月別アーカイブ: 2017年9月

なぜだか辛すぎて食べられないカレーをいつも作るあなたへ

■肉じゃがにするかカレーにするか

肉、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎで作る料理は?なんですか?と聞かれたらあなたは、なにを想像しますか?

目の前に、肉、ジャガイモ、ニンジン、そして玉ねぎがあります。時は、夕方。あなたは、家族の晩御飯作りを任されました。
腹を空かせた家族の顔を思い浮かべながら、あなたは・・・・

「肉じゃがにするか、カレーにするか」と頭を悩ませています。

「甘しょっぱい肉じゃがも、香り高いカレーもどちらもすてがたい・・」なんて悩んでいたのもつかの間、あなたは手を動かし始めました・・・・

 

■あなたはどっち派

醤油にお砂糖、酒で作る肉じゃがは、ほっこり和みます。なんかわけもなくほっとして
時には幸せ気分になれたりもします。

一方で、カレー。香りと辛みの合わせ技は最高の組み合わせです。でも、刺激的過ぎて、
そう、辛すぎて、涙さえ流すこともあるかもしれません。

材料を見れば、どっちを作ってもいいわけです。なのに、なぜだか、あなたは【辛すぎて
刺激の強いカレー】を【作っちゃい】ます。気づくと、様々なスパイスに手が伸びます。

毎回、毎回、辛すぎて食べられないのに、【なぜだか分かりませんが】キッチンの棚にも、
いつでも取り出しやすいようにスパイスがぎっしり並んでます。本当は、ほっこり肉じゃがが
作りたいのに・・・・・

今日もまた、【辛すぎて刺激の強い、時に、作った自分さえ食べるのを悩むカレー】を
目の前に出現させました。

カレーを作ることも、肉じゃがを作ることも、出来るのに、【辛すぎて刺激の強い、時に、
作った自分さえ食べるのを悩むカレー】を作るあなた・・・

 

■決まっていないものを決めたのは

本来決まっていない【料理】を、材料を見ただけで【勝手に】に決めて料理しだしたのがエゴシステムの技です。匠の技です。

【なぜだか分かりませんが】、作った本人さえ食べることを【悩む】料理を作るエゴシステム。

このエゴシステムを強化しているのが「そういうもんだろ!」って【認識】です。
認識って書くとなんだか難しい感じがしますが、別にそんなことはありません。

例えば、街中の川の流れを見て、公害問題を気にする人も
いれば、好きな絵の題材にする人もいます。【川ってものがその人の中で<どういうもの>か?】
ってことが、認識です。

あなたが決めたんじゃありません。辛すぎて食べられない、悩み多き【カレー=現実】を作ることを。
決めたのは【認識】と【エゴシステム】の複合技です。

でも、いつも、辛すぎて食べられない悩み多きカレーを作っていることには気づくといいです。
いつもカレーじゃなくて、肉じゃがも作れるってことに気づく。【認識=そういうもんだろ!】を
無意識に使わない。

エゴシステムの主力機能である思考に身を任せない。エゴシステムの【オススメ料理】を受け入れる
必要はもうない、ってことです。

あったかくて、ほっこりしていて、甘くてしょっぱい、ご飯によく合う、肉じゃがを創る!
って、宣言してください。

 

この記事には続きがあります。読者特典記事として公開してます。

特典■優柔不断メソッド、です。ぜひどうぞよろしくお願いします。

無条件選択

■幸せも安心も探さなくて大丈夫・・・・

と書くと、おおむね、2つのパターンに反応が分かれるかと思います。

パターン1:そんなことあるかい!今のどこが幸せだよ!!=外側追求型

パターン2:頭ではそれは分かってる・・・でも・・・  =外側主導型

 

パターン1ですが。

 

何かを手にしないと幸せじゃない!だから、手に入れるまでは【私は幸せではない】
ってハッキリと、しっかりと、自分に、ちゃんと言い聞かせてる、そんなパターンです。

このパターンは、幸せ=得る ことって根っこがパターンのメインです。だから、【手に入れるために
どうするか】が重要です。

外側をどうにかしない間は【私は幸せではない】って言ってるので、幸せも安心も探さなくて大丈夫って
記事に、そんなことあるかい!今のどこが幸せだよ!!ってなります。

さて、「わたしはいっつも不幸せなんだよね~」って言ってるあなたの友達がいたとします。
その友達をみて【あいつ、あの子は幸せ満載だよね~】って思うでしょうか?

