月別アーカイブ: 2016年12月

何とかしなきゃは何とかしない

■はじめに整理します

この前の記事の続きみたいな記事です。
少し整理しておきますね。
まず。
目の前に反応して、何とか「しよう」とする。
そこには「あれが足りない」、「なんだか不安」、「どうしても不満」があるわけです。ここが始まりです。
目の前や自分の思いを「見る」
思考や感情が湧く:嫌だ、勘弁して、足りね・・・
「じゃあ、目の前を何とかしよう」:【目の前の問題はこれで解決!!◯◯式」へ。
目の前や自分の思いを「見る」 :ちょっとうまく行ったかも・・・でも
思考や感情が湧く:嫌だ、勘弁して、足りね・・・
「じゃあ、目の前を何とかしよう」:【目の前の問題はこれで解決!!△△法」へ。
が続くというアレです。
ちなみに、各種メソッドを【何とかする=物事の解決、改善のための主眼に】してやると、
ず~っと 物事の解決、改善のためにやり続けることになります。
(それはそれで良いかもしれませんが、ちょっとしんどいかも)

■まず、疑ってみてください

・目の前の確認→不足の思考→反応→行動→ 目の前の確認→不足の思考・・・
前の記事で書いたように、ここをひっくり返してみましょう。ひっくり返すのが難しいなら、まず疑ってみて下さい。
◯目の前の確認→不足、不安だと【思う】 → 思わなかったらどうなるんだろう。
◯不足、不満、不安だと【思って】、自身でそうだと【無意識に反応】してだけ?!
◯じゃあ、不足、不満だと思わなかったら・・・・足りないは始めっから嘘だった!? 最初から満ちていた。
◯じゃあ、「不足、不満を埋める◯◯式」は、却って遠回りしていたのでは・・・・
とこれくらい、疑ってみると、中にはぐらっぐらに今までの認識が揺らぐ方がいるかも知れません。
「じゃあ、どうしたら、揺らいだ認識を・・・」と【考えない】ように!!
上でわかったように、ありあもしない不満、不安を「思った、考えた」ことが始まりだったことを忘れないことです。
でも、何かしたい・・・・ですよね。 では、ひとつだけ。
私のオススメは、「ぼ~とする、まずはじっとしてる」です。
これ、本当にオススメです。
※「私=エゴ」は、とにかく反応と思考と判断、行動で出来てます。だから、間違いなく 「ぼ~とする、まずはじっとしてる」のはかなりシンドいはずです。で、「こんなのでは駄目じゃん。何とかしなきゃ」って出てきます。そうしたらこの記事に戻りましょう。

「私=エゴ」がハマる落とし穴

ana

■なっかなか止められませんでした

だい~ぶ以前、今みたいに気づいて無い頃。
目の前の世界、自分の周り、自分の気持ちや感情などなどに「影響」されて、
ああでもないこうでもない、とやっていました。
◯◯式がいい、と思えば◯◯式をやり、☓☓開発法が凄いと聞けばそれをやり、
「お!なんか変わってきたぞ~」と思って更に・・・
で、しばらくすると・・・「なんか、◯◯式ってうまく行かないし、効果薄い・・・」
「今度は【一瞬で変わる△△術】だ~」と怪しげなものにも手を出して。

■本当に「そうなるのか」?

巷には、ああ【するから】、これが変わる
こう【するので】、効果がある って実に溢れてます。
そして、それを聞いたり読んだり試したりしてるのも【自分】です。
そしてこう【思っている】はずです。(私はそうでした)
「ああ【するから】、これが変わるんだな~」
「こう【するので】、効果があるんだな~」
ここには3つの事が隠れてるのに気づきますか?
・何かしたら、何かするので、がずっとついて回る。つまり、何かしないと更に次に行けない。
・自分自身が「何かしたら変わる」と【思ってる】
・上の2つについて「その通りだ!!」と過去からの癖で(無意識に)受け入れてる
わたし自身は、ず~っとず~っとずっと、この繰り返しでした。
このループのよく出来たとこは、「ちょっとはうまく行った【気がする】」とこです。
だから、私も、取り組みの中身は変わらずも、ずーっと止められませんでした。

■【不足の先にある充足!?】

そして、なぜかは解りませんがこの先に【変わらぬ永遠の安心や幸せ】がある、と頑なに信じていました。
【ちょっとうまく行くと、すぐおかしくなっちゃう】事の先に、【どうして変わらぬものがある!】と信じていたのか
今は、全く解りません。
何かに効く、こうすると良い、みたいのは、【不足を埋める】もの。出発点は【不足】
だから、ず~っと続く【充足、安心、幸福】は、ここにはありません。
だったらひっくり返してみましょう!
自らの認識を!

