ふんばらな・・・い!

様々な想いや考えは、毎日飽きもせず、たっくさん出てきてると思います。
想いや思考に重さがあって、それらを見んな集めておいたら、相当に重くなるんじゃないかなあ~なんて。

ところで。

後からあとから湧いて出てくる、この思考やら想い、感情やらを、あなたは普段どうしてますか?

中には嫌なものもあったりして、「どうしてくれようか!!ギリツ!(歯ぎしりの音)」のもあると
思います。こうなるとなんとかしたくなるのが人情ですね~
この思考の原因はそもそもなんだろう?とか、

もっとポジティブにならなきゃ、とか、

あれやこれやと突っ込みを入れたくなるものです。


私もそうでした。さらに、メソッドジプシーの私は、「こんな感情は○○式で対応だ~」とか「こんな思考は、××法でオッケー!」みたいな。
また、そんな情報(○○式、××法)やらに触れると、逆に「これで解決だ~」なんて妙にうれしくも(!)なったりしてましたw
でも、本当はどうにもすることはないんです。

出てきたものは抵抗しないのが一番です。
大体、外歩いてて強い風が吹いてきた時に「この風を○○法でなんとかしてやろう!!ムフフ。」なんて思う人はいないはずです。
でも、こと自分の問題やらなんやらに(本当は問題もないのですが)絡むこと、もう放っておけない。
「ここが正念場だ!!踏ん張らないと。なんとかしなくちゃ!」ってなってしまう。
外を吹く風と一緒です。出てきたものにああだ、こうだ言っても始まりません。

それよりも。

出てきたものをよく「見る」「単に感じる」
感情そのものや思考そのものに実体はありません。

風、みたいなもんです。
「お、ちょっと出てきたな。」くらいのスタンスで、「どれ。どんな気持ちがみてみようっと」
ってやってみてください。
何回かやったら、思考や感情が【軽く感じたり】、【揺らいだり】、【消えたり】します。
(ただし一生懸命に「みよう」ってしないのがコツって言えばコツです)
なんで消えたり、変わったりするのか?


それは、問題だと思っていたものが「本当はない」からです。
問題自体が本当はないから、それに紐づく感情や思考も「本当はない」ものです。
「本当は無い」から、ふんばらないで、見ようとするだけで、変化する。

(これはこの記事よんだだけじゃだめですよ~。やれば、ちょっと「見よう」と

する事を何回かやってみれば必ず、変化するのが分かります)
まずは「感情や思考には実体がない」ってことに気づくことで、たぶんあなたの人生は大きく変わるはずですよ~。

気づくだけでは「まだどうにも動かん!」っていう強い思考や感情は、セドナメソッドや私のリリース(手放します、とただ宣言するだけ)を何回かやって手放してから、次に出てきた時に、「踏ん張らないでみる」と、格段に楽になると思いますよ~
出てきたものには踏ん張らな・・・・ない!を合言葉に!w