なるほどラボ:■時間は何か。時間はあるのか。

■時って何?

昔から多くの哲学者や物理学者、その他にもたくさんの研究者や、そして私たち自身も・・・
「時間ってなんだろう・・・時間ってあるんだろうか・・・」って探ってきました。

ここは、ラボです。なので既存の枠に囚われず、というより、わたしの勝手で書いていきたい、
と思います。

まずは・・・・時計、ですね。「今、何時~?」「3時だよ~時計持ってないの?」なんて
会話に始まる、時計。時計は目に見えない【時】をを示してくれます・・・・なんて書きません。

大体、私は「時」を見たことも触ったことも、聞いたことも、匂いを嗅いだこともありません。
人は、物事が「あるよね~」って認識する時に、見えるからある、触れるからある、聞こえるから
あるなんていいます。

でも。

「時」を見たり、触ったり、聞いたりした人は居ません。なのに、「時はある」って誰もが
思ってます。

それって本当ですか?

「いや!時はある!だって時間は経過するし、朝から夜になるのに時間はかかってるだろ!
一瞬で朝から夜にあんるなんてことが無いのが、「時」がある証拠だ!」って声も聞こえそうです。

少し探ります。

朝って何か?太陽が登り、鳥が鳴き始めて、人々が多く動き出し、気温が上がる・・・
そう、これが朝ですね。

では、夜って何か?太陽が沈み、鳥は静かに寝床に帰り、人びとは家路につく、気温は下がる・・・
そうこれが夜です。

ここでは、朝から夜への「時の流れ」に添って、

太陽の動きの【変化】

鳥の生態の【変化】

人々の動きの【変化】

気温の【変化】を書きました・

「みんな、ちゃんと時の存在を示してるじゃん!」

 

本当ですか?

 

■時とは、変化のこと?!

これは、単に、変化を示しただけです。変化するには、○○がかかる。この○○。
一瞬で変わらない、ってことに、私達が勝手に「時」って名付けただけでは?

実際の話し、マジックなどでよく使われますが、人間が視覚で変化を認知できる時間には限界があり、早過ぎる【変化】を認識できません。マジシャンはこれを使って(ミスディレクションも利用しつつ)目の前で、一瞬で変化を起こします。

変化これが、時間の正体っていうのがなるほどラボの仮説です。

だから。道端のいつ見ても動かない、石ころ。いつ見ても変わらない石ころ。
これを私たちは「変わらんなあ~=時間がたっても同じだな」と認識します。

つまり。

変化したら、時がたった。
変化しなければ、時がたっていない。

これが、日常生活における私たちの「時」です。

ところが。実際には。

石は都度変化してます。

わたし達が認知できないだけで変化してます。わたし達が気づかないだけ。

 

これは、逆に言えば・・・・

時間を、時を、発生させているのは、私たちであって、そもそもは「時」は、確固として
存在してるわけではない、ってことになりませんか。

 

■時はあなたが作った?!

何かを形にしたくて、勧められた、または自分で「そうだ!その通り!」って認識した方法を試してみた。

でも変化しない。

道端の石ころみたいに、なんも変わらない。

でも、でも、時を発生させている、つまり、変化と変化の間、【時】を産んでるのが、私たち自身だとしたら・・・・

変化してないように【思える】ように、してるのは、私たち自身ってことになるのでは?

何かの理由で自ら【一見すると何も変わっていないように思えるような時を発生させている】のが自身ってことになるのでは・・・?

———————————
ここはラボ、そう研究所です。

時は在る、って立場も取れるし、時は無い、自分が産んでるのかも、って立場も取れます。
ですが、あなたが「そうだ!その通り!」って認識しないものは、あなたの中には残りません。

 

■今、すら無い

もしも、時がない、今、いえ、今すらない、感知不能な短い一瞬、いえ、それすら無いとしたら。

そして、あなたが、その刹那、ある立場を取っているとしたら。

あたなが生む「時」は、あなたの立場、つまり「そうだ!その通り!」っていう何らかの立場が、
そのまま、ずっと、在るってことになります。

今:Aだ、そうだ!その通り! って立場が、今、今、今、合わさって数秒。合わさって数分。合わさって数時間、数ヶ月、数年・・・
Aだ、そうだ!その通り! っっていうA、なら・・・・Aが続くことになります。現に、Aだ!と言ってるのだから。

あなたは、在るか無いか分からない、「時」に何を載せますか。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。