月別アーカイブ: 2018年2月

なるほどラボ 自分=世界

なるほどラボ更新です。

 

テーマ:自分=世界

テーマを取り上げた理由:これに納得出来ると、生きるのが超ラクになる。現実が動く。

です。おそらく結論には「さっぱり分からん」って方もいるし、「それが分かって何になる(怒)」
の方も居るでしょうが、ここはなるほどラボwなので、書きたいように書きますw

——————————————————

よく、一元に関するサイトなんかでもよく言われる、自分がいないなんて言ったりします。

私もそう書きます。

ここを整理します。まず。

 

私がブログで「自分はいない」と書く時、自分とは、<エゴシステムが作った自分>
のことを指します。

 

エゴシステムが作った自分とは、思考や感情、記憶や五感、肉体に依存して、
それらこそ、自分自身だ~って思っている、その自分のことです。

こう書くと、「え!?肉体こそ自分じゃないの!?」 なんて感じる人も
いるでしょう。ですが違います。でも今日はそのことについては触れません。
サイトの他記事などの関連をお読みいただければ幸いです。

続けます。

<エゴシステムが作った自分>とは、分離です。

自分がいて相手がいる。相手は人間のこともあれば、物のことも、何かの関係の
こともあります。いずれにしても、自分 対 相手 です。
自分と相手を分けて別物にする。

まず、自分。考えて話し、見て触って聞いて記憶してる、その自分が居て
相手・対象がいる。

自分 ← → 相手  と書いてもいいです。この相手のとこを世界に置き換えます。

自分 ← → 世界

この構図には、2つ意味があります。

1、分かれてる  2、双方は別物

「ん!? 1と2って同じじゃん」って思ったかもしれませんが、違います。

まず1

仮にここにグラスがあるとします。グラスには半分ほど水が入っています。
水があなたです。今は水しか入っていません。

ここで質問!

「あなたは何ですか」 グラスの中入ったつもりで答えてください。

ただし。

先程書いた、グラスには半分ほど水が入っている、という情報は抜きにしてです。

さあ!」シンキングタイムスタートです。








どうでしょう?水と答えた方、不正解です。残念!

いいですか。

水と分かるためには、水以外が無いと、解りません。
あなたが、全部水なら、水そのものです。だから、あなたは水だと分かることは
ありません。

なにしろ、生まれて?からず~っと水だったのです。
水しか知らないのに、比較する相手が居ないのに、自分を知ることは
出来ません。

ですが、ここに、油を入れます。すると油と水は分離します。
水に目(!)があったら、自分とは違う何かがあることには気づくかもしれません。
自分と自分以外の何か・・・・

 

自分 ← → 世界 の鍵一つ目は、<分かれてる>です。

 

 

2つめ、です。双方は別物 です。

こちらですが、さらっと読むと???満載になりますので、
何か飲み物でも飲みながら読んでください。準備はいいですか?

 

水に油を入れた。水と油・・・がある、とは実はなりません。

「は!? だって、なるほど、お前が水と油と書いただろ!」
はい!確かに書きました。ここは説明要ります。核心にも近いとこです。

ここまでの説明、あなたは、実に素直にかつスムーズに読み解くことが
出来ました。

水がある。コップに入ってる。油を入れた。水と油が分かれてる。
あなたはそう認識できました。だから、ここまで読めた。

そう、あなたは水ではありません。当たり前ですね。

水じゃないからこそ、あなたは、水を認識出来ました。
油じゃないからこそ、あなたは、油を認識出来ました。

 

自分 ← → 世界  自分と世界とは違うもの、自分と世界とは別物。

これが、2つめ。

 

もいちど。

1、分かれてる  2、双方は別物

これが、自分 ← → 世界に潜む図式です。

 

次の話しです。

あなたは、自分のことを、自分だとわかってます。これは紛れもないです。
「え~と、私って誰だっけ」なんて方はそういません。
一瞬で、いえ、はなっから、自分だとしっています。そして、いつでも自分です。
自分だと認識できる。考えることもなく。自分だと。

そして、次です。

あなたは、目の前の物、起きることなど、一瞬で、認識出来ます。
そう、目の前のものを見て、「え~っと苦くて、黒くて、温かいし液体で香ばしいから
多分・・・ほっと、いや、ホットコーヒーだな・・・多分」なんて、ことはありません。

すぐ、「コーヒー」って分かります。

 

 

さてここで。さっきの水の例えを思い出してください。

■あなたがもし水、まさに水、全部水だとしたら、あなたは、あなた自身は
あなたを水だと認識することは出来ません。

■ですが、あなたは水じゃない。

■そして、あなたは、あなたのことを「自身である」と瞬時に認識出来る。

■そして、あなたは、世界の様々なものも「○○である」と瞬時に認識できる。

 

 

 

 

自分 ← → 世界 つまり、<分かれてる、双方は別物>です、よね。

相手は別物、世界は別物。自分とは違うもの。自分とは違うもの。
だから相手のことなんか分かるわけない。認識なんか出来るわけない、ですよね。

自分のことは、分かります。認識出来ます。だって自分だから。

でもあなたは世界のあらゆるものを認識出来ます。

相手が別物なのに・・・世界のあらゆるものを認識出来ます、一瞬で認識出来ます。

 

別物、違うもの、のはずなのに・・・・

自分を一瞬で認識出来るのと同じように、世界のあらゆる物事を一瞬で認識出来る。

 

 

自分と同じように世界を認識出来る。

自分 ← → 世界。分かれてる、双方は別物なのに、自分を一瞬で
認識出来るのと同じように、世界のあらゆる物事を一瞬で認識出来る。

 

ちょっとおかしいですよね・・・・

となると、最初の前提が間違っていたのではないですか・・・・

そう、自分 ← → 世界。分かれてる、双方は別物・・・・なのかってことです。

となると・・・・

自分と世界は別物?ってのは本当か、ってことです。

エゴシステムが活発な内は、まあ、こんな胡散臭い認識受け入れられるわけありません。

ですが。

そもそも、自分と世界は別物、だから、世界を変えるには、世界に働きかけるしかない。
その認識で、様々なメソッドを方法を使って・・・・で、変えようとする。ず~っとそうして来ました。
私は・・・まあ大変でした。変えられないし。

となると。

根っこ、違うんじゃないの!?ってことです。

今日の結論は、一番最初に書いておきました。

あなたが、ここまで話しをどうするかは、あなた次第です。
なんと言ってもラボですから。自由です。