【説明】choiceとエゴシステムについて

choiceのセッションでも、また、ブログでも、私がかなりしつこく、「またかよ~」ってくらい、しつこく、「エゴシステムはいいから叶える方法を書け!」笑ってほど、エゴシステムについて書いてるのには理由があります。

今日はその説明をします。また、エゴシステムですが笑

まず、以下を読んで下さい。

■二つは同じ

★の場合

分ける、ハッキリさせる

つなげる

何かする

 

■の場合

問題を見つける

理由を考える、原因を探す

行動する

 

□エゴシステムとおなじパターンだった?!

この★と■の流れ、実は全く同じことに気付きますか?

まず、なんの流れかと言えば、多くの人が今まで叶えるためにとってきた、何かを成し遂げるまでにやってきた道のり、パターンをかなり簡略化して書いてます。

ちなみに、★は、エゴシステムの機能の流れ、■は、あなたがやってきたパターン、です。

どうですか?とてもよく似てませんか?

ひとつづつ説明します。

—————————————————————–

まず、はじめのとこ。

★分ける、ハッキリさせる

■問題を見つける

です。

では★ から。

エゴシステムは、とにかく、分けたがりです。なんでもかんでも分けたがる。分けて、分かった気になりたがります。それは、エゴシステムが、分離感をベースに機能してるからです。

分けると、ハッキリした感じがします。人によってはスッキリする人もいます。

名前つけて、状態を固定して確定し、ハッキリさせる。それが、エゴシステムの始まりです。

さて。 ■です。

問題を見つける、ですね。

あなたは、何かよろしくない感じがする出来事に出会った、とします。その時、大抵は「これはなんて★★なんだ!全くひどいもんだ!」と思ってるはずです。

そう、思わないなら、それはあなたにとって、それほどでもない、もやっとするけど、ま、いいか!と流せることです。つまり、固定化されない。

なんて、★★だ!まさしく、名前つけてます。そう、名前つけて、問題じゃん!ってハッキリさせることで、あなたは次の事が出来るようになります。

ひとつは、ああ、やっぱり駄目だ、というモードになること。そして、もうひとつは、対処しなければいけないことがはっきりしたってこと。

「ああ、これはまずい、ヤバイやつ来た、、、、、」そう、しっかり問題になる。

問題だっ!はっきりしたぜ!

 

どうですか?

「そんなのこじつけだろ!!」って言ったあなたw

では、この後のあなたのパターンはきっと違うはずですよね。だってこじつけwです。なるほどのw

そんなあなたには、次回の記事も関係ないと思いますが、まあ、なるほどへのツッコミのつもりで

読んでください。続きます。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。