月別アーカイブ: 2016年3月

愛の雪ダルマメソッド


自分を認めよう!とか、自分を愛して下さいとか、色んな本やのサイトで読んで、「よし!やってみよ。愛してる!」とやると、心の中から、こんな声が聞こえることがありました。それも結構強く!

お前、なーに、言ってんの?脳天気に。

お前のどこ、愛せるっていうんだよ!!
欠点だらけじゃん!ばーか!

めげますw

周りからだけでなく、自分からも駄目出しされるのはw

「愛してる。」
「ふざけんな。」
「そんな事云う自分も愛してます。」
「どこが愛せるっていうの!」
「愛してます」
「うるせえ!」
(T_T)   ですね~w

そんな時は、雪ダルマメソッドをオススメします。【自愛の雪ダルマメソッド】です。

自愛は本来、【在り方】なのでメソッドじゃあありませんが、そこはちょっと脇へ置いておきます。

まず、
「愛してる」って自分に伝えて下さい。

ここで、反発が猛烈で愛するどこじゃない!ってなったら、こうします。

「許せる範囲で愛します」

エゴはここで、困ります。
無条件全面愛なんか認めるか!この!って思ってるので、反発が凄い。

だから、【許せる範囲で愛する】のです。

すると、エゴは
「え?!全面的じゃなくてもいいの?!」
「ちょっとでいいんの?!」
って、少し肩透かしを食ったような感じになります。そこがポイントです。

実際、どの程度愛せるのかは関係ありません。分からなくてもいいんです。

ポイントは、エゴが(自分を愛してもいいのかも・・・)っていう【許可の範囲を広げる】ことにありますから。

自分が嫌だから、エゴはなんとかしたい。なんとかなった自分を愛したい。
でも、本当は、今、あなたは無条件に全面的に愛する存在です。

~したから愛するなんて遠回りは要りません。でも、エゴは、それを受け入れられない。全面的とか無条件ってエゴは怖いので。

だから、「許せる範囲で愛します」です。

すると、不思議な事にさっきまで猛烈に抵抗して拒んでいたエゴは落ち着きます。

そのまま、また、「許せる範囲で愛します」とつづけると、さっきよりもす~っと、自身に愛が届きます!goodです!

簡単です!是非是非、お試しを。
そして、やってみて「こんなんなった~」って方、コメント下さいね。

雪ダルマメソッド その1です。


誤解メガネを外せ!


「そ、そ!それは誤解です~」ってテレビの台詞みたいですがw

これってなんか違わなくなない!?って感じる時、実はこの台詞。
あなたの心の中でつぶやいてます。もちろん、あなたが、です。

でも、長年の習慣でこの声は、表面、あなたが意識出来るとこまで届きません。

ただ、感覚はちゃんと届いています。それは違和感ってやつです。

「なんかおかっしいな・・・」

「どうも変。うまくいかん・・」

その感覚正しいです!

変だな~って感じる時、どうもチガクねって感じる時は、本当はそうじゃないから、です。

「そ、そ!それは誤解です~ほんとうは違うんです!」ってナビされてます。感覚に。

逆に「お!なんかいい感じだな。え!オイ!」って時は、【本当】へナビされてます。

あなたの感覚はバッチリです!信じて大丈夫!

あなたの思考はぽっかりです!実は穴ぼこだらけです!

だいぶ以前(生まれたころ)はまだかけていなかった「誤解メガネ」。

なんかドラ◯もんの秘◯道具みたいですがw

これ、いくつかかけてます。大抵(私は8個や9個はかけてたかな~今もかけてるかも)は。

で、メガネ越しに世界をみようとするから、それはもうゆがんで見えちゃう。

実像なんかどこへやらwです。

でも、そんな時。

「一体どうなってんだ、この!!世界はよう~!!」って声が聞こえたら、もう、誤解メガネを外したも同然。

あなたは、なんで「この世界はこんななんだ~」って違和感を抱いたのか。

始めから、「こんな世界」しか知らなかったら、「おお、そうだ!!この通りの世界は」ってなるはずですから。

だから。あなたは、知ってます。本当が、実像は「こんなじゃない」って。

知ってるから違和感がある。

だからどストレートに、歪んだ誤解メガネ越しかもしれないが、【ただ実像(本当の姿)】に目を向けてみてはどうですか?

