Switch!

セドナメソッドより簡単!自分を切り変えればあなたが活きる!人生にスイッチを入れるサイト

認識の変更へ 第1章

   

こんにちは。わたしのサイトのブログで一番アクセス数が多いのが、認識の変更の動画です。(動画はこちら)
動画をみると、もやっとしたブルーの画面から、段々と動き、男の子になり更に動き、また最後にもやっとしたブルーになる、っていう、「これのどこが認識の変更になるんだ!!」
って怒りにも似た(笑)ものが込み上げると思うので、以前も解説しましたが
改めて、別の視点から説明します。
ポイントは、、

■分離感が「欲しい!」のはじまりだった

あなたには何か欲しいものが、手にしたいものが、こうなりたいって状態がある、とします。
欲しい、手にしたい、こうなりたい、って思うのは、何故でしょう?こんな事、普段は考えないですね(笑)
欲しい、手にしたいとは、自身に無いからですね。こうなりたい、ってのもおんなじです。自身が「そうではない!」
ってことです。
要するに、対象と自分が分かれてる、一緒じゃない、ってことです。

この逆で、有るもの、手にしてるものや状態
は「欲しい、手に入れたい」とは思いません。
例えば、あなたがオレンジジュースを手にしてるとします。
この時、あなたは「オレンジジュースが欲しい、手に入れたい!」
とは思わないはずです。

また、あなたに手があるなら、「手が欲しい」とは言わないでしょう。

要するに、自身と分かれていて、リアルに五感で確認出来ない、分離してる、って認めている状態で始めて、欲しい、手に入れたいとなります。

 

■有る、ってどういうこと?

 

逆に「有る」ってどういうことでしょう?

有るって何でしょう?

目に見える?手で触れる?匂いが嗅げる?

要するに五感でキャッチ出来るなら、有る!ってなるような感じがしますね。

では。

ここでこんな例え話を。

あなたが愛用のコーヒーカップが有るとします。
今朝もあなたはそれでコーヒーを飲みました。

あなたは仕事に行くため家を出ました。そして仕事場にあなたは着きました。

ここで質問です。

「愛用のコーヒーカップは有りますか」

まあ、ほとんどの方は、「有るに決まってるじゃないか」と言うでしょう。

あるはずだ!とか、有ると思う、、とか、
って方はまず居ないと思います。

ここで振り返ってほしいのですが、

コーヒーカップは、仕事場にいる現時点では、目にも見えないし、触れもしない。

コーヒーカップって実体を五感で確認出来ない、ですね。

手で触れたら有る。目で見えたら有る、って大抵はそう思っている、と先ほど書きました。

ならば。

今回のようなケースで「ある!コーヒーカップは有る!」なんて、言い放つことは出来ないはず。

それなのに、私たちは「有る!」って簡単にいいます。実際のところ、泥棒さんが家に入って荒らした時に壊したかもしれないのに。

「そんなのめったにないだろう!有るに決まってじゃないか!家を出たとか、そんな条件と関係ない!コーヒーカップは有る!」

そう、コーヒーカップはあります。
あなたが認めた通り、あります。
あなたが認めたんですから。

なにがいいたいのかというと。

有る、分かれていて無いから欲しい、
この有る無しは、五感と関係ないってことです。

ポイントはあなたが有る無しを認識する、ってことです。

手で触れる、とか、見えるから、とかは、あなたが「有る」って認識したことに、【後から理由付けしてる】【有るって認識を強化してだけ】ってことです。

続きます。

 - 願いを形にする