幸せは創らなくていい 既にある

happiness

■幸せは創るもの?

「ああ!あれが手に入ったら、幸せなのに、、」
「駄目だ。今のこの状況。不幸せそのもの、、、だ。」
こういうスタンスってなりがちですが、どんなものでしょうか?
仮に、手に入れるものをxとします。
はじめの例で言えば、
1、今は不幸せ
何らかの行動
2、xを手に入れる
幸せだ!
ですね。

■不幸の時間が長過ぎる

そうなると手に入れるまではずっと不幸せ、ですね。
手に入れて失うかもって思うと、手に入れても幸せ、じゃないかも知れません。
手に入れた「から」幸せ、って違っていて、余計なのはこの、「から」です。
「から」は条件です。条件は制限です。

■無条件の幸せ

幸せに制限の属性はありません。手に入れても幸せが長続きしないのはそういう理由です。
(過去、手に入れる嬉しさ優先で、私も叶えたことがありましたが、その大変(笑)でした)
じゃあ、どうすんだ~って言われそうですが、別に、今、幸せでいいじゃないですか。
無条件の幸せ、簡単です。
今すぐ幸せ、なれます。
「そんなの無理」ってなりますか。もしなるなら、あれこれ叶えるのも
多分大変になっていませんか。中々【思うように】ならない。
なぜって【条件】つけてるからです。
【思う】ことで、更に幸せを遠ざけちゃいます。
※思考は嘘つきますから。幸せは真実です。
せめて(といってもここ、突破すれば後ははやいと思いますが)幸せは無条件で。