ひとりアンケートは止めよう!相手もあなたも活きるたった2つのポイント公開!


■あなたが活きるのは相手が活きることと同じ!?

自分が生き生きとやっていきたい!って思いは誰にもあります。でもあなたはこんな風になってませんか?
「私のこの言い方、まずかったかな・・・」
「こういう振る舞い方、あの人、気分悪くなっていなだろうか」
「あのひとの態度、どうも自分のことが嫌?・・・・なのかも」

相手が気になって、自分どこじゃない!!ってやつです。

でも大丈夫です!ちょっとした、2つの事を意識するだけで今日から変わって行けます。

■【ひとりアンケート】は止めよう!あなたが思うように相手は観てない。

「あなたはこんな!」なんてアンケートの結果なんかどこにもありません。

私はどう見えてますか。次の3つから選んでください。

1、うざい
2、普通
3、比較的親切

え~と、3かな・・・

なんて、何十問もあるアンケートなんか、あなたは周囲の人にとったことなんかありません。また取るのも変ですね笑

あなた自身は、「この言い方はまずかったな。。。きっと評価下がったぞ」とか
「今のアクションは良くなかったな。。。いい心象が無くなった」とか
やってるかもしれません。つまり、【ひとりアンケート】ってやつです。

そんなアンケート結果なんて、いえ、アンケート自体がありません。にもかかわらず、
あなたは、相手の表情や言動をみて、アンケートの【答え合わせ】やってませんか。

今日からその答え合わせは止めましよう。
(ちなみに私も随分前は人に認めてほしくて随分【ひとりアンケート】やってました)
そもそも、【ひとりアンケート】なんてありません。

 

■相手が思うようにあなたは自分を見てない。

逆も言えます。相手の方はあなたの事を、、、

「あまりしゃべらないけど、しっかり考えてるな・・・」
「普段は気づかないけど、結構、自分のことを気にかけてくれてるな~」
なんて結構あります。

でも、そんなことを必ず相手があなたに伝えるわけではありません。結果、
上の【ひとりアンケート】の、ありもしない結果を採用することになります。

あなたの良さ、自分の良さは自分で分からない、というより、根っこに、
あなた自身の根っこに、実は【自分は欠けている】ってある事が、常に
相手の評価を自分で作ってしまう、相手の評価を常に態度や口で求めてしまう
理由です。

いずれにしても、相手が思うように、あなたは自分の良さがを見えてません。
もっともっと良さがあることを許しましょう。

■ひとりアンケートの評価が作る「こんな私」は案外落ち着く、にだまされない

上で書いたように、自分への評価、そして評価を求める気持ちは結構強いものです。

例え、それが実際と違っていても「わたしは◯◯」って、レッテル貼りすると固定します。

例え、それが実際と違っていても固定すると「そうだな」となると、落ち着く気がします。

落ち着くとどうなるか? 次もその次も、その評価を「再利用」出来ます。

リユースです笑 そう、エコです。いえ、エゴです。

エゴは限定なんですね、だから、新しい事や範囲外のことは苦手です。なので、あるものは何でも使う、それが本当かどうかなんて知ったこっちゃありません。使えりゃいい、ただそれだけです。

こんなエゴのリユースでしんどいのはあなただけです。エゴは落ち着きますが・・だまされないように。

■ひとりアンケートに要注意、そして、自分をそのまま認めよう

まとめです。

あなたが思うように、相手は観てないし、相手が思うようにあなたは自分を見ていません。
ひとりアンケートが、あっちこっち言ってるだけです。それは、単なる、エゴが決めつけた
いだけで行う、エゴのリユースに過ぎません。

静かにじっとして、よくよく、自分を観てれば、自分をそのままで行けます!そのままで行きましょう!あなたがあなたである時に、あなたが一番活きます。あなたが活きると、あなたの仲間も友人も彼女も彼氏も活きます。

そして、このひとりアンケートの嘘を見抜けるのが、choiceの名無しメソッドことリムーブメソッドです。あなたがつけてきた、たくさんのアンケート結果を引っくり返すことが出来ます。しかもシンプルな方法で。

それは名前、あたながつけてきた、ひとりアンケートの結果の評価を、外していくことで本来のあなたが出てくる形で現れます。世界も動いてきます。(受講者の声はこちら)

ひとりアンケートは、今日から止めてみませんか。

名無しメソッドの説明はこちら
choiceのテキスト購入はこちら
choiceセッションの案内はこちら