エゴという癖に気づく1つの考え方


tumekami

■「どうしてそうなってしまうのか!?」 それは「私」っていう癖のせいです。

自分ではそうしたつもりがないのに、なぜかそうなってしまう。そして、そうなっていることにも
あんまり気づかず、ふとした時に思い出す。そんな意識に登らない「私」という癖について
気づくための記事です。

■自分がまるごと癖だとまず知ることです。

無意識に動く「私」という癖、そんな意識出来ないものをどうやって気づくのか!
そんなコト出来るのか!?って感じがしますね。意外と簡単です。

【あなたがまるごと「癖」そのものだ】と認識するってことです。

ちょっと???どういうことって感じかもしれません。
普通は、私の癖は、●●だな、って特定の癖が、自身の中にあるように思っていますが、
そうじゃない。あなた自身が全部「癖」そのものです。

 ■決意は習慣に勝る

今回のブログへの質問1は・・・・

1、私も意図しても本願というものが実現しません。恐らく何かほかのことを優先して取りやめてしまっているのだと思いますが、自分では気が付きません。そういう場合、一日に数回機械的に自分こうなるよと自分に言い聞かせれば効果があるのでしょうか

でした。

これを上に当てはめるなら、「意図しても本願が叶わない。意図の取り下げしてるけど、自分じゃ
  気づかない」って癖です。つまり「気づかない」って事自体が「癖」なので、どうやったら
気づけるか?1日に何回か忘れていた意図を機械的に自分に言い聞かせたら取り下げないように
効果あるのか?ってとこから入ってもあんまり効果はないように思います。
言い聞かせるなら、相当な数、1日に自身に入れないと、と私は思います。

それより、私のおすすめは【自身の決意を先にする】ってことです。

「癖」、「私」っていう癖は長年の生活で出来たものです。あなた自身です。ちょっとやそっとで
変わるもんじゃありません。そのためには【私は決して意図を取り下げない】って淡々とハッキリと
決意することです。

自身の【取り下げない】っていう固い明確な選択が先です。意志は、決意は、習慣に勝ります。

  ■対応したい、という「私」の癖

2つめの質問はこれです。

「願望は勝手に湧いてくるわけですが、湧いた時に自分を客観的に見て、自分の本意と異なる願望だった場合、自分の本意の願望に唱えなおす感じでしょうか。」

これは、<何かが起きたら、それに対応する。そうして解決してまた起きたら、また対応です>ともとれますね。でも、逆だな~と私は思います。

これはとてもくたびれちゃいませんか。起きたら対応、起きたら対応。「私=エゴ」は、何かすることが
大好きです。対応、それはエゴの好物です。「何かしないと!!」といつも探してます。行動が悪いのではなく、「行動しないとどうにかならん!」っていう思考の習慣。これも「私」という癖です。

  ■選択が世界に反映する

   選択、内面の選択があなたの世界に反映します。最初に、何が湧いても別に構わないってしておけば、別に何が湧こうがお構いなし、ですね。自分の本意と違う願望が湧いても、です。

 

■まとめ

大切なのは、「どうするか」ではなく、「どうあるか」です。自身の立ち位置をそもそもどこに
置くのか。「私」っていう癖に引きづられないためにもこれはとっても大事です。


エゴという癖に気づく1つの考え方」への3件のフィードバック

  1. ななしの権瓶

    癖に関しては記事で詳しくお書きになっていたようで
    忘れておりました。
    申し訳ありません。

  2. ななしの権瓶

    記事の感想と質問になります。

    改めてわざわざ記事を作ってくださりありがとうございました。

    >自分がまるごと癖だとまず知ることです。
    私という自我。この肉体を持った分離意識であり、常に常識や観念にとらわれて世界を見ている存在とするなら
    一人一人癖だらけの存在ということでしょうか。
    解釈違ってたら突っ込んでいただけると嬉しいですw

    一日に何度かならいいですが、アファメーションみたいに何千回もやる方法は
    大変すぎますし、なかなか続きません。続いている方はすごいです。
    そういう意味で決意をするというのは簡単ですごいいいですね。
    そして、その決意は、あり方でもあるということですね。
    例えば、どこかへ行こうと決意すれば、車に乗るなり電車に乗るなり自分の世界は
    目的地に向かうための動く感じですね。

    そこで質問が湧いてきてしまいました。

    よく自我には願望を実現する力がないことや、私という存在の認識、行為はどこまで行ってもエゴ視点とも聞きます。
    思考も、感情も、行動も、願望すらも、自動で湧いてくる。
    だからこそ、願望を取り下げたり、変更してもエゴには気が付けないのかなと。

    また、人生は視点を変えると起きることが起き、起きないことは起きないようになっており
    エゴに自由意志がないとも聞きます。
    でもエゴは何が起きるか分からないので、自由意志があるように勘違いをし
    あたかも自分の力で、願望実現を起こしているかのようにとらえ、世界を見ていると。

    もしそうであるならば、どんなに自分(エゴ)が決意をしても、
    起きることと矛盾してしまったら実現はしないのかなと。
    起きることと一致したら実現するのかなと。

    先日質問をしてから、色々と考えている中で、自由意志がないなら、
    エゴ=私視点でのあらゆる行動は、願望実現には効力はなく、最終的には気休めにしかならず、
    実現する願望は実現するし、しないものはしないという情報に関して
    どのようにお考えがもし良ければ教えていただけると大変ありがたく存じます。

  3. ななしの権瓶

    お忙しい中、丁寧に解説してくださりありがとうございました。

    ブログの記事に対して質問させていただきたいこともあり、
    記事の感想も含め、まとめてから明日改めて投稿させていただきます。

    よろしくお願いいたします。

コメントは停止中です。