【その1】今のやりかた → ? なら・・・

【あることを】考えて、理由や条件つなげて、やってみて、アレ!? 違う? じゃあ・・・

【別のことを】考えて、理由や条件つなげて、やってみて、アレ!? 違う? じゃあ・・・

【別の別のことを】考えて、理由や条件つなげて、やってみて、アレ!? 違う? じゃあ・・・

 

こんな感じに、普段なっていたりしませんか?あんまり考えたことはないですか?わたしはたまに考えたりします。

では。

これをシンプルにします。

【 】内はつまり、テーマ、ですね。これをAとします。

で。

考える+条件理由付け+行動は、仮にBとします。出てきたものを x にします。

すると。

A+B=x  または A → B=x みたいな感じですね。

今日は、この内、A+B=xについて書いてみます。(何のこっちゃ)

 

 

書きたいのは、最初に書いた「アレ!? 違う?」にどうしてなるのか、ってことです。

Aは、人によって、時によっても、変わりますね。恋愛、お金、結婚、人間関係・・・etc 当然、素になるものが違います。つまり変数です。だから、答え、つまりxは違いますが、今日、気にしたいのは「満足いくか、いかないか」ってとこです。

さて。A+B=xが、

変数A+B=満足いくx

変数A+B=なんか違うx

ってなる時、変数Aが同じなら、満足いくxか、なんか違うxになるのは、

単純に、ほんとうにシンプルにみれば、「Bが違ってないか」ってことですよね。この時に

「ああ、Bのやり方を変えればいいのでは」って今までは、やって来ませんでしたか?

◯◯法、△△式、・・・・で。xが満足いくなら、「ああ、やっぱりやり方だったんだ」ってなるわけです。でも・・・そうでしたか?あなたはどうでした?やり方変えても、xはいつも満足行かない、って感じだった?今も、そう?ですか。

となると。Bを変えるとは「やり方」じゃあない!ってことになりませんか?どうでしょうか?何か、うまくいかないと、私たちは【なぜだか】やり方が悪い、となってしまいます。(この何故かは今日は書きません)

でも、やり方変えても、変わらないなら・・・・Bの根っこ、そもそもBの本質が違ってネ?ってとこを疑るのもいいと思うんです。

さて、B、つまり、今までよろしく無いのは<やり方>だと思っていたが、やり方って、本質は何でしょう?それは・・・・

条件付けです。

~したら☓☓になる、っていう、<~したら>がやり方です。アレコレと巷にある本も根っこはこれが多いです。<~したら>って条件付けを変えたら、結果は変わりますよ~って、声高に言われてるやつです。

で。

あなたは、今まで、テーマAを変えずに、ひたすら、B、つまり<~したら:条件付け>を変えてきた。でも、結果xは、満足に中々届かないどころか、「なんかチ・ガ・ウ」っていつもなってきた。

だとすると、ひょっとしたら、満足のいくxが出るのは、Bは関係ないのかも知れない!、ってことになるんじゃあありませんか。これは、私の意見というより、私の体験と、皆さんの今までの体験からそう言えるのでは?って話です。

だって、B、つまりやり方を変えて、誰もが、満足いく結果xを出してるなら、あんなに次々と「やり方本=ノウハウ本」は巷に出ません。

結果x、テーマAが変わっても、結果xが満足いくようになる(する?)には、Bは<あんまり関係ないのでは?>って、考える方が、道理に合うように感じるのは、私だけでしょうか?

今日の記事は続きます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。