なんとかしたいって勘違い!

■「ほんとに問題があるのだろうか」

まあ、生きてるとあれこれと問題が起きてくる(感じ)わけですが、果たして本当にそうか?
なんとかしなくちゃってのがあなたをめっちゃ疲れさせてませんか、という記事です。
kanntigai

■認識を、視点を変えてみる

問題っていう凝り固まったものは実はないことは、頭を切り替えれば気づきます。

■「体重が重い」「外で風が吹いてる」どちらも「問題」ですか。

 さあ、認識切り替えスタートです。
 「体重が重いのが問題!」そうお悩みの方もいるでしょう。
 「重い、嫌だ、ダイエットしなくちゃ」なんて。
 ここで切り替え!!
 「体重が重い」と、なぜ「問題」なのでしょう?
 「体重が重い」 「外で風が吹いてる」 どっちも状態を指してるだけ。
 一方は問題で一方そうでない(まあ、ボート選手には風は問題かもしれませんが)
 「体重が重い」ことと、「問題」は、頭が勝手につなげて作り出しただけです。
 なんも問題じゃあありません。

■そもそも「問題」があるのか。

 続けていきますよ。ここから、ガツンと行きます!
 どうして「問題」だと思ったのか。それは、あなたが「問題」だと思ったから、です。
 「問題なんだ」と認めたその瞬間から「問題」が生まれます。
 状況はあります。ですが「問題」はありません。
 問題は作られます。あなたが「そう、問題だ」と認めることで。

■「問題」を認めるように、「解決」を認める

 さあ、最後です。あなたが「問題」だ、と認めたから、問題ができた。
 はなっから問題なんてない、っていってもいいんですが、やっぱり痩せたい。
 なら同じことをしましょう。
 「痩せた」と認めてください。「問題」を作って認めたように、「痩せた」と認める。
 「解決」を認めましょう。
 すると、「どうやって」と大抵でます。ですが「どうもしない」です。
 「痩せた」と認めたのだから、「痩せるためにどうするか」って「考える」ことは
 振り出しに戻ったの同じになってしまいます。
 「痩せた」と認めて、「なぜだか」ウオーキングしたくなるか、糖質ダイエット始めるかもしれません。
 でもそれは「痩せるための」のものではないです。
 その前に、既に「痩せた」と認めたのだから。

■まとめ

 問題はない。状況があるだけ。
 問題を作り、認めたのは自分。
 だったら同様に解決を作ればいい。

なんとかしたいって勘違い!」への2件のフィードバック

  1. K

    いつも読ませていただいております。
    こちらの記事をたまたま昨日Twitterから拝見しました。

    本日AM締め切りの原稿があったため、
    試しに、原稿が書き上がった自分となっている自分になったところ、
    ことのほか筆がはかどり、いつもの半分以下の時間で原稿が仕上がり、
    余裕をもって提出することができました。

    おかげで非常に爽快な気分を味わうことができました。
    ありがとうございました!

    1. なるほど

      返信がおくれました。そう、自身で決める。たたそれでけですよ~

コメントは停止中です。