誤解メガネはそろそろ四次元ポケットへおさらばです。


まず愛しちゃいましょう


まずは愛しちゃいましょう

「なんで私ばっかりに辛くあたんの~」

周りがなんか敵だらけに見えてもう勘弁なんて時もたまにはあるかも知れません。

また、そんな感じがず~っと続いている人もいるかもしれません。

しんどくて、自分にも嫌気がさしたりするかもしれませんが、そんなときこそ、【自分を思いっきり愛しちゃってください】

嫌なこと言われて凹んでも「(そんな自分も)愛してる」

大変なこと起きて「うう!」って時も「(そんな自分も)愛してる」

以前、私は周囲に認めて欲しくてほしくてたまりませんでした。

ある意味、認めてもらって「愛して」ほしかったのかもしれません。

その頃は、まあ、「自分に納得できなくて、そんな自分が嫌い」でした。

嫌いだから、嫌いな自分でも、よけいに「誰か認めてくれ~」って思ってたのかもしれませんね。

そんな時は、なぜだか世界は冷たい(冷たく感じた)って思ってました。

「俺、こんなしんどくて、大変なのに、なんで、またまた冷てえ~んだ!」ってすねたりして(笑)

で、ある時。

「まあ、周りからが無理なら、自分だけでも愛してみるか・・・自分のこと」

それから、しばらくは、もうそれは、愛しまくってましたw 自分のこと。

駄目だしはしない、駄目だししても(習慣で)、そんな自分も愛して愛して・・・

自分に大好きだよ~愛してるよ~って津軽、いえ、告げる。

そしてしばらくして(と言っても1週間かそこらですが)ある時気付きました。

「なんか、最近、私にぶつかってくるもの少ない・・・」
「なんか、優しくされること、助けてもらう事、都合よくいくこと、多いな・・・」

と同時に。

とっても穏やかなのと、「ムフフ」ってなぜだか分からないんですが、心の奥深いとこから嬉しいというか、満ち足りてるっていうか、そんな気持ちが湧いてくるようになりました。

自分を許して愛しまくっていたら、周りにいっぱい不満があると言っていた時と180度逆転!!みたいな感じで。

これにはちょっとびっくりしました。自分は世界ってホントウですよ~

それは自分を愛すれば、自分が愛ある存在であるって自身で許可したんだから、ちゃんと投影されますよ。

でも。

「そんなこと言われても、こんな自分なんか愛せるか~!!!」って方!

騙されたと思って、1日だけでいいから、「自分を愛しちゃって」ください。

ちなみに。

愛するのにお金はいりませんw =お金が不足しない

時間もさほどかかりませんw =時間が足りなくもならない

損するものもない。 =不足もしない

ようは、愛してみても、「何かが足りなくなる」ってことは決しておきません。

100%それは言えます。

じゃあ、なんで、愛しても「何かが足りなくなる」ってことが起きないか?

それは、愛が完全、愛が充足と同じ属性だから。

愛しても不足はない。むしろ、愛することで、完全、完璧、充足の属性に自然に意識を向けることになります。

だから、【とっても穏やかなで「ムフフ」ってなぜだか分からないんですが、心の奥深いとこから嬉しいというか、満ち足りてる】感じになるのは当然なんですよ~ 同じ属性ですから。

気持ちいいですよ~。愛するのって。

今この記事、よんだら、すぐに。

「この記事読んでる、私のこと、だ~い好き。愛してる。」

です。


心地良く!自分良く!


心地良くなる事って好きですか?

好きですよね~!

自分で「良いなあ~」って感じること、気持ち良いですか?

気持ち良いですよね~!



なのに。
一生懸命がんばって、、、、

【心地良く】なろう!としてませんか?

【良いなあー】っなろう!としてませんか?

