【その4】今のやりかた → ? なら・・・

記事その1 記事その2 記事その3 もどうぞ

 

変数A+不動B=満足のx でした。そして、不動Bに近いものには、
【大きな木、静かな湖や山、流れる大河、風のそよぎ】がありました。

 

そして、それらに触れると、【訳なく】 【落ち着く】  です。そして、前回は、
【訳なく】についてでした。

 

今回は【落ち着く】です。

 

落ち着く、を探る前に、反対に目を向けてみます。そう、落ち着かない、です。

 

落ち着かない、から連想・感じるのはどんなものでしょうか。

 

動き回る、ガサガサする、刺激や情報が多い、気に病むことが多い、アレコレ考える・・・
あたりでしょうか?

そう、どれも、エネルギーを使って何か活動している状態が連想されます。
そう、どれも、何か多いっていう状態が連想されます。

 

エネルギーを使う、活動している、多い、この3つがキーワードです。

 

■落ち着かないその1:エネルギーを使う

「ああ、疲れた~ ようし!何かバリバリと気合いれて乗り切るか!」

って逆じゃありません?

動き回って疲れてるのに、気分転換と言って、別の事にエネルギーを注ぐ。気晴らしにはなるかもしれません。
でも、本当にそうなのか、ってことです。

 

■落ち着かないその2:活動している

とにかく、何かしている。アレしてコレして、その次は、・・・もったいない、時間を効率的に・・・
傍から見てるとアクティブというより、ただ忙しいだけ、なんてことも・・

 

■落ち着かないその3:多い

読書、映画鑑賞、食べ歩き、音楽聞く・・・
こうだろうか?ああだろうか?でも、やっぱり、・・・・
不安、嬉しい、怒った~、悲しい、愉しい・・・・・

活動でも心の動きでも、とにかく多い!ってやつです。

と、まあいくつか見てきました。

 

エネルギーを使う、活動している、多い と・・・・落ち着かない、ようです。

では、改めて【落ち着く】です。

つまり、この反対です。

 

エネルギーを使わない、活動を低くする、少ない あたりが【落ち着く】に行きそうです。

となると、どんなものがあるかな~~と、始まっちゃうと、今までとおんなじです。

 

エネルギーを使わない、活動を低くする、少ない  そう・・・・・

 

なんにもしない、です。

 

だってそう、エネルギーを使わない、活動を低くする、少ないですよ。

何にもしない、しかありませんw

 

何にもしなけりゃ、エネルギーは使わない

何にもしなけりゃ、活動は低くなる

何にもしなけりゃ、色々と少なくなる

 

それは落ち着きます。

 

 

ここで思い出してください。

 

変数A+不動B=満足のx です。

そして、不動B、大きな木や、静かな湖も良いのですが、なんと、えらい簡単なのは、

不動B= 何もしないです。

 

「そんなことあるかい!」って怒ったあなたへ。

 

不動Bが何にもしない、つまり、無いってことだとすると「0」ゼロってことですね。

 

式に当てはめますよ。

——————————–
変数A+不動B =満足のx

変数A+ 0 =満足のx

0(ゼロ)だから、取ってしまいましょうか。すると。

 

変数A =満足の結果x

 

あれ!?

そう変数Aは、お金から自由になる!、とか、人間関係が良くなる!、とかだった訳です。

で。

満足の結果xとは、お金から自由になった、人間関係がよくなった、と言った結果です。

 

つまり。

変数Aが決まったら、【何にもしない】=0 で、そのまま、結果xになる。

式の上ではそうなります・・・・・・

 

——————————————————-

このシリーズ記事はここでおしまいです。だってもう、結論というか私たちも気づいたわけですから。

何もしない、それがキーです。

ここから、「どうしたら何もしないようになれるんだ・・・」と始まっちゃいそうなあなた。

ぜひ、最初の記事に戻ってくださいね。

記事をそこから読んだら、そう、何もしない、ことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。