になってしまったことに中々気づきません。

実は。

「全く足りん」「ほんと不満だらけ!」「なんか心配だよね・・・」って、心の中で口にしたら、もうその時から、離れてます!でもそのことに気付いていない場合がほとんどです。気付いてないから、次の言葉が出てきます。更に出て、また出て。

その頃には、すっかり安心や満足からは【離れて】います。でも気付いてない。

■不足・不安・不満は不快

そして、この気づかないは他にも及んでいきます。そう、不足・不安・不満は不快なんです。要はいい気持ちしない。重いし沈んでうんざりしてます。そして「不思議と」そういう気持ちだとまた【離れて】いきます。

あなたが、いや〜な感じ、気持ち悪い時には、まず、離れています。安心や満足から。不快は分離してるよ〜のシグナルなんです。

■あなたの快に素直になろう

なら、どうしたら良いんでしょう?そう、まず、あなたが嫌なことに気づくことです。あなたが見たり聞いたりしてる中で【何に】対して嫌な感じを持つのかを調べてみるのもいいです。結構たくさんあると思いますよ。

次に、あなたが快になること、切り替える、Switchすることに素直になってください!気持ち良さ!大歓迎です!「わたしは心地良いのなんて大っ嫌い!」なんてひとはまあいません。それは、快が人間のデフォルトだから。何をすると、何を見ると、どんな言葉聞くと(あなたがあなたにいう言葉も入りますよ)あなたは快になるのか。こちらも調べてください。

快が分かったら、快になる出来事が出来たら、起きたら、聞いたら、見たら、どんなに気持ちいいか、口にするともっといいです。(もちろん心の中でいうのも大あり!です)

そう、不快から快への切り替え=Switchです。

Follow me!