私は随分と長い間、そうしてましたw

心地良くなる【なる】為に、何かする。
良いなあーに【なる】為に、何かする。

何かは要りませんよ~

心地良く、良いなあ~ってなるのに
【なんか条件っいるんだっけ?!】
って、自身に問いかけて下さい。

で。放って置く。

多分答えは【要らない!】です。

わざわざ、【心地良くなる為に何かする】って、『おかしくね?!』ってちょっと立ち止まってみると、見えるもの。

たくさんありますよ~

心地良く、良いなあ~

【自分良く!】がいの一番!


近いうちに


「近いうちに飲もうか」なんて良くいいますね。
「いいね~行こうか~」なんて返事もします。

でも、大抵は行かないw

近いうちって一体いつだよ~って小学生ばりの突っ込みを入れたくなるとこですが、その突っ込みは、ズバリです。

「今、ここ」ってスピとかでも言われます。
「今」がなにかって話しは、またその内ですが、飲みの誘い以上に、「今」は大事です。

湧き上がってくる感情を「ああ、嫌だ、イヤダ!」って抑えこんで、あんまり感じようとしない。
感じないまでも、「見よう」ともしない。

上がって来た「今」、その瞬間の気持ちから、意識をそらして・・・何か別の事に置き換えたりすると、その時は、それらの気持ちが消えたような感じがしますが、なくなったわけではないです。

出てきた時、出てきたその「今」瞬間に、ようくみてあげてください。

感情は、特に、嫌な記憶なんかから上がってきた感情、その感情は実体はありません。

じっと「みて」あげれば、消えます。

消えると、当然心がラクになりますよ。軽くなるのが実感できます。

「今」を逃さず、感情をちゃんとみてあげてみる、そんな時間が増えると、あっという間に、感情が消えるのを目にすると、今を大事にすることが自然になりますよ

 


音楽そのものを味わおう


私自身はあまり音楽を好んで聴くほうじゃないんですが、ジャズは時々聴きます、って音楽の好みの話じゃあ、ありませんw

音楽も、料理も、様々なモノもそうですが、色んな性質やら属性、側面や特徴を持っています。

音楽なら、リズム、メロディ、曲調。
料理なら、見た目や味、食感なんかもありまね。「パリッとした食感がいいね~」なんて。

 

 

意識を向けて、これらひとつ一つの属性を味わうのも良いですね~
でも、もうひとつ、楽しみ方があるんですよ。

 

 

それは「そのものを味わう」です。

音楽なら、リズム、メロディ、曲調を同時に全部味わう。
料理なら、見た目や味、食感、さらに食器まで、全部同時に注意を向ける。

 

さらに行くなら、

【音楽】っていう、そのものをみる


【料理】っていう、そのものをみる、といった感じです。

私たちは、普段の生活で、案外と「そのもの」に意識を向けてません。

好きな彼女の「言動」だったり、嫌いな仕事の「量」だったり、テレビの「ストーリー」だったりと
それぞれの持つ、無数にある属性のひとつに、意識を向けて、【全体をそしてそれが、そのものだ】と認識してたりします。

それはそれで別に悪いことでもありません。
でも、「そのこと、対象、それ自体っていったい何?」って注意を向けると、きっと新しい発見が
あると思いますよ~

 

 

今まで見たり感じたり聞いたり、「そうだ」と信じ込んできたものが、ごろっとひっくり返ることすらあるかもしれません

嫌なことは本当に嫌なことなのか・・・
幸せって本当に頑張らないと手に入らないのか・・・・
望むものって本当は何なのか・・・

 

 

「それ自体っていったい何?」

 

そんなスタンスで、少し、あなたの内面を見てみると面白いと思いますよ~

あ!くれぐれも、「そのものをみる」時に、頑張らないように。気楽に気持ちよくがポイントですよ~

 


ふんばらな・・・い!


様々な想いや考えは、毎日飽きもせず、たっくさん出てきてると思います。
想いや思考に重さがあって、それらを見んな集めておいたら、相当に重くなるんじゃないかなあ~なんて。

ところで。

後からあとから湧いて出てくる、この思考やら想い、感情やらを、あなたは普段どうしてますか?

