何で大変なのが分かるのか

■何で大変なのが分かるのか

あなたは色んな思いがあって色んなことに取り組んで、チャレンジしたりしてます。

すると、うまく行かない★時には、「ああ!なんで、よろしくないんだよ!!怒!」ってなったり、「まあ、ひどいもんだ!」なんてなったりもします。

一言で言えば「大変じゃん!!」って状態ですね。

もう、これは結構ハッキリ分かります。ハッキリと!

ところで、こんなことを思ったことはないですか?

「なんで、大変じゃん!って、私はわかるんだろう、、、」

■事前に知っていた?!

あったり前に決まってんだろ!大変でひどいもんだから、すぐ分かるんだ~、って突っ込みたいところだとは思いますが、もう少しお付き合い下さい。

ああ!その通り!ってなるには、つまり、【その】を事前にしっていなけりゃなりません。

【その】について、一切合切な~んにも知らないなら、【その】を知りようがありません。当たり前ですね。だって知らないんだから。

あと、もうひとつあります。

【その】を知るには【その以外】も知っていなけりゃなりません。それは、そうです。【その】しか知らなかったら、ひとつ、それだけ、ってことです。

【その】が、大変なのか、面白いのか、そんなこと分かりません。なぜって【その】しか知らないんだから、大変さの度合いなんて、計りよりがありません。

今回は、2大変だったな、とか、前回は、17大変だったぞ!なんて言えない。まして、大変じゃなくて、いい感じ~なんて、言えません。【その】しか知らないんだから。

 

■そうであること、そうでないことをあなたは既に知ってる

まとめます。

あることがうまく行ってない、【大変だ~しんど!】って知るには、

1、【 】の状態を事前に知っている事が必要

2、比較出来る【 】以外の状態も事前に知っていることが必要

これを【あ~しんど!】に当てはめると、驚くべきことが出てきます。

あなたは【いっつも、何でも上手く行かない】とか思ってたりします。【毎回、ダメだー】なんて、感じたりもします。

で、す、が。

【上手く行かん!】って、感じる時、

1、【上手く行かん!】の状態を事前に知っている事が必要

2、比較出来る【上手く行かん!】以外の状態も事前に知っていることが必要

ってことです。

 

つまり、あなたは、

【上手くいかん!】ってことも、【うまく行かんってことは無い!】ってことも、

<事前に既に知っていた>

ってことです。

 

■ 何が<選ばせる>?

さて、私は焼き鳥が大好きです!だから、焼き鳥の例えで行きます(笑)あなたも焼き鳥が好きだとしましょう。あなたは焼き鳥屋さんに行くことにしました。友達も誘って。あなたはどの店にしようかとして、一軒の店を【選び】ます。

味良し、店の雰囲気良し、サービス良し、おまけに、価格もお手頃の、高コスパの店を【選びます】

実は【以前に行ったことがある】店です。スグ近くには同じように【以前に行ったことがある】店がもう一軒ありますが、こちらは、オススメ出来ないことを【知っています】。【前に行ったことがある】ので。友達も満足、あなたも満足、【事前に知っていたから】店【選び】は間違いませんでした・・・・。

さて、ここでひとつ自分に質問、投げ掛けをしてみてください。

 

 

【どうして、<うまく行かん!>って方を選んだんだろう・・・】

 

 

もちろん、今日のテーマのことですね。

焼き鳥屋の例えを思いだしてください。【事前に知っていたからこそ】【満足】な店を選んだ。となると・・【うまく行かん!】って方を選んだには、何か仕掛け・理由があるかも知れない・・・と見直すほうが筋に合ってませんか?

そしてもう一度。

 

1、【 】の状態を事前に知っている事が必要

2、比較出来る【 】以外の状態も事前に知っていることが必要

 

これも忘れないこと。

 

 

 

ダメだー

こっちの方は盲点です。案外気付きません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。