恐れと安心は同席は出来ない

■同席不可能!?

相変わらずおかしな見出しですが(笑)、自分のブログなのでこのまますすめます。

特定のコトについて不安な時。そうでなく、なんなく怖い感じがある時。結構あります(かな、人によりけりですね)ね。

気持ちも落ち込むし、あんまり歓迎できません。

反対に。【特に何をするでもないけど】、ほっと、安心してる時、もあります。肩の力も抜けて、ゆったりしてる時。

次にそんな気持ち、ゆったり・安心してる気持ちの時、思い出して欲しいことがあります。

それは。

安心してる時は、恐れていない、ってことにです。

「あほか!そんなの当たり前だろ、だって安心ってのは怖がっていない!ってことなんだから」

はい!その通りです!そう!あったり前のこと書いてるだけです(笑)。ですが、案外、これ大事です。

不安な時、恐れてる時、エゴシステムは結構活発です。エゴシステムが活発だと「なんとかしたくなり」ます。この場合、「この不安な気持ちをどうしたら良いんだろう・・・」って動きます。すると深呼吸?なんかイメージする?羊の数を数える?などなど、湧いてきて実際にそうしたりします。

それ、すなわち【不安な気持ちをどうにかするために、◯◯する】ですから、不安にず〜っと意識向いたまま、さらに、どうにかしなきゃ!エネルギーも注いでるんで、より強力になっちゃうことも。

なので。まず。不安と安心は同席できない!って思いだしてください。

■安心は最初からある

次!ですが。思い出したら、次は何もしません。そう、何もしなくてok!

あえてするなら、

じっとする。

又は、不安は、安心があって初めて成立する、って思い出す。

 

安心しようと思わなくても大丈夫、安心が在って、初めから在って、それではじめて不【安心】が成立します。そう、安心しよう、安心にいこうとしなくても、安心、ありますから大丈夫。

恐れと不安は同席出来ません。

「同席は駄目でも、相席、つまり結構近くにいることはあるんじゃないか」なんて更なる不安のある方にはこうお伝えできたらなと。

「席はひとつしかありません、だってあなたが座るだけですから」

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。