中には嫌なものもあったりして、「どうしてくれようか!!ギリツ!(歯ぎしりの音)」のもあると
思います。こうなるとなんとかしたくなるのが人情ですね~
この思考の原因はそもそもなんだろう?とか、

もっとポジティブにならなきゃ、とか、

あれやこれやと突っ込みを入れたくなるものです。


私もそうでした。さらに、メソッドジプシーの私は、「こんな感情は○○式で対応だ~」とか「こんな思考は、××法でオッケー!」みたいな。
また、そんな情報(○○式、××法)やらに触れると、逆に「これで解決だ~」なんて妙にうれしくも(!)なったりしてましたw
でも、本当はどうにもすることはないんです。

出てきたものは抵抗しないのが一番です。
大体、外歩いてて強い風が吹いてきた時に「この風を○○法でなんとかしてやろう!!ムフフ。」なんて思う人はいないはずです。
でも、こと自分の問題やらなんやらに(本当は問題もないのですが)絡むこと、もう放っておけない。
「ここが正念場だ!!踏ん張らないと。なんとかしなくちゃ!」ってなってしまう。
外を吹く風と一緒です。出てきたものにああだ、こうだ言っても始まりません。

それよりも。

出てきたものをよく「見る」「単に感じる」
感情そのものや思考そのものに実体はありません。

風、みたいなもんです。
「お、ちょっと出てきたな。」くらいのスタンスで、「どれ。どんな気持ちがみてみようっと」
ってやってみてください。
何回かやったら、思考や感情が【軽く感じたり】、【揺らいだり】、【消えたり】します。
(ただし一生懸命に「みよう」ってしないのがコツって言えばコツです)
なんで消えたり、変わったりするのか?


それは、問題だと思っていたものが「本当はない」からです。
問題自体が本当はないから、それに紐づく感情や思考も「本当はない」ものです。
「本当は無い」から、ふんばらないで、見ようとするだけで、変化する。

(これはこの記事よんだだけじゃだめですよ~。やれば、ちょっと「見よう」と

する事を何回かやってみれば必ず、変化するのが分かります)
まずは「感情や思考には実体がない」ってことに気づくことで、たぶんあなたの人生は大きく変わるはずですよ~。

気づくだけでは「まだどうにも動かん!」っていう強い思考や感情は、セドナメソッドや私のリリース(手放します、とただ宣言するだけ)を何回かやって手放してから、次に出てきた時に、「踏ん張らないでみる」と、格段に楽になると思いますよ~
出てきたものには踏ん張らな・・・・ない!を合言葉に!w

自分の感覚を信じよう


あなたが真ん中です。だから、あなた自身をまず大事にしてくださいね。

そして、メソッドとかやる時は、自分の感覚を頼ることです。

答えは外にはないって良く言われるじゃないですか。それは、
あなたの中にナビゲートしてくれるものがあるってことも意味します。

どこかでメソッドのやり方を見たらまずやってみる。

そして、感じたものに従う。やってみればすぐに分かります。

やってみる。

(・・・・なんか違うな)

(嫌な感じがするな・・・・)

そんな感じがする時は、

なんか頑張っていたり、「向かっていこうとしてる先」が実はちがっていたりを教えてくれています。(もちろん、あなたにとって)

感覚、それはちゃんとナビゲートしてくれます。

気持ちの良い方へ。
心地良いほうへ、行くとき、自分の中にひっかかりは、ほとんど無し!

でも、いろんなこだわりとか、自分の本心に嘘ついてたりすると、
思考に巻き込まれて、感覚ナビも狂いがちです。

それでも、まずは、自分の感覚を信じてください。

どこかのサイト(このサイトもそうですよ~w)に書いてあることも
ちゃんと、自分の感覚を通してください。

本質は同じでも、「あなたの感覚がつまえるもの」こそが「あなたの本当」です。


力を抜いてみては


まずは、力を抜いてみませんか。

頑張ることが悪いってことじゃないけど、いつも力を入れてるのも辛いもんです。

頑張らなきゃって、必ずしも必要じゃないです。むしろ邪魔になることもたくさんあります。

頑張ってリリースしなけりゃ!

