■一体どうしたらいいいんだろう

何か達成したいこと、叶えたいこと、自分を変えたい・・・などなど生きてくなかで、何か形にしたい時は結構あります。でも、今までそれをやったことがない、やれたことがない。当然悩みますよね。

仕事でどうしてもうまく行かない、同僚の言動に引きづられる、考えすぎで疲れる・・・・

なんとかしたい・・・

あれこれと調べたり考えたりします。「一体どうしたら・・・」「こうしたらうまくいくかも」「ああすれば良いかも」「んんんn」もう一生懸命考えます。考えずにはいられません。ゴールへの道筋をいくつもいくつも探るわけです。

うまく行かせたい!失敗は出来ない!失敗したら凹んじゃって・・・ますます考えるのに躍起です。ところが、これがある点を突破するとコロンと変わります。そう、「どうもしない」です。

■どうしたらいいいんだろうは、下手すると、どうもしないに変わっちゃう

考えて考え抜いて、そのうち、心の中、エゴ=「私」の声が、やる気からトーンダウンします。「もういいか・・・」これは、やがてパターンになります。癖ですね。止めグセってやつです。どうでもいいか・・・こうなるとエゴは「ウフフ」です。

どうせ、やっぱり、そうにきまってる まさに決まり文句を投げかけて来ます。いやってほど言ってきます。これは結構キツい。ある意味、もうどうでもいいや、ってベースでも時には「ようし!やってみるか!」ってなります。でも、ベース=癖は強い!

すぐさま速射です。どうせだめ、やっぱりしくじった、そうにきまってる、うまく行かん、、、。バシっバシって来ます。

考えて考え抜いて・・・やがてへたっちゃう。

■思考は推進力になりません。

思考は推進力になりません。これだけはハッキリ言えます。情報を得て蓄えて考えたらやってみる。やらずともまず「こうする!」って選ぶ、ここからしか始まりません。「どうしたら」の行先は、へたる、です。「こうする!」の先は未来があります。つかめるものが必ずあります。こうする、は推進力です。

ですが、「どうしよう?」はブレーキです。考えてる間は動けません。

※これをchoice的にちょっと説明します。思考は言葉の集まりです。言葉は本質を示しません。つまり本当じゃない。嘘です。幻みたいなもんです。幻ってつかみどころありません。あなたが動く足場になんかなりません。足場があるからこそ前を進めます。

ですから思考で「どうしよう、どうしたら」ってやって居る内は、踏ん張れないし進めません。足場なしだから。じゃあ、この足場とは何か。それは次の章で。

■「こうする!」これをあなたが選ぶのが一番です。

この足場こそ、選択です。こうするっていう意図です。こうする!だから必ず進みます。単純なんです。思考じゃ進まない。思考じゃないのは選択、意図。思考じゃないなら、「進む」に決まってる。単なる二択です。選ぶのはあなた。

■choiceでは、結果の選択を出来るようにします。

あなたの足場作り、推進力つくり、これをchoiceは後押しします。結果の選択がそれです。選択のその先、結果の先取りです。そしてこうなるわけです(受講者の声)でも、難しくはありません。

選択するチカラの大きさに気付かされた、って声もいくつも頂きました。セッションではこのチカラの大きさ、しっかり選ぶためのアドバイスもとことんやります。オススメです。

セッション予約はこちら テキスト購入はこちら