ナチュラルエゴシステム!

ブログでは、エゴシステムについて、実にたくさん書いてます。

ですが、あなたにとって、このエゴシステムは実に自然に組み込まれていて、エゴシステムの存在する気がつかない、と思います。

今日はその辺についてかきます。

■エゴって何?

そもそもエゴシステムって何?エゴとどう違うの?って辺りから。

よく、エゴ、エゴなんてこの手のサイトでは出てきます。私のブログでも、エゴシステムと言ってます。質問なんかでも「エゴが強くて大変です。」なんて頂くこともあります。

わたし的には、エゴは居ない、エゴはない、って見解です。それは気づきを得たからって訳でなく。エゴが強くて!って質問がある方にはこんな質問をしたりします。

「じゃあ、対処法をお伝えしますので、身体のどこに居るか、ハッキリ教えて下さい」

すると、胸の辺りとかアタマの中なんて、答えがあるので、さらに質問で「では、エゴの大きさ、色、形、重さ、速度、手触りなんか詳しく教えて」というと、大抵は「分かりません」と帰ってきます。

目の前にデコポンがあるとします。

表面がデコボコしてて、オレンジ色で、停止してて、重さは200g位で、、、そう、デコポン、有るな、、!

となりますよね。普通は。

なのに、「エゴが居ます!強いんです。」という一方で「場所も大きさも色も手触りも重さもよく分かりません、、、でも、居ます!!」

なんか、変な感じしませんか?デコポン、と比べて?

ここで、確かに変かも?って方は、是非、choiceセッションを!(笑)

逆に、いやいや、デコポンは手で触れるから有る!でも、エゴは触れないが、見れないが居る!!!って方は、続けて読んで下さい!

一般的に、手で触れる、見ることが出来る、聴ける、味わえるなど五感で、キャッチ出来る時、人は有るって認識するでしょう。そうでなければ、有るって認識はなかなか生まれません。

なのに、こと、エゴになると、五感でキャッチ出来ないのに、有る!!って認識する。

ここがエゴシステムの凄いとこです。

■だから安心?!

本当にいるかどうかも怪しいエゴ。それなのに、あなたからは、絶大な信頼を置かれ、「居る、在る!」っていってもらえるものだから、もう、リラックスしています。エゴは安心して足場を広げます。あなたの中に。

そしてあなたになんやかや、と口を出す。もう、これに慣れちゃうと、あなた自身も麻痺(笑)してきます。エゴの思考や感情はうるさいんですが「ま、こんなもんだろ。これが普通だろ。」って根深いとこで肯定します。まさに、うるさくて安心!です。なまじ、エゴの思考や声、感情が静かになった時なんか不安にすらなってしまう。

おそるべし、エゴシステムです。

 

■空振りする名無しメソッド

choiceでは、名無しメソッドという。ちょっとふざけた胡散臭いネーミングのメソッドをやってもらいます。効果は、受講者の声に一部ありますが、エゴの思考や感情の【根っこ:言葉や名前】がそもそも無意味であることに、かなり強力に気づいてもらう構造のメソッドなのです。

が。

あなたが。

エゴの思考や感情はうるさいんですが「ま、こんなもんだろ。これが普通だろ。」って根深いとこで肯定してると、これは効果が減ってしまう。

大事なのは・・・

そもそも、俺は、私は、エゴに縛られてるんだ、ってことに気づいてないことを忘れないことです。

だから。

今までと同じ思考、同じパターンの中で、名無しメソッドに触れても、効果は薄れます。名無しメソッドで、重りを外して、軽くなったのに自ら重りをつけるようなもんです。

 

■あなたはあなたじゃない

あなたは、あなたじゃありません。あなたは、エゴとしてのあなたでは、本来ありません。自由でのびのびしていて身軽で心地よい、選択を自らする主体的なあなた。それが本来のあなたです。

エゴは実に自然に巧妙に根深くあなたの中に居座っています。あなたは、そのことに気づいてない、ってことに気づくことです。で無いと、エゴに振り回されるのが人生だ!なんておかしなことをいう羽目になってしまいます。

 

■自分を取り戻せ

自分を取り戻してください。主導権はあなたにあります。そして、choiceでは、エゴシステムに気づき、おとなしくしてもらい、主導権の取り方、選択する主体的方法について詳しくお伝えしています。

★最後の段落のエゴシステムを除き、あえて、エゴと表現してみました。ですが、何度もいうようにエゴシステム(思考や感情、記憶、信念、身体感覚、五感の働きなど)はありますが、エゴという確固とした、硬いものはあなたの中にいません。これだけは忘れずに。

本当はいないはずの、エゴと戦うから、いつまでも戦いが終わらない、それが構造です。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。