楽しもう!自分

■過去を振り返ると凹んじゃう

 

「あちゃ~あんとき。こうしておけば良かった~」

なんて、結構ありませんか。

 

あの時もこの時も。

もっと、もっとこうしておけば・・・・良かった・・・

 

でも、多分、「こうしておけば~」ってその時やっても

【過去から未来を積み上げるぜパターン】だと、復習と振り返りが多くて、大変ですね。

過去を活かして未来につなぐぞ~なんて言いますが、【あらゆるものが変化してる】のに
そんな都合よく、【アタマノナカの言葉の振り返り】はうまくいくかどうか・・・

逆に言えば、【アタマノナカ】だけではうまくいく!のかもしれません。

 

■未来を見るとりきんじゃう

じゃあ、先の時間、未来。を見る。すると、今の自分と比べちゃう。

「今、こんななのに、うまく行くか???」

もっともっとやらなきゃ~ってなる。

 

そもそも、未来と今は、変化の真っ只中にあるのに、つながるのも怪しいもんです。

今→未来、なんてこれまた、アタマの中にしかありません。

 

■今!

じゃあ、過去も未来も思いを巡らすのは、だめなのか~ってことですが、そんなことは
ありません。

わたしだって未来も過去も思います。

 

というより、軸足、立ち位置、視点みたいなもんをどこにしますか?あなたは?

ってことです。

今だけしっかりしてりゃいいのか~って言われそうですが、

「過去は記憶、未来は想像。今があなたへの贈り物」です。

 

贈り物は大切に。

 

美味しいスイーツも、人付き合いも、自身に関われるのも、「今」しかありません。

 

■自分でしかない

 

じゃあ、その「今」に居るのは誰ですか。

 

そう、自分、もっと突っ込んで言えば、今の自分。ですね。

 

もっとこうしたいだの、ああすれば良かっただの浮かびますが、その浮かんでるのも【今】です。

で、その時、真正面にいるのが、まさに自身、自分です!

カッコいい自分になろうが、

情けない自分だろうが、

お金持ちの自分だろうが、

彼氏持ち、彼女持ちの自分だろうが、

 

結局【自分】以外にはなりようがありません。

 

あんな自分、いいな~って時も結局は「自分」です。

○○な自分、解剖して、自分。まず、自分であること。このことを・・・大切に。

 

■自分であるっていう最大の楽しみ

 

得ようが、失おうが、変わろうが、「自分である」は変わらない。

長く付き合う自分です。

 

 

 

【○○な自分】は良くて・・

【△△な自分】はだめ~・・

だと、半分しか楽しめない。

 

今しかなくて、【自分】であるしかないなら、その根っこを楽しむ。

「へ~確かに、自分のままだわ・・・」ってとこから・・・・

改めてスタートする。

 

【自分でいいや~】がベース。

 

そこから、○○になろうが、△△を得た自分になろうが自由です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。