自分=世界は、3つのswitchで行ける! その1

■自分=世界の4つの位置

自分=世界、別にスピリチュアルでもありません。単に認識の切り替えの話です。
自分=世界にたどり着くにはざっくり4つの位置があるように思います。自分と世界、自分からみた世界、自分?世界?そして自分=世界です。

ちょっと図にまとめました。クリックすると拡大されます。

それでは、ひとつづつ書いていきます。ちなみに3つあたりから、やたら気持ちがラクになりますよ。
別に怪しげな話でなく、理由もあります。それはのちほど。

まず、1番めの位置。ここを捕まえないことには、次の位置へSwitchすることは出来ません。Switchとは、字のまま、切り替える、オンにするって意味です。今回の説明では「見方・捉え方をSwitch」するです。

さて、早速Switchする方法、知りたいですね。でも、まだ書きません。書いて、実行しても、あなたはまず、Switchできません。「じゃあ、無駄じゃん!」って、戻るボタンを押さないよう。あなたは今まで何十、何百というサイトやら本やら、セミナーやらに時間を費やしました。Switchするために。嫌いな嫌な自分を切り替えるために。

ですが、変れましたか?変わってないから、このブログ読んでるわけです。なんで、何十、何百というサイトやら本やら、セミナーやらに時間を費やしても変われないのか?それを、知らないと、自分=世界は、程遠いです。特に今回は、ぜひその理由をしるべきです。すごく関係しますから。【変われない理由】は、記事の中で織り込んで行きます。

■最初の立ち位置は、自分対世界

改めて、まず、1番めの位置です。ここが大多数の方の場所です。自分がいてあなたが居る。自分がいてあれがある、っていう、言ってみれば「自分対世界」ですね。あなたが以下の気持ちを強く持っているほど、この位置に定着(!)しています。

・不安や不満が強い ・周りが問題だらけ、って思ってる ・自分も周りもなんとかしなきゃって考えてる

結構、疲れる位置ですね。ここは。気を張って生きてないと、ごおっ〜って音と共に、流されそうに感じる位置です。意識の深いところに、これらの認識がしっかり潜んでいます。

どうですか?うん!うん!ってうなづいてませんか?さっきの図をもう一度みて分かるように、ここは「分かれた位置」です。あなたも含めたひとつひとつが独立して、別個に存在してるって【思ってる】世界です。
分かれてるから、「自分も周りもなんとかしなきゃって」って思います。自分とは別物に何か働きかける、時には、歯をくいしばって立っていないとイケない位置です。

■最初のSwitchは、見方のSwitch!自分と世界の今までの見方を切り替える

では、最初のSwitchです!

【本当に自分と世界は別個で独立してる?】って自分に問うてください。少し待って、改めて世界を眺めて見ます。

今まであなたが「見てきた事」で、世界はあなたと関係を持ってきました。
今まであなたが「そうだよな〜」ってなった形のまま世界はあなたと関係を持ってきました。
今まであなたが「感じてきた」中身にそって世界はあなたと関係を持ってきました。

このコトに気づく、この見方にSwitchしてください。

別に難しくはありません。逆に言えば、あなたが見て、「そうだよな〜」って納得し、気持ちがそのように動いた【にも関わらず】、その【実は反対の世界をみてきた】なんて、ネジ曲がった世界だったはずはありません。

あなたが見て、「そうだよな〜」って納得し、気持ちがそのように動いた世界がそこにあったはずです。

つまり、世界は、単独であるわけでなく、【あなたとの関係の世界だった】ってことです。

これが、図の位置2です。

続きます。

Follow me!