そう!そう思う!を止める

自分の前に広がる世界を見て、そこに生きてれば何とかしたいって思うのが多いと思いますが、ほんとにそうでしょうか。

頭っからそう思ってないでしょうか。

belief

■目の前に反応

目の前を見る、「ああ、あれがだめ」「これが足りない」って【考え】、「嫌だな~」「不安だな~」って【感じる】
【だから】、目の前をどうにかしよう!!それ!
目の前がどうにかなっているんだから、目の前に働きかけるの当たり前だろ!
こういう流れは、多いし、なんとなくそうしてる、それが当たり前、ってなっているかと【思います】
ここで、この【思考の流れ】を一旦切ってみませんか。

■目の前のことを何とかするには、【目の前に】直接働きかける?!

それは、やっぱり「私」が何かをしてる、「私」がアレコレ考えて判断してるっていう【思い】が強いからだと思います。
「俺(私)以外の誰が、何か出来るっていうんだ!!」ってかなり強くあるもんです。
だから・・・・「目の前をなんとか」「この現実をなんとか」「この世界をなんとか」って、アレコレ考えて、
アレコレ判断して、う~ん、これなら行ける!!!・・・・・・・・・・・・あれ!?【思ったほど】でもないな~
どこかで【考え】違いしたかな~ってなる。
と、私自身も随分、こんなこと繰り返していました。
これは、考えたり、判断したり、何かする(それが例えスピリチュアルなメソッドやらなんでも)ことの
内容や種類にはまず関係ありません。
何をしようが何を考えようが、それが【外の世界をどうにかしよう】というものである限り、
何べんやっても、どれだけ繰り返しても変わったり変わらなかったりです。
つまり、【外の世界、目の前の世界をどうにかしよう】は、うまく行ったり行かなかったりです。
そして、この事をず~っと繰り返してるんだけれども、やっぱり、【目の前の世界を何とかしようと】と
してしまう。
いや~「私=エゴ」は、強力、かつ、しつこいです。
何年も、いえ、それ以上【何とかしよう!でも、うまく行かないや・・・】を続けても、やっぱり
目の前を何とかしようとしちゃう・・・・・

■認識の変更

話題は少し違うところから。
セドナメソッド。言わずと知れたクリーニングメソッドですね。
湧いてくる感情や思考を手放すことで楽になるメソッド。
ある時気づいた事は、「現状を苦しい気持ちやモヤモヤ思考を何とかするメソッド」じゃなくて、
【目の前の事は働きかける必要がないから、苦しい気持ちや思考を手放しちゃえば】
【内から湧くものを手放しちゃえば、内に従うって本来の流れに乗れる】ってことです。
目の前はどうともならない。
でも、目の前に反応して、どうにかしようとする。そして、つらい感情や思考が湧く。
【 目の前は どうともならない。だからこそ手放す】
そしてもうひとつ。
choiceでも書いてるように、内面の選択が、現実を作ります。
目の前の現象を何とかしようしてもかなわない。
するのは選択だけ。メソッドは「外は何ともならないし、する必要もない。
なぜなら、外は内から生まれるから。
何か外に働きかけようとする必要なんてどこにもない。
それに気づいてからは、結構自動運転みたいに、逆に現実が勝手にいい感じで整うようになりました。
予想外の楽しい、ワクワクが増え、あれほど働きかけていた世界に働きかけることなく、世界が動きます。
※と、記事を読んで、「どうしてそうなるのかな~」と考えないほうが良いです。考えるのは、即、目の前を
 どうにかしたい、につながるので。