頑張って気持ちを変えなきゃ!

頑張って関係を変えなきゃ!

でも、頑張って、頑張って、頑張って、疲れちゃってませんか?

頑張らなくても、案外うまくいきます。

「あれ!?こんなにうまく行っちゃって良いんだっけ?」

良いんです(笑)

うまく行っちゃって!うまくいくのが本当だから。

だから力を抜いてみてください。

力抜くと、

日頃は「たまらんな~」って感情も、「ふ~ん」って眺められるようになります。

日頃は、「もうなんとかせい!どうしたら良いんだ~」って思考も「ふ~ん」って
眺められるよう、目を向けられるようになりますよ~

私の場合・・・

【一生懸命】にメソッドやっていた頃は、
【一生懸命】に理解しようとしていたころは、

まあ。ホントに疲れましたw

ラクにやろうと思ってやっているのに何じゃこりゃって、今はわかりますけど、
【一生懸命】やってる時って、案外分からないもんですね~

そして、出てくるものに目を向けられるようになると、

それと同じように。

幸せにも目を向けられるようになりますよ~

簡単です。力をちょっと間抜いて、目を向けるだけですからw

どこでも、いつでもできます!

ぜひやってみてはどうですか?


<でも>を都合良く使おう!


自分を許してあげる、100%許可しちゃうってやっていても、 「どうしても出来ない」とか 「自分のことは許せない」とか 猛烈に湧いてきて、せっかくのいい気持ちが しょげちゃう方も大勢いると思います。
※自分への許しは、ほんと、いい事あります。ここはあえて書きます。「良い事」と。

で、そんな時、あなたの心の中の言葉には、きっと、次の決定打とも言えるワードが あります。

そのワードは・・・・ 「でも」 です。

「私って結構、可愛いじゃない!」

「でも」

「そんなの単なる思い込みよ。結局何も変わらない」

「俺ってこれからは案外モテるんでない?」

「でも」

「でも、今までも振られ回数半端ないし、またダメだろう・・・」

でも、でも、でも・・・ このワードに続くのは、自分への許しの否定が多いのは、実体験であなたも分かっていると思います。

「でも」ここで、あえて、皆さんに、この「でも」を、上手に使うメソッドをお伝えします。
とっても簡単です。

「私って結構、可愛いじゃない!」

「でも」(否定)って気持ちから、ワードが出たら、 そのまま・・・

「でも、ひょっとしたら、もっと可愛くなっちゃうんじゃないの!?」

「俺ってこれからは案外モテるんでない?」

「でも」(否定)って気持ちから、ワードが出たら、 そのまま・・・

「でも、これからは、もっともっとモテたりして、(フフ!)」 って言い換えるだけです。

ここまで読んで「そんな簡単に出来たら苦労しない!!」って思った方。

早速使って見てください。

「でも、1回位なら、やれるかも・・・」 です。

—————

全部OK ALL良し!って行ければとっても良いかとは 思いますが、中々そうはいかないこともあると思います。

※自分の内語をよく観察すれば、必ず分かります。いかに駄目だし、自分への駄目だしが多いかを。

自分を許せない、それは、世界から何かを受け取っていい自分へも「駄目だし」することにります。

これは別にスピでもなんでもなく、自分で駄目だって言ってる以上、そうなります。(そう自分で世界を受け取ります)変わりようがありません。

(逆に言えば、変わらない自分を許可してるとも言えます)

だから、上に書いたようなちょっと変なやり方でもなんでもいいんです。

まずは、

「ああ、良いんだな、俺って」

「良かったんだ、私・・・」

ってちょっとづづでいいので変わりませんか。

自分にオッケーしてるんだから、世界に起きる事に相対してる、自分に許可出ししてるんだから、 ちゃんと、世界は答えます。