良いところ、よろしく!

■気付こうと力む

この手のサイトでは(笑)、よく気づきが大事とか、気づきこそ素晴らしいみたいな事が書いてあったりします。そうすると、エゴシステムは「それは良さげだ。ぜひ気付いてみよう!」なんてすぐになります。

まあ、とにかくしたがり、飛びつきたがりです、エゴシステムは。

すると始まるのは・・・

「どうやったら気付けるのだろう・・・」とか「目を半眼にして佇むのだろうか」とか「風呂に入るのが良いかも」など、まあ色々思いつくわけです。

 

■やってくる

友達を家に招く時に、友達の家に行って、友達担いで来る人は、まあいません。車で迎えにいくことはあるかもですが・・大抵は、自宅にいて、部屋の掃除や料理の準備なんかして、来るのを楽しみしてるのでは。

気づきも似たようなもんです。迎えに行かなくてもやって来ます。やってくるのだから、あなたは、別の愉しいことでもしてれば良いわけです。気張って迎えにいく必要はありません。探しにいっても大体、どの辺にあるのかも分かりませんw

 

■「気付いてるっけ?」

と言っても、待ってるだけもな~って方に、オススメその1!

「気付いてるっけ?」って時々、ふっ、と小声で言ってみてください。心の中でもオーケー、というか適当が一番です。「気付いてるっけ?」気づきはハッキリしてます。気づいた時は「!」ですから、すぐわかるのですが、エゴシステムは心配性だから、ちょっと助けてあげます。

「気付いてるっけ?」

 

■良いところ、よろしく!

そしてもうひとつ。

やって来るものはどうぞ、ですが、エゴシステムもいて良いだ、悪いだ言いたがります。だから、慣れない内は、ちょっとそれに乗って上げてもいいです。

「良いところ、よろしく!」

あくまで、受け身ですよ!自分で引張りこもうなんてしなくても大丈夫です。

お任せでいけます。

「良いところ、よろしく!」