まあ、思いませんよね。だって自分で幸せじゃないって【宣言してる】んだから。

なので。手に入れるまでは幸せに<決して>なれません。自分でそう【選んでますから】

 

パターン2です。

【頭では分かってる・・・でもそう言っても、目の前のこれが】

【頭では分かってる・・・でもそう言っても、例のあれが】

って、どうしても、目の前、外の世界、にひきづられ、【やっぱり、ダメだ】ってなってしまう
パターン、ですね。

うん、うん、そう!!そう!ってセミナーや、書籍で上がっても、3日くらい経つと、元に戻ってしまう。

「あれ!?確か、分かってたはずなに・・・やっぱり、悩んじゃう、思考に負ける~」ってなるパターン
です。

 

■実は自身で選んでる

このパターン1とパターン2、ちょっと見には違うように感じますが、実は同じです。

どちらも、自身で選んでるって点で。

片や、手に入れるまでは【私は幸せではない】

片や、外にひきづられて【やっぱり、ダメだ】

 

どっちも原因は、自分以外のとこにあり、それに影響されるから、<どうせ>ってなっているって
ことについて【そうだ!その通り】って認識でいる点で同じです。

ここに気づくかどうかは、意外に難しいかもしれません。なぜなら、エゴシステムが気づくのを
阻むからです。

馬鹿になって受け入れられば上手くいく、なんて言いますが、<幸せも安心も探さなくて大丈夫・・・
へ~そうなんだ~ >って、すんなりいくと、いい感じに本当になります。

実はこれも同じなんです。

<幸せも安心も探さなくて大丈夫・・・そう!その通り!>って、自身で選んでます。

たったそれだけです。

 

■エゴシステムの必死 vs あなたの立ち位置

エゴシステムは生き残り、それだけが目的です。だから、必死です。あなたに気づいてもらっちゃあ、
困ります。

そのままで、幸せなんだ、とか、安心なんか探さなくていいんだ!なんて、あなたが気づこうもんなら、
ましてや、それを【選ぼう】もんなら、猛烈に邪魔します。

あなたが、白旗を挙げて【今まで通りのパターン】を継続するまでは、必死な活動が続きます。

でも、あなたは【選べます】

ようくようく、ようく、以下のことをしみじみとかみしめてみてください。ただし気楽にです。
気楽さがなくなると、エゴシステムが優位になります。

 

  ☆幸せも安心も探さなくて大丈夫、ってことを【選ぶだけ】なら、何か条件が必要ですか?☆

ってことです。

ようくようく、ようく、しみじみとかみしめてみてください。

【選ぶ】ってこと自体、その立ち位置に立つのを【選ぶ】こと自体には、何の不都合もないはずです。

立った上で、何か手に入れたければ、手にいれることすればいいし、

その立ち位置に立ってから、やっぱり【だめか】ってしてもいい。

 

何かの条件を付けなくても、立ち位置は変えられます。あなたが【そうするかしないか】
選ぶだけ。

 

気楽に、でも、ようくようく、ようく、しみじみとかみしめてみてください。

立ち位置に立つのを【選ぶ】ことには【条件は要らない】はずです。

 

エゴシステムが働くか働かないか、その邪魔は関係ないはずです。今まで得たものもいきなり失いはしません。

 

 

repeat リピート

しばらくぶりの記事更新です。すっかり秋めいてきましたが。みなさんは、どう過ごしてますか。なるほどです。

さて、サイトで一番読まれている記事の超大事な補足です。ちょっと耳の痛いとこもあるかもしれませんが、そう読めるのはあなたのせいではありません。エゴシステムのせいです。(エゴシステムとは

記事の中で「こうしたらいいですよ!」的記事もそれなりの数があります。
それに応じた、ありがちな、ほぼ「このパターンしかない!」って流れを以下に
書きます。

続きを読む