あなたは「自分は勘違いしていない」という最大の勘違いをしている


あなたは「自分は勘違いしていない」っていう最大の勘違いをしている、と聞いたらどんな気持ちでしょうか?
「人間関係が劇的に良くなる3つの方法」を読んだのに、3回も読んだのに、
5回も実践したのに、何にも変わらない・・・こんな経験、結構ありませんか?

正しく、しっかり読んで何回も実践したの、うまく行かない。

そもそもこれが勘違いです。

あなたは正しくも読んでないし、しっかりと読んでもいません。
実践の中身も本来と違ってます。断言出来ます。

それは、あなたがエゴシステムに捕まっているからです。
エゴシステムの外に立てば、それはよく分かります。

■正しく読めてないからうまく行かない、ってそもそも思えない。

色んな本も読んで何とかしようと、一生懸命にやってきましたし、実践もした。
なのになんで変わらない!!! こんなことは結構あると思います。

情報はたくさんある、仕込みもしたはず。なのに、一向に変化なし。

なのに。

また、サイトを見たり、雑誌を読んだり、セミナーにも行ったりする。
で変わらない。

なのに・・・

実は、正しく読めてないからうまく行かない。ただそれだけです。
更に。
正しく読めてないからうまく行かない、ってそもそも思えない。

そんなこと、これっぽちも思えない。ここに最大の鍵があります。
まずは、こんな風になってないか、疑ってみてください。

そう、今、ここまで読んでも、実は、あなたはこの文章を正しく読めていません。

 

■あなたの読んだ内容は、エゴシステムフィルター後の情報です。

正しく読むとは、嘘がないってことです。フィルターを通さないで読むってことです。

今、あなたは、スマホを持ってますか。スマホが無ければ、部屋のあかりや太陽光線でも
いいです。

色の付いた透明なフィルムを、スマホにあててみてください。フィルムの色が付いた
光になります。

あなたが読む、本の内容は、サイトの情報は、この色が付いた光です。

書かれている内容をあなたは読む時にどう読んでますか?

読んで・・・「ああ、そうなのか・・・」 では?
普通はこうですね・・・でも嘘がなく読むとは・・・その読み方とは「そうだ!その通り」です。

「ああ、そうなのか・・・」 の・・・には、エゴシステムの感想や思考が実は満載です。

(そうは言っても)
(でも、そんなにうまくいくかい!)
(しかし、私にはいかんな)

そういう「ああ、そうなのか・・・」の・・・・にはこんなが入ってます。

どうですか?そんなではないですか?

※ちなみに、なんでもかんでも、こんな風に読むといい~なんて言ってませんのでご注意を。
何べんも同じような情報いれて、やってるのにうまく行かないなら、こういうことってことです。
そしてこのフィルターこそが、エゴシステムです。

■エゴシステムは自動、だから気付きません

ここまで書いても、まだ「本当にそうなのか・・・」って、エゴシステムは働きます。
そう、完全自動です。

自動とは、あなたの意思と関係無いってことです。

ところで、あなたは、何を根拠に判断してますか?そう、自分の思考ですね。
では、思考の元はなんですか?

そう、本や友達、の情報です。

そう、それが、エゴシステムのフィルターがかかっているとしたら。
単に、今までの、経験則の固まりであるフィルターがかかっているなら。

あなたの判断は、単なるパターンでの反応です。同じ結果しか出ません。
反応ですから。出たら困ります。

何が困るのか。エゴシステムです。

「変わっちゃ困るんだよ!今まで通りの君じゃないと」

これが、あなたには聞こえない、エゴシステムの本音です。

だから、エゴシステムは自動、そして、静かに、確実に動きます。
だから、あなたは気づきません。
だから、変われません。

 

■エゴシステムが邪魔するのは、あなたの変化です

エゴシステムとは、思考です。感情です。記憶もエゴシステムの一部です。
そしてエゴシステムの目的は、現状維持です。

あなたは、安心し「たい」?

あなたは、何かを手にいれ「たい」?

ですか?

この「たい」=変化です。変化は大ッ嫌いです。エゴシステムは。

だから、邪魔します。

そう、本やサイトからの情報にもフィルター=エゴシステム生き残り=変化させないを、
かけます。

あたなが、正しく本が読めないのはこういう仕組みがあるからです。

じゃあ、何っ度やっても変わらない事態を変えるにはどうしたらいいのか。

そうです。

「そうだ!その通り」

って読むことです。

 

■エゴシステムを破るには

まとめです。

正しく読めてないからうまく行かない、ってそもそも思えない、それがエゴシステムの働きです。。

しかも読んだ内容は、エゴシステムフィルター後の情報です。

その上、エゴシステムは自動に働く、だからあなたは気付きません

エゴシステムが邪魔するのは、あなたの変化です。

だから、今まで通りの【立ち位置】で読んでも変われません。
方法は2つ。

★1 書いてる本の作者自体になってそこから、本を読む
★2 エゴシステムを停止または緩める

★1は、認識の変更です。このように読むことに近づくには
「この内容通りなら、今までの私の認識は何が違っていたのだろう?」
と疑問を持つ読み方です。

★2は choiceでお伝えするメソッドです。特に名無しメソッドです。
名無しメソッドとは、名前を外すメソッドです。上で書いたように
思考の元は、名前や言葉です。名無しメソッドは、この名前の力を
外して、エゴシステムのフィルターの働きを根っこから弱めるものです。

当然、フィルターなしで、物事を捉えるようになります。

そしてフィルターなしで、情報をあなたに入れるなら・・・・この先は自分でぜひ。

choiceのテキスト購入はこちらです。

choiceのセッション予約こちらです。

 


あなたは「自分は勘違いしていない」という最大の勘違いをしている」への3件のフィードバック

  1. およよ

    返信ありがとうございました。

    エゴシステムは都合の悪い事は、忘れてしまうのだと気づきました(笑)

    返信
    1. なるほど

      こんにちは。セッション受けられた方ですね。エゴシステムの素晴らしいとこは、エゴシステムが自身の仕事を自慢してしゃしゃりでず、いつも、控えめで、それでいて、きっちりとやることはやるとこです(笑)

      ですから、抵抗とか諦めとか、執拗な説得とか、忍びよるように、仕事します。

      だから、意識的に名無しメソッドをやることや、結果の選択という、まさに意識的なことを、セッションで勧めました。

      自身(=影にエゴシステムが潜む)の立ち位置からやろうとすると、エゴシステムの反撃に合うので、なるほどの立ち位置、本来の立ち位置って何だっけ?ってとこから、進めると楽だし、人生、いい感じに周り出します。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。